FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第2回
2013年02月10日 (日)
6年生の第2回は

・水量の変化とグラフ(2)
・いろいろなつるかめ算

「水量の変化とグラフ」は(2)となっているけど
えーと、どこかで(1)はお目にかかってましたっけ?(コラ)

そうそう、あったあった、箱の中に仕切り板を入れて水を入れていくやつ。
4年生でやったんだったっけ??5年生でも出たっけ?(曖昧)

でもムスメは確かこのあたりはなぜか苦手じゃなかったはず。
上から入れつつ下から排水するという旅人算風(か?)は手間取ったけど
純粋に仕切り板の話は意外とできてたような。

Jmediaの映像授業を見て例題をやってみる。

おぉ、今回の仕切り板は厚みがある話ですか(汗)
ムスメも「え~~」とか言いながらやってる。

最初のうちはよかったみたいだけど、途中から「ん??」と言い出して
画面の先生が「これはもう簡単だね!」と言った問いの答えも出せず。
こういう時は戻ってもう一回見たらいいじゃん、ということで
少し巻き戻してわかりにくそうなところから再度視聴。ビバ映像授業。

途中からやっと話がわかってきたようで(苦笑)
先生からのお題もちゃんと答えが合うようになってきた。

選択肢から答えを選ぶようになっていて、間違えると次の画面では
「おーい!なーにやってんの!」なんて叱咤される(笑)
ムスメはその反応にドキドキするようで間違えたくないらしい。

でもまず「選択肢に答えがない」というのはどうなんだ(汗)
勘違いするであろうと用意された答えにすらならないというのも何だかねぇ。
完全に違うことをやっていたり、計算間違いをしていたり。

こうやって例題を何問かやっていると、ある程度パターンがわかってくる。
基本的な部分だけではあるけど、聞かれ方や問題の出され方の基本というか。
なので予習シリーズの例題はやらずJmediaの例題だけやって
予習シリーズの基本問題をやってもだいたいできるのでちょうどいい。

つるかめ算は3つのものを比べる問題でちょっと高度になってきた。
こりゃ基本がわかってないと本当に大変だ(汗)
ムスメはなぜかつるかめ算は嫌いじゃないのでまだ大丈夫かな(ハテ)

映像授業のおかげでどちらの単元もスムーズに取りかかれる・・・とは言っても
できるかどうかはこれまた別問題(苦笑)

「さっきはこうやってやってたじゃん」とか「このやり方でいいのか~」とか
例題として使うような感じになってることも。
一応自力でやることができるみたいだけど答えが合わず(汗)
そこで解説をしながら再度見直して確認するような流れ。

どちらの単元も基本問題をやった後は間違えた問題のみピックアップして再度。
でも今回は一発ではできなかったなぁ。結局連日同じものをくり返した。

すぐ翌日にやってるのに答えを覚えてて「できたー」とするわけでもなく
一から考えるのは真面目でいいなといつも感心するんだけど
でも間違え方も連日同じってのはどうなんだろうねぇ。

基本問題を解き直ししたら練習問題へ。

見た感じ、ちょっと話が込み入ってて手間が増えたなと思うぐらいで
そこまで難しくなってはいないと思うんだけど、これまたできないんだなぁ(汗)

手順を確認していくと途中でものすごーくいい加減になってきて
どれだけショートカットしようとしてるんですかー。
こりゃ辿り着くわけないよ・・・ってな具合。

あー、基本的に面倒くさがりなんだなぁ(がっくし)

順番にやっていって説明しても全然わからないなら説明もするし
理解できるように方法も考えるけど、説明すると話は通じるし
途中から「あっ!これだ!」と見つけて手が動き出すわけだし
もうあとは根性論になってきたか・・・(違)

自力で見つけられるようになるのが算数なんだからね、と言ってるんだけどなぁ。

練習問題は確かにややこしい。めんどくさーい(コラ)
でも1つ1つ考えていけばできそうなので、練習問題も間違えたものを
ピックアップしてくり返しやった。

先々のスケジュールを見ても日にちの余裕はあるので
ここは急がずできるだけ立ち止まってきちんとやっていこうと思ってる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可