FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第1回(日本の政治1)
2013年02月01日 (金)
社会も6年生、公民分野のスタート。
第1回は「日本国憲法の三大原則~日本の政治(1)」

5年生下巻の第18回でやったことと続いている感じ。
最近は選挙や国会の話をニュースで見ているのでちょうどいい。

まずNHKの10min.を見てからテキストを一緒に読む。
このあたりは私の話も長くなる(笑)
何せ生活に直結している事柄だからね。

それに義務と権利。

うちでは権利と義務は比例すると教えてあって
自由(=権利)が増えれば責任(=義務)も同じだけ増える。

小さいうちは親主導だから自由は少ないけれど責任も当然少ない。
でも自分で決められることが増えてこればそれだけ責任も増えてくる。

一人暮らしをしてみるとよくわかるけど
自由だ~~~!と喜んでばかりもいられない。
食料品の買い物、洗濯、掃除、ゴミ出し・・・やるのは自分しかいない(汗)
まさに自由が増えれば責任が増えるの図。

つまり権利と義務は比例する。

だから子供があーだこーだと権利ばかり主張するのに
言うこと聞かないというのはあまりあり認められない(理由のある主張は別)

「やることやってから言え」はよく言うしね(鬼)
みんな平等な義務じゃなくて、大人は大人なりの子供は子供なりの義務があって
それをやることで生活が動いてるんだから、義務は果たすべき。

・・・自分も律して暮らさないといけないんだけどね(爆)

まぁそんなこんなで家庭の小さな世界でも、日本国の中でも
みんな義務と権利があるわけだ。

公民分野は実際の生活に直結していて歴史よりも身近なので楽しいかも。
覚えるのは・・・まだ不明(苦笑)
5年生上巻の後半で大日本帝国憲法とか漢字が並んでいる用語は
意外とすんなり覚えて書けているので、これからもやや期待。

6年生の社会は理科よりはまだ気が軽い・・・かな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可