FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ジュニア予習シリーズの国語
2010年04月22日 (木)
掲示板などで、予習シリーズの国語は難しいと聞いてはいたけれど
ジュニアシリーズでもそう思う(汗)

なんていうのかな・・・やたら文章が長い。
それでもって聞くことがいきなり高度。
というか、うーーん、なんて言い表したらいいんだろ。

文章が長いから、その中から探すというのが大変に思えるんだろうか。



うーーーん。



いや、何か違うなぁ。
今まで論理エンジン、ハイクラステスト、トップクラスなど使ってきて
○×をつけるだけじゃなく一緒に読んで一緒に考えたり解説もしてきた私だけど
このシリーズは一緒にやっても説明しづらい。

てか、


楽しくなーーーーい(私が)


どの部分が楽しくないんだろう。はて。
まぁ私が楽しさを感じるかどうかなんて関係ないんだけども。

市販ドリルってのは、その回の中でも徐々に難易度が上がるというか
最初に軽めな設問から始まり、そこを踏まえて次にいくって感じだからかな。

・・・そうか、予習シリーズには最初に「導入部」があるんだった・・・。
そこをムスメはちゃんと目を通していないのかも。
私自身も目を通していないので、説明してやれないのか。そうか~。



書きながら自己解決(苦笑)


親が解説するのってどうなんだ?と思わなくもないんだけど
塾に行ってる子は解説されているはず(?)なのだし
その辺は今はまだ気にしないでやっていこうとは思ってる。

ただ、あまり深く考え込まずに空欄のままにしておいて
答え合わせの時に解説を聞いてわかろうとする態度はNGと話したばかり。

前に、わからない所もじーーっと考えてて時間が足りなくなることがあったので
わからないところは空欄でいいからある程度で切り上げて、と言ったから。
でもここ最近ちょいちょいと空欄が出るようになって。

少しでも何か考えて答えを書いてあれば、間違いなら間違いで
こう間違えたんだな、ここを取り違えちゃったんだな、とわかることができるし
△の状態だったら足りないところを確認すればいいわけだけど
まっさらの空欄では教えようがない、と。

空欄の場合は答えが出せるように、ジリジリ・・・とヒントを出したり
時間があればノーヒントで差し戻しでもう一度やる時間をとったりもするけど
結局は導かれて答えまでたどり着く・・・みたいな。

いけないよなぁ、こういうの。

自分なりに考えて答えを探して何か書くこと、と話をしたところ。

例えば縄跳びでも「やり方教えて~」と言われて教えることはできる。
だけど実際にアナタがやってみないとできるかどうかわからないし
いくら私がお手本として跳んで見せてもアナタが跳べるようにはならないでしょ?
跳べないにしても、それを見ることでどこを直した方がいいのかわかるから
どうしたらできるようになるのかを私もアドバイスすることができるし
自分でも「こうかな?」「あぁかな?」と試すうちに気付くことも出てくるはず。
私が二人羽織で縄を回して、抱っこして跳ぶわけにいかないんだし
縄を回すのも自分、タイミングを見て跳ぶのも自分なんだよ。


言ったことを忠実に守る、脇目もふらずにコツコツとやるのは立派だけど
「とりあえずやってみよう」というタイプではないので(汗)

指示待ちにしちゃったのは私の責任なんだけども
ムスメも自覚はしてきてくれているようなので、少しずつ方向転換していきたい。

こういうの、算数でも同じなんだよなぁ。
絵を描かずに「わかんない~」って聞きにくることがいまだにあるけど
絵も何も描いてなかったら、何がわからないのかわからない。
途中まででも描いてあったら躓いているところがわかる。
とにかくやってみる、これを今年のモットーにするか。

それにしてもジュニア予習シリーズの国語、難しいんだよなぁ。
4年生や5年生では国語だけは予習シリーズを使わず
市販教材(論理エンジンあたり)を使う人が結構いるらしい・・・
というのもわかる気がする。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可