FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ムスメの弱点
2010年04月06日 (火)
欠点?弱点?
よくわからないけど、とにかく弱いとこ。

国語・算数・英語のドリルを毎日やっていて気づいた点。

●問題を最後までよく読んでいない
●計算間違い
●勝手な解釈、思い込み

こんなところ。

今のところはまだ躓く単元というのはないんだけど
どの分野のものでも気になるなぁ・・と思うところ。

例えば算数の植木算の最高レベルの問題で間違えたのは

男の子が一列に○人並んでいます。
その間に女の子を△人ずつ入れて、さらに女の子の間に大人を★人ずつ入れます。
大人の人数は合わせて何人になりますか。


という問題。

考え方も式もぜーんぶ合っているのに、出したのは男子・女子・大人全員の人数。
うーーん、惜しいっ。
本人も「なんだ~、大人の数か~、全員足しちゃったよ~」と言うんだけど
どうして最後の最後まで読まないんだか。

そして同じく植木算の最高レベル問題で間違えたのは・・・単なる計算間違い。

33人+33人=69人て・・・おーーーーい!
もうね、思い込みで計算しちゃってるところがあるので始末が悪い。
これもせっかく考え方から式から全部合ってるのに。

あと時たま目につくのが転記間違い。
式で出た答えを使って次の計算をする時に書き写し間違える。

27+34=61
64+30=94 ※正解は91

なんだかねぇ・・・

算数の例えを書いたけど、国語にも英語にも通ずるものがある。
問題を最後まで読まないところや勝手な解釈とかね。
引っ掛け問題以前に自分で勝手に引っ掛かってる。
出題者も「そういうつもりで引っ掛けた問題じゃないし・・」と思うだろう(汗)

こういうミスって年齢が上がったら落ち着くとか落ち着かないとか。
よほど本人が自覚しないとなかなか直らないとも聞くし。
今もガッツリと×をつけてはいるんだけど、これからもシビアにいかないとな。

一応得意そうなところということでフォローしておくと
図形や箱の形などは最高レベルでも臆することなくほとんどできる。
問題が端的で読み間違いのしようもないからか(苦笑)
普段から箱や折り紙や紙切れを切ったり貼ったりしているからかな。
通販のダンボールやお菓子の空き箱なんかは
ムスメの手を通ってから資源回収へ回されるほどだもんな(笑)

元々感覚で生きてるところがあるような子なので、これは何となく納得~。
だから文章題とか苦手なのか・・・(はっ)

さぁ、3年生ではどんな得意とどんな苦手が見つかるかな。
計算ミスなどの「うっかり」は減っていくことは願いたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可