FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
無事終了
2010年04月11日 (日)
いつまで2年生のカテゴリで書いてるんだよー、だけど本当に本日にて終了。

トップクラス国語、最レベ算数が今日で全部終わった。
ようやくだ・・・長かった(汗)

トップクラスの国語は本当にやってよかった。評判どおり良い問題集だと思う。
最初は「無理かも・・」と思ったくらいだけど(苦笑)

最後の方は長文続きで、それを音読3回してから解き始める。
聞いてる側も長いな~と思うんだけど、音読し始めてからの方が
同じ間違う・わからないにしても中身が伴ってるというか。
本人も実感するところがあるみたいで、長くても頑張って読んでいる。

本体ドリル自体は金曜日で無事全部終了していて、
土日は「答え&解説」の巻末についている総仕上げテストの(1)と(2)

問題用紙と解答用紙が別になっていて本格的。
問題文の音読はどうしようかと思ったけど、いつも通り音読アリにした。
答え合わせをしてみると、(1)が80点、(2)は91点だった。

嬉しいことに、カバーに記されているコードを入力すると
HPから成績表を見ることができる。

P1000052.jpg

ムスメは点数を付けられるのが好きで(悪い点数は嫌だろうけど)
こうやって評価されるのも好きなので大喜び。
モチベーションのためにも印刷して残しておいてあげることにした。
本当に国語はよく頑張ったもんね。

本体ドリルの最後の方に出てくる長文は物語も説明文もどれも良いお話で
ムスメもそこで読んで知ったことを話してくれる。
説明文のところで出てきた話の中からは
「水星と金星はどちらが太陽に近いか知ってる?」
なんて問題を私やオットに出してくるくらい。理科か(笑)

他にも「どうしてサハラは砂漠になったか」という話があったりして
「サハラ砂漠は昔は水も木もあったんだって~」と私に教えてくれる。
あとは「アマテラスオオミカミ」というのを知った。

本を自分から好んで読むことが少ないムスメなので
こうやっていろんな文章を目にしたり、読んで知るというのはありがたいこと。
割と小さい頃から幼稚園の先生の言ったことをちゃんと伝えてくれる子で
読んで知ったことも結構覚えてるみたい。
(その代わり丸暗記というのは苦手っぽい)

知らず知らずに覚えてた、というのがある意味理想なので
国語ドリルでありながらいろんな事柄を知る機会も持たせてもらえて満足。

算数はここ数日間は最レベのリビューテスト(何単元ごとかに入る確認テスト)が
続いていて、今日は一番最後の総合実力テストをやって終了。

リビューテストは8回分あって平均89点。
どれも85点以上で、まさかの100点も1回あった。
最高レベル問題はボロボロで歯が立たないところもあったけど
リビューテストはいろいろな単元が混ざっているので最後の確認になってよかった。

確認テストだから難しい問題ではないのだけど
見てみると簡単な計算ミスや勘違いのポカミス、問題読み間違いなどが多かった。
ちょっとややこしそうな文章問題なんかも結構間違えてるかな。
全くわからないのではなくて、やっぱり読み違い・勘違いかな・・・
これはもうムスメの特徴になってきてしまっているかも。

反対に得意そうなのは、はこの形や図形。
展開図で「組み立てた時、この頂点(辺)と重なるのはどの点(辺)ですか」
なんていう問題はほとんどできるし、本人も苦にならないみたい。
こういうのって教えるのは難しそうだから
感覚でわかってくれているというのは助かる。

国語も算数もちょっと難しい問題集を選んでしまったと思ったけど
とにかく毎日続けることは、私もムスメもすごく自信になった。
家庭学習の習慣が付いたなんてもんじゃない。
やらなきゃ落ち着かないほどになったんじゃないだろうか(笑)

さて、明日からジュニア予習シリーズと3年生のドリル達がスタート。
年度末に慌てることのないように(苦笑)、また頑張っていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可