FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
二次面接レッスン
2013年02月23日 (土)
日本人の先生にお願いしている二次面接のウェブレッスン。
本日最終日(明日が試験当日なので当たり前)

テキストはこれ。

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

10日分の予想問題が載っていて、宿題をもらいつつひと通りやった。
予習をしておくように言われたこともあった。
最後の1回分は見ないように言われていて最終日はその1回分を模擬テスト。

先生と私は最初の問い合わせメールのやり取りと、初回レッスン時に話したことと
それ以降はムスメを通して指示を確認するくらいだったので
最後を前にもう一度メールをして感触や先生のお見立てを伺ってみた。

私と練習していても聞くたびに解答を変えることがよくあり
それがスムーズに出るなら構わないが詰まってしまっている。
上達するには模倣や真似も大切なことだと話してはいるが
ムスメはパターンプラクティスを嫌う傾向があること、などを書いた。

お返事は大変丁寧で

Q3とQ4については言いたい方向性を聞いて解答例を伝えると、
自分にとって言い易く、また少し変えた形にして文を述べることが多いです。
その上で訂正すべき箇所があれば直し、再度同じ問題をすると今度は完璧です。
芸術家肌で反復練習よりも独創性を好む傾向にあることも感じられます。

当初心配していました詰まってしまう所は良くなってきました。
コミュニケーションを取る姿勢があることを見せていますし
センテンスも何とか作り終えられるようになってきました。
テキストに載っていない質問をしても答えられています。

また質問が分からないまま曖昧に答えるのではなく、Parden me? と聞けますし、
沈黙はWell. と言うことで会話続行中の意思表示を示すこともできます。
Q1、Q2は良い感じで出来ています。


とのこと。
本当に親身になってくれる先生に出会えてありがたい。

反復練習より独創性を好む芸術家肌・・・
私からすると「言った通りにやらない頑固者」なんだけどなぁ。
物は言いようってことで、先生も気を遣ってるんだろうな(汗)

でも教わった通りだろうと自前の文章だろうと、
きちんと答えられればよいと言えばそうなんだけどね。
どうしても母の眼は厳しすぎるかなぁ(苦笑)

しかし本人は意外と私の知らないところではしっかりしてるのかも。
何となくそんな風に思うようになってきた今日この頃(他のことでもね)

何とか練習をしてカタチにすることはできたと思うので
あとは本番で頑張るのみ。そしてわかりやすいお題でありますように(祈)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可