FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第1回
2013年02月02日 (土)
6年生の第1回は

・面積と辺の比(1)
・仕事に関する問題(1)

今回もJmediaの映像授業にてスタート。

jmediaのテキストは有料で持っていないので画面の例題を解くのみ。
6年生になると5年とは違う先生になってた。
まぁこだわりもないのでいいけど(笑)

ムスメは再利用の裏紙を使って例題を解きながら見ていく。
どうも基本的なところをずっと押さえてくれているようで
「この先生、ヒント出し過ぎ」とか言ってる。なんとナマイキな。
余裕があるのも今のうち・・・なんだろうけどね。

でも横で見ていると、図形である程度わかってるからというのも
あるのかもしれないけど、先生ヒント出し過ぎ(母も言うか)
もちろん基本だから「そうだよね、そうだよね」と見るのも大事。

それにありがたいのが、計算の工夫の仕方もやってくれること。
私が言ったことのあるものも出てくるので「ホラ見ろ~」と言える。
ムスメがそれを取り入れるかどうかは知らないけど(涙)

映像授業を見るだけで1時間くらいかかるので
予定では「見るだけ」「基本問題」と2日間に分けてるんだけど
英検も終わったのと他の兼ね合いで時間もあったので基本までイッキに。

だって「ヒント出し過ぎ」なんて言ってるくらいなんだもんねー
実際にやってみてもらわないとねー(鬼母)

真面目な話、言われてるだけじゃわかったような気になるので
実際に問題を解いてみるのは大事。できれば間を空けずに。

案の定、すぐにやってるのに「あれ??」と聞いてくることも。
やっぱりできれば映像+基本問題までやれるといいかも。

同じように2つめの仕事量。

この日は私がムスメの都合の良い時間にちょっと手を放せなくて
自由時間を先に持ってきて後で2人で一緒に映像授業を見るか、
先に1人で見るか・・・で選んでもらってムスメ1人で見ることに。

近くにいたので時々「えー!?」とか「あ~」とか聞こえてくる(笑)
「ん?」と言っているとついつい「大丈夫?わかる?」なんて
聞いてしまうという過保護な母。修業が足りないなぁ。

この日も時間があったので、映像が終わったらそのまま基本問題へ。
図形の時よりも例題で考えることが多かったので、問題も少し考え込む。
「ママ~」と呼ばれても、私は見ていないので何とも(汗)

答えと予習シリーズをパラッと見てよさげなヒントを投下。

基本問題はわかってる状態なら練習として使うからノーヒントだけど
わかってるかどうか中途半端な状態なら例題として使うつもりで
やり方や使い方を練習してもらえるように適当に誘導はする。

それでも通じなければ映像授業に戻ってもいいと思ってるけど
今のところそれはない様子。

でもあまりにアタリマエな日本語(そこか)が通じなかったり
わかってるフリをするのも疲れてくると「見てないもん」と開き直る母。
だって見てないのに突然聞かれても。
これで多少たくましくなってくれれば(違)

自力で全部できるなら全部任せてもいいけど
こんな風に途中から質問されるのはちょっと困るから
私も映像授業は一緒に見ておきたいなと思った。
答え合わせの時もちゃんと決まったやり方でやれてるのか確認できないし。

仕事量も比を使うらしい。比って大事だなぁ(汗)
このあたりはわかっていて、その出したものが何だったか忘れてしまうようで。
基本問題は同じパターンのくり返しなので
答え合わせの時にやり方を解説してもらうようにした。

練習問題も基本がわかっていればそんなに大変じゃないので
1回目ではできなくても、翌日のやり直しできちんとできればOK。

意外なことに(?)仕事量の方はすんなりできて
面積の比の話の方がなかなか進まなかった。

三角形の面積を4分割してあると書いてあるんだから
それぞれの面積は同じ=1:1:1:1なわけで、それはわかっていて
じゃあABとCDの辺の比がわからないってのはどうしてだーーー。

やっぱり物事をパーツパーツでしか見れない頭なんだろうなぁ。
1つ1つをバラでしか見れないという(涙)
だから図形の体積や表面積を出すみたいに順不同のものは大丈夫。
~~で、△△になって、だから☓☓というものは見れないらしい。

「だから」というのは理論的な考えの基本なんだけどね(涙)

まぁとにかく6年生の第1回は無事終了。
思ってたよりハードじゃなくて良かった

結局導入としてJmediaの問題をやるので、予習シリーズの例題は使わず。
でもそれで基本問題も練習問題もできるので大丈夫そうかな。

1回分(2単元)で延べ9日間くらいの予定が
例題から一気に基本問題までやれたことで5日間でやれた。
例題の直後に基本で理解度を確認というペースは時間が許せば続けたい。

しかし比って大事なんだなぁ・・・しみじみ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可