FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
国語
2012年11月10日 (土)
復習ウィークと言いながら、国語は放置状態。
通常通りで・・・すらない国語(涙)

コツコツやっていたら成績は伴ってくるんだろうなぁ。
先週の小学生テストの国語も散々だったし、明日が怖い(汗)

今週は時間の足りなさもあり、ほとんど国語手つかず。
(算数や他の教科が多いからだけではなくて諸事情)

なので今日はとりあえず読解ドリルの1回分をやって
文章題に見慣れておくことにした。

復習ウィークの慣わしとして、前回テストの語句・漢字のところだけ
再度やっているのでプリントアウトして再確認。

そういえば前回「単文・複文・重文」と「形容詞・助動詞」が出て
ムスメ曰く「何のことやらサッパリだった~」なのでそこも確認。
(テスト後に解説はしたけれど結局覚えてない)

形容詞、助動詞などはこれを使用。

中学国語をひとつひとつわかりやすく。

それから小説の「気持ちや状況を読み取る」というところを目を通して
物語では主人公の気持ちや行動、それが変わるキッカケなどがあるんだと
いうことを再度確認。

今日やった読解ドリルでも間違いがものすごく多い。

今日のは「随筆」のパートではあったけど、小学生の女の子が主人公のお話で
いつも一緒に帰っている友達が「校則で禁止されている寄り道」をしたと
クラスの女の子達から言われてしまい、主人公は一緒に帰ったと反論。

友達は控えめな子だから、主人公は「私が味方でいなければ」と頑張るのに
段々と大騒ぎになってきて、先生に聞かれた友達は「寄り道をした」と言う。
どうしてそんな嘘を言うんだろう?なんで?なんで?・・・

という話で、身近で想像できそうだと言えば想像できそうなシチュエーション。
でも逆に感情移入しやすい分、勝手に決めつけちゃうということも。

実際に解答は壊滅状態で、抜き出しはできるんだけど選択肢がダメ。
表面上の「それ」や「これ」という指示語や、段落分けはできるのに
「どうして~~と言ったのですか」など内容に触れるものは間違えてた。

これってどういうことなんだろうなぁ。
やっぱり入り込んで思い込んで読んじゃったということかな。

今までもそういうことが多くて、少し前からは自分でも気がついて
前回か前々回のテスト前には「思い込まずに読むようにするね」と言って
テストに出かけたことがあったもんな。

それがまた入り込んじゃってるのか(汗)

読解ドリルを日々ホソボソと続けるのはスキルを上げるというよりも
淡々とやるっていうか、作業的にやるようなクセがつくのかも?
客観的に見るっていうのかな。

今は自力で最初にやって、答え合わせをする時に母音読・子黙読をして
それから中身を見ていくようにしているんだけど
ちょっと時短にしようと思って母音読・子黙読を飛ばしてみた。

すると解答で間違い続出。
私は設問とその前後の文章だけ読んでも答えがわかるので
いかに客観的に読んでるのかがムスメもわかってくれたかな。

あまりに間違いが多いので、最初に戻って母音読・子黙読。
そうすると「そういうことか」みたいになるので、やはり読めてないのか。
その割に入り込んじゃってるわけだから、なんだろうね(苦笑)

選択肢間違いが多いので、勘違いか読み違いか思い込みか決めつけか
はたまた上っ面だけの言葉でしか見てないか。
とにかく真意がつかめていないというのがよくわかった。

国語を後回しにするのを毎度反省。
わかってる、わかってるんだよーーー。

また来週からコツコツやることにしよう(反省)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可