FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科の様子
2012年11月03日 (土)
理科も第6回~第9回の復習中。

ちょっと前だけど天体スペシャルもやったし
先週は気体のところ(第8回・第9回)のサブノートを再度やって
翌日に週テストCS問題の2回目をやった。

今週は通しで3度目のCS問題。

その時はわかっててできるんだけども、日にちが空くとね。
下手したら「振り出しに戻る」になっちゃうから(汗)
その時にできていても、こういうことでは「できた」ことにはならないし。

暗記が必要なものに関しては毎日サドンデス状態でやるようにし始めた。
社会の一問一答に始まり、理科は気体の性質の一覧表。

酸素、二酸化炭素、水素、アンモニア、ちっ素、塩化水素の
「におい・重さ・水への溶けやすさ・燃えやすさ・発生方法・採集方法」を
一覧表にして埋めていくもの。

入力したものを答えとして印刷しておいて、答え合わせは自分で。
どこが覚えてるのか、抜けてるのか、自分が一番わかると思うので。

最近見ていて思うのが、間違い直しの大切さにイマイチ気がついていないこと。

できるだけ「直して終わり」にはしないように
どうしてその答えになるのか、枝葉の部分も見るようにしてきたけど
ムスメは間違えたところはずっと間違えることが多い。

できるところはできるまま、できないところはできないまま。
(美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに・・・古)

これじゃあ何度同じものをやっても意味ないじゃん、と何度も言ってる。
前回やったものをコピーした?というほど前のまんまということもあったし(汗)

できるものができなくなってても困るけど(それは知識が曖昧ということ)
できないものはできないまんま・・・というのもね。
間違い直しをして「次こそは」という気がないのか。

ピアノでも本当に同じで、間違えたところは「次こそは」と意識しそうなもんだけど
ムスメは間違えるところ(1音ズレたりテンポ違ったり)は
これまたコピーしたかのように毎度見事に同じ間違いをする。
もちろん間違えてたこともわかっていて、弾き終わった後に言う。

弾いてる最中にそろそろその部分が近づいてきたら気にしないもんかなぁ。
私だったら「もうすぐだ~、今度こそは~」と気負うもんだけどなぁ。
そんなことを考えているのでその手前でミスタッチしたりはする(爆)
それでも直すところは意地でも直してみせるけどなぁ。

これからは「意識」の差にもなってくるんだと思う。
もちろん知識も大事だけどね、覚える時、間違いを直す時の意識の差。
計算や読み間違いをしないようにする意識の差。
ムスメ自身が少しずつ気がついてきてくれるといいんだけどなぁ。

3度目のCS問題はというと、それぞれに少しずつはよくなってきた。

(70点満点)
第6回 24点 → 53点 → 61点
第7回 35点 → 60点 → 64点
第8回 47点 → 46点 → 57点
第9回 14点 → 39点 → 40点

しかし第9回なんて最初はすごかったんだよなぁ(汗)

天体(第6回・第7回)はどこがどうっていうんじゃなくて
ところどころ抜けたり勘違いしていたり。でもだいぶできるようになった。

気体(第8回・第9回)は点数だけ見るとまだまだ・・・だけど
どちらも問題用紙3枚中の1枚目と2枚目はほぼできていて
3枚目だけがほとんど間違えてるという状態。

丸つけしていて、出だしは快調なので「おっ?すごいじゃん」と思うと
段々と間違いが増えていき最後の方は・・・(汗)

来週は復習ウィークなので、またCS問題(4回目)の予定だったけど
天体はこの問題ならほぼできてるし、気体も前半はできているし
それに日にちが全然あいていないから覚えてそうだし(苦笑)

これまでの場合は先に進んでいて、テスト前には復習ウィークとして
久しぶりに改めて週テスト問題をやってみる・・・だったけど
今はずっと復習をくり返してきているので状況も変わってきちゃったもんな。

ということで、この間買った以前の週テスト問題集をやってみる予定。
第8回と第9回は今回の3枚目だけがボロボロなのでそれも合わせてやろう。

ちょっと短期記憶に傾きがちな気がしないでもないけど
反復反復でまずはしっかり定着させることを考えてやっていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可