FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
二次面接レッスン
2013年02月19日 (火)
日本人の先生にお願いしている二次面接のウェブレッスン。
だいたい2日おきのペースで受けている。

テキストはこれ。

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

最初の2回はQ1(音読&質問)とQ2(3コマイラスト)を重点的にやってもらって
それ以降はQ3とQ4の質疑応答の部分をやってもらってる。

次回までに見ておくページを言われているそうなので
そこを一緒にやってみて、不明な点はレッスンで訂正してもらっているらしい。
最初だけ先生とはお話したのみで、後はムスメと先生にお任せなので。

予習だけじゃなくて以前やったところの復習もやってみると
先生と文章を決めていないのか、先生に言われた解答例を忘れてるのか
一回一回「えーと・・・」みたいに考えながら発話する。

うーん。
自力で考えて出そうとする努力も良いことだと思うけど
今は対策というか練習なので、書いてあることを真似てみる、
先生に教えてもらった言い方をくり返し言ってみるって大事だと思うんだけど。

ここは英語に限らずムスメには何度も話していることで
練習という意味合いでは真似することから始まるし模倣は大事。
真似やくり返しはカッコ悪いと思ってしまうんだろうか。
(そこまではまだ思ってないだろうけど)

ちょっと先生にお任せしてしまい過ぎたなと反省して
残り1週間は少し意識的に反復をしているところ。

しかしQ3とQ4は難しい。
中には私の英語でもムスメは質問の意味が取れない時もある。
つまりリスニングというよりも内容が「??」となってしまうみたい。

トンチンカンな返答をしなければ大丈夫とはいえ
質問の意味を取り違えて、反対のことを答えちゃう恐れもあり。
(賛成・・・なのに反対意見を述べてしまったり)

だってー、
「新幹線はこれ以上増やさなくてもいいという意見があるがどう思うか?」
なんて聞かれてもねぇ、日本語でも答えが簡潔に浮かばないよー(汗)

少しは先生に教えてもらってる・・・というよりも
先生はムスメが出した言葉を使って繋いでフィードバックしてくれてるみたい。
だから先生にOKをもらった文章を聞くとちょっと物足りなく感じることも。

私はムスメを毎日見ているし、中学受験の勉強をしていると
一般的なイメージの小学5年生よりは目標を高めに置くことに慣れてるので
これくらいは言えるだろう、と考えているんだけど
先生は「小学生」ということでだいぶハードルを低めにしてくれてる気がする。
手堅く無理をせず・・・とやってくれているのも実感する。

まぁね、ホームランはいらないので手堅く安打狙いでいいんだもんね。
満点はいらないっていう中学入試でも一緒か。

できれば二次も一回で通してあげたいのであと少し集中して頑張りたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可