FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイチューター体験(1回目)
2014年01月31日 (金)
ムスメのマイチューター無料体験レッスン1回目。

私が最初に受けてとても良かった先生を予約。
あの時は急遽予約したのでいつもと違う時間&選択肢ナシだったけど
この先生はムスメ希望の時間帯もいるのでよかった。

事前に先生にコメントを送れるようになっているので
前に話した子であること、レベルチェックをお願いしますと入れておいた。

頼まなくてもレベルチェックはするんだろうけど(笑)
私みたいに教材もトピックも何もなく
フリートークだけで25分間やられるとムスメも困ると思ったので。

私はレッスンを聞いていたい気持ち満載なのに
ムスメは聞かれるのを嫌がるようになっているので席を外す(寂)

遠くに聞こえてた様子だと、何かテキストを読まされていたみたい。
そこから質問されて答えていたらしい。

後で感想を聞いてみたらムスメもなかなか好感触だった模様。
子供なので基本形にやさしければいいって話もあるけど(笑)
でも話しやすかったとか、やりやすかったとのこと。

終わってからレベルチェックの結果とレッスン評価を見てみた。

You showed politeness and enthusiasm during your first day.
And tried your best to state your ideas clearly
and was enjoying sharing interesting thoughts during our conversation.
Your interests and motivation in improving your communication skills
will make you become a good English speaker in time.Keep it up! :)


最後の数行は私と同じ文言だな。
礼儀正しく(politeness)というのは私にはなかった(苦笑)
そういえばムスメは他の先生からも何度かpolitenessは言われてる記憶が。
基本的に真面目だからな。

Understandという項目はど真ん中の41-64%にチェックが入ってた。

レベルチェックの結果も真ん中の10段階中で5(Low-Intermediate)

5 Low-Intermediate は
会話に必要最低限の文法知識がある。英語を話す際のリズムや会話特有の語感も感覚と
してつかみ始めている「ブロークン」ではあるが相づちを使うなど英語に自然さが出て
いる。短い話や説明であれば順序立てて伝えられ、抽象的なトピックについて会話もで
きる。(英検準2級/高1-2 /TOEIC 400/TOEFL 40)


本人は英検準2級というところに引っ掛かってたみたいだけど(苦笑)
実力的には確かにそうだと思うのでこんなところかな。

私がレベル6だったのがちょっとムッときたみたいだけど(笑)
レベル6の説明の中にある
「背景知識のある話題では言いたいことを文章に組み立てて話すことができる」
というところができるようになるといいね、という話になった。

だからできれば「通じてればOK」から少し直して教えてもらえるとありがたい。
いちいち直されるのもどうかと思うかもしれないけど
せっかくだから正しい?適切なものに直してもらえるといいと思うんだけどな。

私も習い事をしていて、「できてればいいのよ~」というよりも
違うところは正してもらった方が伸びるということをわかっているから。

毎回毎回細かいところまで逐一厳しく注意されたら嫌だけど
スモールステップで助言をしてもらえるとすごく助かるのは実感してる。
これも人によって上手下手があるのも実体験でわかっているので(苦笑)
スカイプの先生でも上手な人にやってもらえたらありがたい。

基本的なことはわかっていて、後は使ってみて覚えていくという状態だと
余計に自分でやってみる→違うところは教えてもらう→それをまた使ってみる
というのが良い練習になっていくと思うので。

何はともあれ喋らないことにはいけないんだけどね(苦笑)

無料体験レッスンがもう1回あるので、次は違う先生でやってみよう。
スポンサーサイト
Willies English
2014年01月30日 (木)
オンラインレッスン比較サイトで見つけたスクール。

英語塾と表記してあるように塾のような意味合いが大きい模様。

週2回50分の固定担任制で宿題あり・・・ということで
これまでの我が家のスタイルとはかなり違うところ。
50分レッスン自体も経験ないしね。

宿題もある、というかレッスンのない日も自宅学習が必要ということで
そこが英語塾に通うような感じ・・・ということなのかな。

HPには良いように書いてあるものだとは思うけど
書いてある中で気になったのが

・講師とのおしゃべりは楽しいが、一向に上達しない。
・半年通っているけど、実践では未だにさっぱり。応用がきかない。
・毎日のオンライン英会話スクールで毎日話してもいる。
 ただ全く上達しているように感じないし、実際そうだ。

確かに身に覚えがある(苦笑)
特に自分のことじゃないので余計に上達具合がわからない。

もちろん上達が目に見えるものばかりじゃないことはわかっているけど
毎日喋っていても自分から文を作るということはまだまだ難しい。

これは大人でも子供でもレッスンで使ったものを
復習するなり自分に取り込んで次のレッスンで使うなりしないと
単に喋って終わり・・・になってしまうのは理解できる(体験談)

それでこのスクールのやり方は市販の教材を使って
レッスン以外の日は自主的に練習をしてレッスンに臨むということらしい。

その自主練(?)は音読と英作文とのことで
英作文はいわゆる「瞬間英作文」で日本語を見て英語に直すというもの。

これ、うちでも一時期取り組んだことがある(苦笑)
なかなか自分達(親子)で取り組むというのは難しいのもあって
結局続かずに頓挫してしまっているもの。

なるほど、これを使うのか。

教材は「すらすら~瞬間英作文」の本ではなくて
東進ブックス(安河内先生)の「レベル別問題集」。
これも我が家では高校生向けのものを使ったことがあるので知ってる。

レベル別問題集は左ページに英語の問題(並べ替え・穴埋め)で
右ページに解答と日本語訳が載っているもので
英作文の教材として使う時は日本語訳を見て使うんだそう。

これを宿題で出されてレッスンで確認していくんだとか。
なるほど、これなら続くかもしれない。

音読教材も中学生は「ぜったい音読」というものだったり
高校生では「速読速聴・英単語 Daily」というどちらも有名な教材。
受験向けの教材を使い倒すというのもウリ(?)らしい。

HPのどこかで見たのが
「受験英語は不要なものではありません」というもの。
私もそれは元から同感で、受験英語も捨てたものじゃないと思ってる。

実際に私の英語は中学3年間の勉強しかしていなくて(高校で失速・汗)
それでも何とか多少わかるのは中学時代の勉強のおかげだと思ってるので
受験勉強って基本なんだろうなとは素人なりに思っているところ。

私の英語の師匠も受験英語についてはそうおっしゃっているし
それを元に英語が話せたらいいなというのは私の理想。

このスクールは受験向け教材を利用しつつ
でも受験対策やテスト対策で点数を取る目的にならないようにして
使える英語にしていこうという目的らしい。

ムスメは小さい頃から英語に触れていて感覚的なところはあるけれど
でも英語育児というほどはやっていなくて
文法も日本語を介して教えてきたという状況。

なので感覚で毎日スカイプレッスンはできても
その先が何となく伸び悩みな感じだった。
これは本人にも聞いてみるとそんな実感はあったらしい(苦笑)

なので1回50分というレッスン+宿題もあるということだけど
しっかり学んでレッスンで確認するというのは良い機会になるだろうし
自力では続かなかった瞬間英作文ができるということもあって
ムスメも興味を示したので候補に入れることにした。

もちろん事前にメールで問い合わせ済。
お返事は速くて、定型文でなく親身なお返事だった。

これまで私がまず体験を受けて、良かったらムスメも体験を受ける・・・という
流れでやってきているので、ここでも可能か聞いてみた。
というのも無料体験レッスン自体が受講予定の固定曜日&時間なので
何だか責任を感じちゃって(苦笑)

そうしたら体験1回目は私が、2回目はムスメが受けてみては?と
提案もしてもらったのでそのパターンでいこうかな。
エイムトーク
2014年01月29日 (水)
候補の1つエイムトーク。
料金は毎日(1日1回)で4980円。
ネイティブの先生のレッスンが月1回付くと6980円。

珍しいコースなのが奇数日・偶数日のどちらかだけだと3675円。
純粋に2日に1回レッスンをするとしたら月15回。
そう考えるとかなりお得なプラン。

だけどうちは週末はやらないことも多いし、ピアノの日はやらないから
今の利用に当てはめて偶数日で数えてみたら月に9回程度だった(汗)
それだと1回あたりが400円ちょっとになってしまう。

うーん、だったら毎日4980円のコースで取った方がよさげ。

こちらはイートックに決めた時の候補でもあって
その時に事務局にメールで問い合わせをしていた。

返事は速くて丁寧でとても好印象だった。
こういうところで本当に差が表れるので問い合わせは大事だと思う。
もちろん事務局の意識と先生の上手さに差があることも多いけど(苦笑)

返事はこんな感じ。

・「知っている」所から「使える」所にレッスンで高めていくのが良いと思う。
・スピーキング量を毎回のレッスンで多く取り
 先生の質問にスムーズに答える練習をする事で
 知っている表現・単語を会話の速いテンポの中で自然と出せるようになる。
・ご要望のように長文を読んでそのトピックに関する質問を先生からし
 話題を広げるスタイルでレッスンも可能。
 (お子さんのレベルに合わせて先生から文章を用意する事も可能)


それからテキストに日本語が入っているものがあるので聞いてみたら

日本語は単語解説のみで、あとは英語で句動詞の使い方を
マスターできるレッスン形式もある。
これらの表現は、自然な会話でよく出てくる便利なものが
多く含まれているので会話力アップにはおすすめ。


最後には

体験レッスンでお子様のレベルをチェックし、会話力のアップにベストな方法を
ご提案させていただきたく思います。

これまでお母様が頑張ってお子さんのために学ばせてあげてきた英語を
これからも楽しく使ってもらえるように講師・スタッフ共々精一杯頑張ります


という親切なお返事だった。

まぁ「お気軽にご相談ください」とあって、実際に尋ねてみても
結局は通り一遍的な話で返されておわり・・・なことも多いんだけどね。

どこまで一緒に考えてくれるのかわからないけど
とても親切丁寧そうなサポートだということはわかった。

以前問い合わせた時は結局イートックに決めて
ここは体験もしていなかったので今度こそ無料体験をしてみるか。
でもなー、ここは1回だけなんだよなぁ。少なく感じる今日この頃(苦笑)
マイチューターオンライン
2014年01月28日 (火)
候補の1つ、マイチューターオンライン。
ここは冬休み中に私が思い立って無料体験レッスンを受けたところ。

実は夏頃にQQEから変わろうといろいろ調べた時に
このマイチューターオンラインもチェックはしていたみたいで
料金や予約可能数などをまとめた比較一覧メモに残ってた。

月額がちょっと高かったので問い合わせ&無料体験も見送っていたんだけど
私が記録してあったのと現在の料金やその他がちょっと違っているようで
もしかしたら料金プランの改正があったのかも。

前には見覚えのない昼割プランというのが登場していて
でも昼割と言っても19時半のレッスンまでが対象なんだけど(笑)
うちの希望時間が昼割時間帯に入るのでお得に利用できそうなスクール。

前は昼割プランというのもなかったし、無料体験も1回だった(今は2回)
そしてガッツリな担任制を謳っていた気がする。
今は「ご希望の方には週1で予約を固定してあげますよ」な感じ。

以前は月6000円を超えていたので除外していたんだけど
今は昼割なら4980円で16回受けられるので
条件的にはうちが利用している(してきた)ところと大差がない。

ちなみに昼割は19時半~レッスンまで。もう夜じゃん(笑)
20時以降だと月に3500円も高くなるので検討は昼割限定。

昼割だと月10回で3980円/月16回で4980円の2パターン。
フリーだと月8回で4980円/月12回で6980円/月16回で8480円。
それ以降も月20回・月30回コースもあり。

他にポイントプランもあるけど、こちらは1回あたり420円~670円くらい。
まとめ買いしても割高かな。有効期限は6か月。

うちの場合は昼割の月16回4980円がちょうどよさそう。
これだと1回あたり311円くらいなのでイートックやQQEと変わらない。

でも今月は13回しか受けなかった~という時でも同料金だからなぁ。
13回でもまだ383円だから許容範囲か。
10回しか受けなかったら・・・498円。うーむ、これはちょっともったいない。
割り切って使えるならいいかも。

プログラムとしてはビジネス/留学・検定/日常会話/キッズとあって
検定のところにはTOEIC、TOEFL、IELTS、英検が用意されてる。

いつものように事前にサポートデスクに相談してみたら
スピーキングレッスンとして日常会話の中の3つの教材と
(Questions for Conversation/Questions for Discussion/連続コマ漫画)
平行してTOEIC の「Reading and Speaking」をやったらどうかとのこと。

少しウェブで見れるので見てみるとなかなかよさげ。
特に「連続コマ漫画」というのはおもしろそう。
「Questions for Conversation」も、あるテーマについての質問が用意されていて
それについて短い質問がたくさんあるので量をテンポよくやっていくのかな。

予約については日曜に2週間分のスケジュールが公開になるそうで
1日に2レッスン~の複数予約も可能。
予約保持の制限もないみたいなので2週間先まで取れるってことかな。

だけど予約画面が見づらいんだよねぇ。時間帯や先生で絞れたらいいんだけどな。

あとの特徴は私が体験レッスンを受けた時にも書いたけど
レベルチェックと先生からのレッスン後コメント(評価と書いてある)

英検やTOEICも意識されているというのがちょっとありがたい。
あ、でも英検は2級までだった(汗)
それでも英検について知っている先生がいるというのは助かるかな。

先生の数は多からず少なからずってところだけど
講師歴が8年やら12年やら、パッと見ただけでもベテランな先生が多いみたい。
他のスクールだと3年でも長い方に入るし、年齢も若めだしね。
こちらは講師歴が長い分、それだけ年齢も上の先生が多いみたい(当たり前か)

無料体験レッスンは2回あるのでムスメも試してみる予定。
スクール探し
2014年01月26日 (日)
入試が済んだらやりたかったことの1つ、オンラインレッスンの見直し。

今はイートックで週4回。
カランと英検準1級の長文を使ってのレッスンを2回ずつ。

自宅レッスンだし25分間ということもあって
ありがたいことに受験期間中も変わらずに受けてこられた。
気分転換にもなってたかもしれないしね。

特に何か不満があるわけではないんだけど
年末にかけて先生の回線が悪くてキャンセルが続いたりして
ちょっとスクール替えを考えるようになった。

立て続けにキャンセルがあったのは同じ先生ではなく別々の先生で
どちらも自宅からの先生なので仕方ないとはいえ
ちょっと状況的には危うい感じ。

そして先生の人数も少なめだからか代講も特にないし
下手したらレッスン時間になってもコールがなくて
数分待ってたら事務局からキャンセルの連絡があったり。うーむ。

今のイートックの体験レッスンを受けたのが昨年7月の初め。

それまでのQQEでテキストレッスンが進み切ってしまって
こちらから用意したトピックカンバセーションをやるんだったら
QQEにこだわる必要もないな・・・と他を探し始めた。

イートックに決めたのは英検レッスンがあること。
オリジナル教材で準1級まであって力も入れてるようだったから。
それから料金がまずまずお安めなこと。

料金は安いわけではなくて、同じくらいのスクールは他にもあるけど
やはり英検レッスンと、それからカランが受けられるのも大きかった。

イートックに移ってからのカランはとても良い感じ。
QQEよりも考えさせてくれてるし、ムスメもちょっと疲れる様子(笑)
同じカリキュラムでも先生次第っていうのはある程度は仕方ないか。

なのだけど、やっぱりムスメは相変わらず受け身なレッスンで。

とは言っても性格的に日本語でも
自分から喋るタイプじゃないから望めないんだけど(爆)

しかしそこを何とかして引っ張り出してもらえるとありがたいんだけどなぁ。

それでまたちょっと探し始めてみた。

これまで「毎日話せて月いくら」というところは省いてきたけど
ムスメは月に平均で15回くらいレッスンをしているし
中学生になるまではもっと入れてもいいかと思ってる。

だいたい毎日コースで月5000円あたりが多いみたいなので
月15回だとしても1回あたり333円。
これならQQEやイートックでの計算と大差もない。

こういう料金体系だと10回しか受けられなかったりすると
1回あたりが500円と跳ね上がるので
受けられるかどうかわからない~ならもったいないかな。
でも月15回前後はほぼ受けているので大丈夫そう。

あと今回探すポイントとしてはカリキュラムかな。
英検の準1級もやってもらえたらありがたいけど
そこにはこだわりすぎず、発話を促せるような点を重視したい。

だからカリキュラムというより教材やアプローチのことかな。

実は自分でもどうしていいかわかっていない状態なので
スクールでもそういうところを相談できるとさらにありがたいんだけどな。

そんなわけで久しぶりのスクール探し。
これからの予定
2014年01月25日 (土)
さて、落ち着いたところでこれからの予定。

だって勉強の方は受験が終わってから何もしてないんだもん(爆)
何もしないというわけにもいかないので
これからのことをまた新たに考えていかないといけない(はず)

ムスメも曜日ごとのクリアファイルに手を伸ばしかけて
「あ・・・ないんだっけ」と言ってる(苦笑)
それから「何もやることがないと落ち着かない」とも(爆)

じゃあご要望にお応えしてご用意いたしましょう(鬼)

でも中学へ向けての先取りは特にしないつもり。

勉強でガツガツしている学校ではないし
学校できちんと教えてもらって自分の勉強法も確立していって欲しいし。

理科と社会は受験勉強でやったことが貯金になるんじゃないかな。
だいぶ忘れてそうだけど(苦笑)、一度やっていれば思い出すだろうし
そこに新しいものを足していくことでまた勉強していけば。

数学は一からだけどこちらは学校におまかせ。

英語は多分一番アドバンテージがあるのでしばらくはいいとして
書くことは学校の宿題でまかないつつ、独自で進めていくつもり。

だからこれから中学入学までの間に中学向けでやることは特にないので
今の時期はしばらく薄くなっていた英語をまた少し厚くしようかな。

英語は3月上旬にTOEIC Bridgeを受けてみようかと考え中。
TOEIC Bridgeは年に4回くらいしかなくて(TOEICは年10回くらい?)
ちょうど3月にあるので最初はこちらを受けてみようかなと。

どんなテストなのか自体もよくわかっていないので
またそこから始めなくちゃ。

あとは来月上旬の漢検5級(6年生相当)の過去問をやる予定。
12月に申し込んでおいたもの。あまり記憶にはないけど(笑)

中学校から宿題も出るみたいだけど登校日はまだ先なので
それまでまた少し骨組みを建て直さなきゃ。
このままダラダラしてたらあっという間にダラケそうだから(苦笑)
その後
2014年01月24日 (金)
合格通知をもらってもいまだ実感がない(苦笑)

受験のことを話していた人達にまず報告。
遠くに住む受験母同志や、近くには住んでるけど学年の違う友達、
志望校の先輩、その人を紹介してくれた友達、ピアノの先生・・・

たくさんの方からお祝いの言葉を頂いた。
こうやってみると、自分一人で頑張っていたような気がしていたけど
いろんな人に応援してもらっていたんだな。

ブログでもそう。
読者を意識しないし交流もしない(笑)
自分のためだけの日記のつもりでやってきたけど
今回の報告でたくさんの人が影ながらずっと見守ってくれていたことも知った。
それも数年にわたって見ていてくれた人が多くて嬉しいやら面はゆいやら。

それから受験のことを知らせていなかった身近な人達にも報告。
いわゆるカミングアウト。
勘づいてはいたけど黙ってくれていた人や寝耳に水でビックリだった人も。

こちらは多様な反応で、全ての人が好意的ではないんだなということもわかった。
黙っていたことへの嫌味もあるのかもしれないけど。

受験生の母になってみないとわからないこともある。
ここで言うのは受験直前~受験の最中にかけてのこと。

一応4年生から受験生の母でやってきたつもりだけど
本当の正念場の時の気持ちっていうのは想像していた以上だった。
いや、想像できていなかった、という方が正しいかも。

私自身も以前は高校受験真っ最中の子をもつ友達を見ていて
大変だなと思いつつも、心情まで理解できていなかった。
話を聞いていても「なんでここまで?」と思ったり。

だから今回私の話を聞いても同じように思う人がいても仕方ない。
その人もいずれ自分の番(高校受験)がこればわかるんだと思う。

とにかくいろんな人がいるということはわかった(苦笑)
隠していたことが正しかったのかはわからないけれど
いろんな人がいるのだから隠密行動でよかったんだろうな。

小学校から私立へ通っている友達に話すと
「こういうことも含めて受験だと思うしかない」とのこと。
確かにそうなのかも。経験者の言葉は深い。

少し落ち着いたところで久しぶりに趣味の場へ顔を出した。
受験でしばらく休むことは言ってあったので
こちらでも皆さんにおめでとうと言ってもらえた。

あー、やっと通常生活に戻ってきた感じ。

ムスメも学校でようやく話せる状態になった。
クラスが違っていても一番仲の良い友達だけには言ってあって
影ながら応援してくれてた。
母子で仲良くさせてもらっているので合格はとても喜んでくれた。
一緒の中学に行けないのはとても残念だけど。

その代わりじゃないけど女4人、泊まりで遊びに行く話が持ち上がってる(笑)

今のクラスの他の子達にはどうやってカミングアウトするか・・・
というのが気がかりだったけど、プロフィール帳(昔で言うサイン帳)を
書いてもらうことにして、その時に話すことにした。

「違う中学へ行くことになった」と言うと
驚く子もいれば、「引っ越すの?」と聞く子も何人かいたそう。
違う中学=引越というのが中学受験に縁が薄い地域なんだなと思う(笑)
そもそも試験を受けて中学に入るということを知らない子もいそうだし。

ムスメのまわりではもう卒業式、中学校への話が盛んになっているらしく
本人も少しナーバスになっていたみたい。
志望校には行きたい、だけど友達とも離れたくない。

自分でも矛盾していることは重々わかっていて
矛盾しているからこそ葛藤があったよう。

試験の2日前だったかな、こういう気持ちを抑えられなくなったのか
夜になってムスメが泣き出した。
試験直前で、親としては「なんで今?」と思ったのも正直な気持ち。
だって試験に集中できなかったら・・・なんて思ってしまって。

だけどよく考えれば試験の直前だからこそだったのかも。
試験に対しての不安もあっただろうし。

もしかしたら「みんなと一緒の中学に行きたい」と思って
試験当日は白紙で出したり・・・なんて考えたり(汗)
無理矢理やらせてはいないよな・・・なんて自分を省みたり。

こんなことムスメには言ってはいないけど
でも本当に志望校へ行きたいのかどうかは確認した。

本人は「大丈夫、当日は(気持ちを)切り替えられるから」と
言ったので、信じて後は泣かせるだけ泣かせて話を聞いた。

初めての選択で、初めてのお別れだもんね。
幼稚園も学区外だったのでお別れといえばお別れだったけど
今の年齢とは違うしね。

いくら「高校に行く時にはみんなそれぞれの道に分かれて行くんだし」
と言ったとしても、それは大人から見た話だからね。
経験してきたから言えるだけで、「今」を生きる子供には酷なこと。

こういう気持ちの葛藤は辛いけど
学校ではとても楽しく平和に過ごしているってことなんだよね。
これはありがたく幸せなこと。

ムスメはお友達に誘われて遊びに行ったり、家に呼んだりしてる。
今までは家に来てもらうこともなかなかできなかったからね(苦笑)

受験を経て本当にいろいろな経験をしたと思う。親も子も。

試験直前あたりから合格発表まで何だか夢うつつな状態だったけど
そろそろ通常モードに戻らなくちゃ。
サクラサク
2014年01月21日 (火)
この日のタイトルはこれにしようとずっと前から決めていた。

ムスメの桜が咲いた。
そして我が家の受験が無事に終了した。

通知の封筒はほんの少し厚い。
厚いってほどじゃないけど、紙切れ一枚ってわけではなさそうで
多分大丈夫だろうなと思いつつも相当緊張してムスメと一緒に封を開けた。

合格。

文字を見た時、ムスメに抱き着いて号泣した。
ムスメはニコニコしながら抱き着き返してきた。

よかった、本当によかった。

嬉しくて涙が出るなんて、それもこんなに号泣するなんて。
泣いちゃうかな、なんて思ってはいたけど自分でも驚いた。

よく頑張ったね、本当によく頑張った。
今まで我慢させたこともいっぱいあったし、きっとキツかっただろうし
嫌だと思ったこともあるだろうけど、本当によく頑張って私についてきてくれた。

頑張りぬいたキミを誇りに思うよ。

合格者上位数名の成績優秀者に選ばれるというご褒美もついた。
きっと、これまで頑張ってきたムスメへの神様からのご褒美だね。

本当に終わったんだな。
受験を意識しはじめて4年半、今思えばあっという間だったような。

受験勉強として塾のカリキュラムに乗って3年間
赤ペン片手に毎日毎日ムスメと一緒に勉強した。
時には叱り、泣かせて泣いて。

だけどママ塾で頑張って良かった。
何より親子で同じ目標に向かって頑張ることができて
子供の成長を深く濃く、間近で見ることができたから。

オットにも本当に感謝してる。

勉強のことはノータッチだけど、いつも私の話を聞いてくれた。
ムスメのことはほとんど報告していたから一緒に考えてくれた。

ムスメから見れば怖いもんなしのママに見えても
揺れて迷って悩んでクヨクヨしてのくり返しだった。
オットはそんな私を支えてくれた。

リビングのダイニングテーブルで勉強しているから
オットは仕事から帰ってきてもテレビも見れずに
静かに夕飯を食べなきゃいけないこともよくあった。

それでも文句を言わずに口も挟まずに私達を見守ってくれた。

だから家族3人で乗り切った受験だと思ってる。
これからのいろんな選択もムスメを2人で見守っていきたい。

本当に本当に合格おめでとう。
入試当日
2014年01月19日 (日)
前日もいつも通りに過ごして、当日もいつも通り。
特に変わったことはしないつもりで。
少し朝が早いけれど合不合に出かける時くらいの時間。

以前、朝起こしてみたら熱があって
インフルエンザだった!ということがあったので
本当に朝起きて元気な姿を見るまでやっぱり心配だった。

でも大丈夫みたいでひと安心、よかった。
起きて3分後には普通にご飯を食べられる子なので
いつもと同じメニューの朝ごはん。

予定通りに出て、予定通り早めに着いた。
早めだけど一番乗りじゃないんだな。皆さんも早い。

塾の花道もあった。おぉ、これが噂の(笑)

花道ってほどでもないけど両側にジャンバー姿の人達が立ってて
あの中を通っていくの~?(苦笑)というムスメ。

早めに来たから受験生がまだ少なくて通りやすいのか
人が少ないとかえって目立つから通りにくいのか(苦笑)

きっとスルーされるんだろうな~と思いつつ通ってみたら
あちこちから「頑張れ!」「頑張って!」という声が聞こえてくる。
前を歩いている人はいないので、ムスメに言ってくれてるんだ。

なんだか嬉しい(笑)

テレビで見るような大掛かりな応援団というスケールでもないし
こじんまりとみんなでみんなを見送ってくれている感じ。

ムスメは恥ずかしいやら何やらで引き気味だったけど
母としては嬉しかったな。
子供が応援されたら親としては嬉しいってもんだ。

ムスメを送り出す時に何を言おうかと思ってたけど
普段の模試と同じように「いってらっしゃい」とだけ言った。
まわりもいるしね、今さらアレコレ注意事項を言っても何だし。

でも何日か前に「注意することって何だっけ?」と聞いたら

問題をよく読む・問題に印をつける・ちゃんと図を描く・式を書く
筆算をする・計算は急がない・・・

私がずっとずっと言ってきたことがズラズラ出てきた。
何だ、覚えてるのか。
「わかる」と「できる」は違うってことだ(汗)
でもずっと言い続けることは無駄じゃなかったんだな。

無事に終わって戻って来た時も何だか模試後みたいだった。
志望校でも模試を受けてるし、ムスメも緊張しなかったらしい。
私は緊張というよりも、現実味を感じていないというか不思議な感覚だった。

結果はまだだけど、これで我が家の受験は終了。
明日からは受験勉強がないのか・・・やっぱり何だか不思議。

本当に終わりなんだな。
健康で無事に今日の日を迎えられたことに感謝してる。

今朝、顔を洗いながら泣きそうになった。
この3年間のこと、ムスメはどうだったかな。
私は一緒に頑張れて楽しかったし、嬉しかった。

後は結果を待つだけ。
試験前や試験中よりもこっちの方が実は緊張する。

どうかどうか願いが叶いますように。
当日の付き添い
2014年01月17日 (金)
志望校には何度も行っているし、建物の中も教室も文化祭や体験授業などで
お邪魔しているのでだいたいの雰囲気もわかってる。
在校生に知り合いがいるので親の控え室や当日の流れについても聞けた。

試験の間、私は控え室で待っていることにした。
これも先輩母さんの話で、子供が体調不良の場合は呼び出しがあるそう。
そこのお子さんは大丈夫だったけど実際に呼び出されているのを見たそうだし。

外に出てても携帯で連絡があるんだろうけど、気持ち的には近くにいたいし
それよりも田舎の学校ゆえ外に出てもそんなに良い店もないし(爆)
何より外に出るのも寒いし。

控え室は寒いからひざ掛けやカイロ必須なんて話も見聞きするけど
うちが受ける学校は控え室の場所を聞いた限りでは大丈夫そう。
親が校内に残ること前提みたいで、座席も確保されているみたい。

後は私の時間潰しか。

タブレット(ネット可)も持っていて、それでネットサーフィンでもしてるか、
電子書籍でも入れておいて読むか・・・思ったけど
いやいやスマホやタブレットをいじってるのって
何だかあんまり印象がよろしくないかなぁ、なんて思ったり(苦笑)

電子書籍です、ってわからないしね。ゲームやってると思われても困るし(爆)

だけど学校の人がそこには居ないと思うし、チェックされてるわけでもないので
そもそも誰の印象?って話なんだけども(笑)

ここは無難に文庫本かなぁ。果たして読んでも頭に入るのやら。
または編み物でもやっちゃうか。かぎ針の小物だったら場所取らないし。
あー、でも編み目が飛びまくりそう(汗)

いっそ棒編みでマフラー編むか。
めちゃめちゃ長いマフラーができそうだな(オイ)

もう後は無事に当日を迎えるだけ。
終わった日の夜は何を食べに行こうか相談してる。

結果が出るのはまだでも、入試が終わったお疲れさま会はやりたいよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。