FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語ドリル
2014年04月28日 (月)
自宅での英語ドリルはコレを使用中。

中学英語スーパードリル中3 後期編

いつもの如くコピーをして1日1レッスン分ずつ。
3ページずつかな。

まず最初に日本語を英語にする問題が10問。

1問目はうっすらと書いてあるのでなぞるだけ。
残りの9問は自力で英語の文章を作る。
それぞれにヒントで単語が2~4つ載っているけど
単語だけわかっても書けないのが英文(笑)

ムスメはどれもこれも楽勝!ではなくて、ところどころ聞いてくる。
もちろん丸教えはしないけど、実は私も答えは知らないし
私の言うのが合っているかどうかもわからない(爆)
多分・・・と前置きしてヒントを出してる。

ムスメの特徴としてSVOCという型の意識がゼロなので
述語(動詞)を入れないことが多い。子供か(いや、子供だけども)

普段の文章は大丈夫だけど間接疑問文のところはよく抜けてた。
あと目的語の「誰が」が抜けてたり。
でも英語の基本というのはわかってるなと思う。

あとは日本語との絡みがあやふやというか
「知っている」や「滞在している」を進行形にしようとする。
「~ている=ing」という感覚が付いちゃってるんだろうな(苦笑)

「勉強している」と言っても、今の今、鉛筆を持って勉強しているのと
「英語をずっと勉強してるんです」と自分のことを話す場合では違うもんね。
でも日本語では「~ている」で同じなので惑わされるらしい(笑)

こうやって見ると日本語って曖昧なんだなぁ。
「誰の」なんてのもいちいち必要じゃないし。

宿題のことだっていちいち「私の宿題」なんて言わなくてもいいもんね。
英語だと「my homework」だし。
ムスメもこの辺は日本語と違うんだなーと実感したみたい(今ごろ・笑)

同じパターンの文章を10問やるわけだけど
でもこの英語に直すパートはすごく練習になってると思う。

次の練習問題は並べ替えや穴埋めなので簡単に済んでる様子。
ホント、英作文は勉強になる。

答え合わせはムスメが読み上げて私が答えを見ながら。
見比べると思い込みで丸を付けてしまうということもあるし(苦笑)
音読する方がパターンを定着させやすいような気もするし。

それに一緒に答え合わせをした方が
私もムスメがどこを間違えてるのか把握できるし、補足もできる。
教材を選んで渡すだけではダメだからね。英語は特に。

関節疑問文の後は完了形をやっているところ。

意外にも(?)わかっている部分も多いなという印象。
動詞の変化がおぼつかないけど、でも意外と知ってたりする。

経験・継続・完了という用法は特に教えていないけど意味だけ言ってあって
どちらかというと経験のものは作りやすいみたいかな。
継続ではsinceやforというものを使うのが今回練習になった。
「1999年から」というと最初は「from」を使ってたから(笑)

完了形は英検4級の後、3級をやる前にこの本で一緒にやった。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。

これはホントわかりやすかったなー。
そういえばまだ小学3年生だったんだっけ?(笑)

当時はあまり細かくはやらず、でも基本的な文法は日本語で教えておいて
英語を見るのは感覚でやってもらってたっけ。
細かい用語や文法の話は中学に入ってから・・・なんて言ってたけど
もうそういう年頃になったんだな(しみじみ)

最初は大きく意味を捉えて、2巡目でもう少し細かく。
1度に細かいところまでやらないで何巡もするっていうのは
予習シリーズの算数みたいだ(笑)
でもこういう方が子供の負担は少なそうかも。

今回このドリルを始めてみて、進行形や完了形をちょくちょく補足してる。
2巡目なので最初から教えるよりはお互いに大変じゃない(教わる方も)

はとはいえ、まだここでも私のオリジナル補足くらいなので
次は学校できちんと習って「おー、そういうことか」となってくれれば。

なかなか良いドリルを見つけたな、私(オイ)
スポンサーサイト



中学英語スーパードリル
2014年04月24日 (木)
学校で英語の授業も始まったようだけど
英語は今まで通り家でコツコツやっていくことに。

と言っても入試が終わってから・・・いや、英検2級を取ってからは
英語はスカイプのみでプリント的なものはやってなかったんじゃ(汗)
受験優先だったからね。

TOEIC Bridge を受けてみて、副詞・形容詞や動詞の変化などは
まだまだ・・・というより感覚でやってるんだなぁと改めてわかった。
文法用語などは学校でやってもらえればいいかなとは思ってるけど
でも改めて少しずつ文法も確認していった方がいいのかも。

教材の希望としては2人してガッツリやるんじゃなくて
なるべくムスメが1人でやって完結できるものがいい。

TOEIC Bridge の教材は良かったんだけど、間違えたところを見直すには
私の解説が必要になってしまって、ちょっと平常運転の時には負担が大きそう。
なのでこれは夏休みに集中して取り組めたらいいなと考え中。

それで何か英語ドリルでも・・・と数学ドリルを探しがてら物色。

中学英語スーパードリル中3 後期編

安河内先生監修の本で字の大きさなどもいい感じ(そこか)

1レッスンごとに3ステップ。

・STEP1 文法ルールをチェック!
・STEP2 ドリルにチャレンジ!
・STEP3 練習問題にチャレンジ!

こういう流れで27レッスン。

各学年で前期編・後期編とあるので3年間で6冊か。
レッスン番号は学年で通しで付けてあるのか、後期編はレッスン34から。

中3の後期の内容は
間接疑問文/現在完了形/接続詞/感嘆文/付加疑問文/名詞と数量

このあたりは割とサササッと流してやった部分だったので
もう一度やっておこうかなと思って中3後期にしてみた。

ちなみに中3前期は
現在分詞・過去分詞/5つの文型/関係代名詞/受動態/to+動詞の原形

後期から買っちゃったけど、前期の内容もいいなぁ。後で買おうかな。

「STEP1 文法ルールをチェック!」は読むところなのでパス。

「STEP2 ドリルにチャレンジ!」は日本語を英語にするもの。
英作文の練習にもなると思って。これは選んだ決め手の1つ。
使う単語をちょこっとヒントとして書いてあるけど
英語順は自分で組み立てなきゃいけないので練習になるんじゃないかな。

でもそのレッスンで練習するものばかりだから同じような文ばかりだけど(笑)

後は自力で書くというのがいい。
ここでムスメの書く練習になってくれれば。

「STEP3 練習問題にチャレンジ!」は平叙文を疑問文に直すとか
穴埋めで単語を入れる、日本語に合うように並べ替え・・・といった問題。
この辺は慣れっこじゃないかな。

でもふと思った。
普通は穴埋めや並べ替え問題を先にやって
最後に何もないところから文を作る練習になるんじゃないか?

先に同じような英作文を続けてやって、パターンに慣れるってことかな。

ということで1日1レッスン分ずつ。
このペースなら1冊を1か月で完了することになる。
もちろんコピーして曜日ごとのファイルにスタンバイ。

あ~、なんだか懐かしいなぁ(笑)

でも今はとりあえず学校優先。
部活の体験入部なんてのも始まって帰りもさらに遅くなってきているしね。
数学
2014年04月20日 (日)
ようやく数学という言い方に慣れてきた我々。
最初はつい「算数」って言っちゃってたもんなぁ(爆)

最初はやっぱり「正と負の数」
マイナスって概念は中学生からだもんね(笑)

「-3kg減った」を普通の言い方に直しなさいと言われても
よく意味がわからない頭のカタイ私。
基本の基本だからねぇ、学校でじっくりやってもらっておくれ。

でもようやく新生活も落ち着いてきて
自宅勉強もちょっと復活しようかな~なんて。

中学だと定期テストってのもあるしね、
なるべく日々コツコツで積み重ねておきたいって思うし。
学校では塾に行っている子もいるみたいだし
宿題もそんなに多くないので、学校+家の勉強はいるかなと。

そんなわけで久しぶりの教材探し。

でも教科書も進度も違うから中学受験と同じようにはいかないな。
教科書ワークってのは使うつもりはないけど
かといって教科書とかけ離れててもいけないし。

市販のものだとまずこの辺をチェック。
こういう時はネットではなくて大きめな本屋まで行ってくる。



でもなぁ・・・カラフルなんだよ(違)

ムスメの場合は別にカラフルじゃなくてもいいし
・・・というよりカラフルじゃない方がいい気がする。

説明書きを読んで納得して、例題を見て納得して、というより
練習問題をやりながら体得していくタイプかなと思うし
今回は自主的に進めるんじゃなくて学校の復習メインだから
なるべくシンプルな問題集がいいかな。

こんなのも気になって見てみた。



「できないものを徹底反復」というのがいい。
・・・けど、何というか何か違うんだよねぇ。
反対に細かすぎるかも。ここまで深く掘り下げる希望もないしなぁ。

ということで、結局シンプルなものにおさまった。



やっぱり落ち着くハイクラステスト(笑)
Amazonのレビューを見ても「小学生版を使っていたのでその流れで・・・」
なんていうものがいくつかあった。みんな考えることは同じだな。

文字も細かすぎず、もちろんカラフルでもなくシンプルで
問題も適量、内容は小学生版を見てる限りではとてもよかった。
中学生用も安定感がある気がしたので使ってみることに。

「中学1年生の数学上巻」は認知工学の「読解の特訓シリーズ」に
通ずるものを感じる。紙質か?(違)

シンプルに問題だけが淡々と出ていて、次のページに答え。
紙が薄いのでうっすらと裏の答えが透けてるようなのもご愛嬌(爆)
でもその答えも意外と親切に書かれてるように見える。

この2冊をどう使うかは考え中。でもとりあえずコピー(笑)

今回は復習で使うからなぁ。
でももしかしたら1冊は教科書で予習した後の試しに使って
もう1冊は復習用にしてもいいかも。この辺はムスメに聞いてみよう。

それから隙間時間用。



とにかく量というか、数をたくさんやりたそうなので
この2冊も買ってきてみた。
普段は使わなくても夏休みにざっくりまとめてとかでもいいし。

しかしこの2冊の違いがよくわからず・・・
切り離してみたら最後、どっちのものかわからないので危険(苦笑)

学校の宿題でプリントも出てるみたいだから
その他の市販ドリルがどこまで必要なのかはまだわからないけど
ムスメも他のものをちょっとやってみたいかなという感じなので
ちょっと相談しながら一緒に考えてみよう。
TOEIC Bridge(結果)
2014年04月16日 (水)
3月に受けた初めての TOEIC Bridge の結果が届いた。

パソコンでスコアが見れるかと楽しみにしていたのに
TOEIC Bridge は対応していないそうで郵送のみ。

DSC_4074.jpg

スコアは146

内訳はリスニング=80、リーディング=66

リスニングで稼いだな(笑)
家で模擬問題をやったのと同じような結果だったかも。
ということは、やっぱりこのあたりが実力ってことで。

スコア150以上がTOEICへ移行の目安みたいで
初めてだし、年齢のことを考えれば十分すぎる出来だったんじゃないかな。

それから分野ごとに出るらしいサブスコアというもの。

DSC_4075-1.jpg

今回受験した受験者と比較して、
どの程度できたかを1~3の3段階で評価するもので
数値が高いほど、ほかの受験者に比べて評価が高いことを意味する


というものらしい。へぇ。3が1番良いってことか。

・Function(言葉のはたらき)・・・ 3
・Listening Strategies(聞く技術)・・・ 2
・Reading Strategies(読む技術)・・・ 2
・Vocabulary(語彙)・・・ 2
・Grammar(文法)・・・ 3

「言葉のはたらき」というのは
どのような目的と意図(例:何かの申し出・要求・時間を伝える・指示・
情報収集など)で英語が使用されているのかを理解できる

というものらしい。なんか漠然としてるような(笑)

ムスメはこの「言葉のはたらき」と「文法」がよかったみたい。
全体を何となくわかるっていうのは多読とか
英検の長文問題を読んできたからかな、と思ったり。

文法の方はこちらも中学教材を1学年ごとに一緒に見てきて
一応のきまりは押さえてきたからかな。

とはいえ、聞いて(読んで)必要な情報をつかむ、
話の要旨を見極める、内容を推測する・・・という技術は低めに出てるので
まぁ目安ということで。

語彙が足りていないのは十分自覚しておりますです、はい。

トータル146というスコアはTOEICに換算すると440くらいとか。
英検2級だと150~155というのも何かで見たので
2級はギリギリ、もしくは若干足りてません~かも(苦笑)

だけどリーディングパートのところも実践問題はやったけど
間違えたところをきちんと解説しなかったし(忙しくてできなかった)
今までのような準備はしないで受けたので本当によくできてたと思う。

この先は・・・英語の検定関連はひとまずこれくらいでいいかな。

中学校の生活が忙しくなりそうだというのもあるし
英検も次(準1級)は壁が高すぎるし
TOEICは特に必要もないし、Bridgeの方も今回受けてみて
これくらいかとわかったのでひとまずいいかなと思って。

Bridgeの教材は良かったので、自宅勉強ではこれも使ってみながら
また力試しをしたい時がきたらTOEIC Bridgeを受けようかなと思う。

・・・私が受けたらどれくらいなんだろう(爆)
新生活
2014年04月13日 (日)
入学式も終わりピカピカの1年生(笑)
ずっと願い続けていた学校の新入生になって毎日元気に通ってる。

電車に一人で乗ったことなんてないのに
イッチョマエに定期券など持っちゃって(当たり前か)
親の心配をよそにさっさと出かけて、既にもう慣れてる様子。

私は通学のことは心配だけれども
学校そのものは見学で行き慣れた場所だからなのか
私の気持ち的には思っていたよりも余裕があるかな。

帰ってきたらマシンガントークで学校のことを教えてくれて
今のところ相当楽しいみたい。

共学校出身の私からは女子校ってどうなんだろうと想像しかないけど
何の疑問も違和感も持たずとっても楽しそう。
いいなぁ、こういう子が女子校向きなんだろうな(笑)

めんどくさがりで自分からは話しかけない子だから
友達っていうのはまだまだ・・・みたいだけど
これはわかってることなので特に心配はしてない。
何せ6年間のメンバーなんだから急ぐこともないしね。

勉強の方は進学校でもないのでまだ準備運動といったところ。
このあたりは学校側も時間をかけてくれてありがたい。
でも勉強としては課題なども厳しそうなので始まったら頑張ってくれ(オイ)

勉強のことはもうノータッチ。
・・・というほどやってないって話もあるけど(苦笑)
学校の勉強が本格的に始まっても、もう本人任せになるだろうな。

英語は自主的に進めようという話にはなっているので
ボチボチと何か探そうと思っているけれど
まだ学校に行って帰ってくるだけでも疲れるみたいなのでお休み中。
新しい環境や通学に慣れるのって意外と疲れるもんね。

気がかりだったお弁当作りも何とかなってる。
詰めるのに慣れなかったり、要領をつかむまでは気も遣うだろうけど
一人分だし意外と何とかなるもんだ。

作ったお弁当は写真なんか撮っちゃってたりして(爆)

そんなこんなで楽しい新生活がスタートしてる。
親としては子供が楽しそうに学校に行ってくれるのが本当に何より。

これからのブログは書くことがあるんだかないんだかわからないけど
まったく終わってしまうのはさみしいので
ほそぼそと相変わらず自分の記録のために書いていくつもり。

あー、やっと書けた(笑)