FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科 第16回(水よう液のこさ)
2012年12月26日 (水)
理科の第16回は「水よう液のこさ」

あー、水溶液・・・ムスメはちょっと微妙なんだよねぇ。
それに今回はさすがの私もムズムズするー(汗)

水溶液の濃さということで計算ばかり。めんどくさい(コラ)

こりゃパーセンテージの扱いやら、計算やらが
ちゃんとわかってないと厳しいんだろうな。

前に算数で食塩水の濃さの話をやっているので初めてじゃないけど
算数とは違う説明の仕方(?)なので読んでてややこしくて(私が)

それに今回は体積も絡んでくるのでややこしい(私が)
もうね、ちっとも頭に入らなくて(私が)

困ってるのは私か。

これはムスメも問題をやりながら「そういうことか」になる方がよさそう。
嫌でもいろんな問題をやることになるんだけどもね。

ちょうど算数でやったばかりの「比」を使ったりもするわけだけど
ムスメは「理科でも比をやるのかー」と言っていた(笑)
そうそう、比の練習だと思って頑張ろう。

でもねぇ、最初から放棄する傾向があるので(困)

私だったら実験結果の表が載ってて、「Aに溶けるだけ溶かして」
「その次に20℃まで下げて」なんて順に書いてあったら
その話をメモって頼まれてないのに食塩の量も出しちゃうもんなぁ。
何を聞かれてるかもまだわかってない状態でも(笑)
見た途端にメモを取りたくなるっていうのはクセなんだな。

ムスメはこういう時ジーッと見て、話を目で見ただけで
設問を読むから余計にわかりにくいんだと思う。
それに加えて面倒くさがりだから余計に何も書かずに考えるし。
だからややこしく思えるんだよー。

答え合わせで順を追ってやってみたらスンナリ。ほら見ろ。

順を追うってことが自主的にできないからなぁ。
国語もそうか。論理的に進めないタチなのか(涙)

冬休みなので
テキスト⇒週テストAB問題⇒CS問題(1回目)⇒CS問題(2回目)と
連日でやることができた。

こういうややこしめなやつは一度にやる方がいいもんね。
ちょっとはスッキリしてきたかな。後は手を動かしてくれー。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可