FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テストC問題(算数)
2012年11月02日 (金)
週テストC問題の第6回~第9回をやった。

毎度言ってるような気もするけど、C問題は計算問題はないんだね(苦笑)
最初から一行問題が5問。(B問題は最初に計算問題3問があるので)

見ていると、一行問題はクリアできてる。
それ以降はなかなか。(1)はできるけど(2)はできないという感じ。

毎度のことながら4年生や5年上あたりまでは
B問題からC問題でもそこまで壁は感じなかったけど、最近はとても感じる。
そもそもB問題からして前みたいにできてないからな(苦笑)

またいつものことだけど、手を動かせばもう少しわかりそうなものも多々。
1つ書いてみてピンとこなければまた書き直せばいいのに。
整理するために書きたいとはならないのかなぁ。

B問題の時は4回分が終わってから間違い分だけ再度やり直しをした。
できたものから抜いていって、できないものは翌日もやる連日サドンデス。

前の日に答え合わせをして「あ、そっかー」と見直しができていても
翌日にやってみたらまたできない(or間違える)というパターン。
コラ!というウッカリのこともあれば、またもや「えーと?」と考え込むことも。

・・・わかってないんじゃん。

ということで自力でもう一度やってみるのは大事だなと痛感。

B問題は後でまとめてやったけど、C問題はその都度を翌日にすることにした。
次の回のC問題とダブルになるので、負担を減らしたければ頑張れよと。
残れば残るほどのサドンデスなので回を重ねるごとに増える。

これ、通常でやってたら大変なので今回は特別。
気がついたのが遅かったのでこういう形で組み込んじゃったけど
次からはもう少し余裕を持って
C問題⇒間違え分⇒次の回のC問題+それでも間違えた前回の分⇒みたいに
今回よりは1拍多めにしていこうかとは思ってる。

最近思うんだけど、間違えた問題をもう一度きちんとやるのが大事なんだなと。

テスト範囲に間に合うかの進み具合も気になるところではあるので
そこのところと上手く調整しつつ、でも1つずつ消化していくことにも
きちんと向き合わないといけないなと改めて反省。

時間がなーーい、になっちゃうんだけどね(汗)

全体を見ていると、やっぱり旅人算で苦労してる。
基本的なやり方や考え方はできているので、後はどこをどう出すか、
どこから手を付けるか、どこに着目したらいいのかっていうのが
わかるようになるといいんだけどね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可