FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
公開組分けテスト(5年/第6回)
2012年11月11日 (日)
5年生の下巻、2回目の組分けテスト。
先月のテストからカレンダー通り5週ごとのテスト。

2学期は10月、11月、12月と3か月連続で5週に1度ペースのテストだから
普段自分達のペースでやっている自宅組にとっては慌ただしい。
週テストを受けている子達は本当にすごいんだな。

下巻のテストからは割り切ってテスト範囲をものすごく意識して勉強してる。
過去問から出題傾向を分析したりまではしないけれど
「テストに合わせた範囲だけ勉強するより実力試しの方が大事」という
以前の価値観は止めて、できるだけ丁寧に向き合うようにしたつもり。

組分けテスト自体も「直前4回分」の範囲ではなくて
3割程度は前の分からも出しますよ、ってことに昨年度からなっているので
昨年度の組分けテスト過去問(週テスト問題集)をやるともれなく多少の復習になる。

国語はこのところ読解ドリルができていなかったので(涙)
とりあえず、きちんと、なるべく丁寧に読むこと。
平たく言えば「思い込むなよ」ということで。

算数はどこを切ってもムスメにはキツイ単元が連続しているし
一行問題では既習範囲のもので「割合」あたりも出たり
久しぶりでアワアワするかもしれないけど、こちらもできるだけ丁寧にやること。

難しい問題はできなくてもいいので、計算や一行問題という基本は頑張ろう。
文章題もできるものと、できなくて飛ばすものの判断はできる子なので(笑)
「できるもの」は計算ミスや転記ミスなどポカミスをしないで確実にやろう。

理科と社会は記憶力に頼るしか(笑)

理科も算数と同じで、太陽の動きなど頭の中でやってしまわずに
図があれば書きこみながら考えていくように(つまりはサボるなよ)

社会も「出来事の古い順」など脳内で考えることが多い(そして不正解)ので
メモをつけながら考えられるように。あとは漢字に気をつけてね。

こんなところかなぁ。国語の漢字の注意点は何もない(コラコラ)

++++++++++++++++++++++++++++

さて、帰ってきてから2人で自己採点。

本人曰く「算数は前よりも良かった」らしい。
確かにね、前回は平均点ありませんでしたから(汗)

でも見てみると、まぁ言うだけのことはある。ようやく人並みか。
もちろん最後のページは手つかず。
時間はあったそうなので、最後のページに手をつけるかわりに
途中で飛ばした問題に戻ったそう。手堅くなってきたな(苦笑)

国語は・・・陥没、沈没。

もう大変なことになってる。本人もかなりショボン。
先週の全国統一小学生テストよりも悪いかも。
読解はもちろん、語句系、漢字、どれを取っても自己最低っぽい。

理科も健闘しつつ、でも方角なり何かを1つ間違えると
その後も芋づる式にもれなく間違えることになるので結構低め。
もしかしたら理科も点数は自己ワーストになるかも。

一応気を遣って(?)答え合わせの最後は社会にした。
ちなみにいつも算数からで、次に国語、理科社会はその時次第。
今日は社会の方ができてる気がしたので(というより理科が不安で)
気分よく終われるようにと社会を最後にやってみた。

案の定よくできていて、こちらの点数は自己ベストじゃないだろうか。
「正しくないもの」を「正しいもの」という大馬鹿な勘違いや
「姓名」と言われて下の名前だけを書いた大馬鹿なポカがあっても
自己ベストというのは誉めていいんだろうか。

でも4教科の総点数は多分前よりも悪い。ありゃー。

とりあえず休みなし3連続テストの2回目が無事終わったことに感謝。
風邪も流行りつつあるみたいなので、これからは受けられることを
まずはありがたいと思わないとね。

お疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可