FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
家庭の教育方針
2013年12月05日 (木)
願書を準備する時期になってきた。

証明写真はネットで見聞きするようなお日柄や写真館など
そこまで気にすることもないので良いとして、問題は願書。

特に「家庭の教育方針」という項目。
志望動機ならまだ何とかなるんだけど、教育方針となると・・・うーん。

もちろん我が家なりの考え方はあるし、思いもある。
「別に何も考えてないしぃ~」というわけでもない。
だけど・・・改めて言葉にするのって難しい(汗)

えーとえーと、うちの教育方針って何だ??

えーとえーと・・・(以下略)

ムスメが小さい頃から本人にも言ってきたのは
「あなたを幸せな大人にすることが私達(親)の仕事」

幸せになって欲しいのは親としてはもちろん願うこと。
ただ、幸せのカタチってその人によって違うものだから
ムスメ自身が「私って幸せだな」と思う人生を送ってくれればと思ってる。

決してお金があって、またはお金がある人と結婚して(笑)とか
仕事で成功を収めてとか、人生勝ち組で、とかそういうのじゃなくて。

よそ様から見たら「えぇーっ!?」と思うような暮らしでも
当の本人達はニコニコと幸せに暮らしてることもよくあるわけで
「かわいそう~」という感覚も人によって違うわけで
とどのつまり、本人が幸せに感じる毎日であればいいと思う。

私の今の暮らしだって、私自身は幸せに感じているけれど
違う人からしたら面白味のない毎日かもしれないしね。
何が良いのかは本当に人それぞれだし。

もちろん毎日の中には嫌なことも辛いこともあるし
だからこそ何もない日々を幸せだと思えるってこともある。

だから何もトラブルも困る事もなく幸せに・・・とは思ってなくて
いろんなことがある中でも自分が幸せだなと思える大人になって欲しい。

プラスマイナス=プラス。

良いこと、良くないことが日々いろいろあっても
結果的にはちょっとでも良い方が上回っていればいいかと。

だから私達はムスメの人生の土台を作って
社会へ送り出すのが仕事だと思ってる。
根っこがあればきっと大丈夫だと思うから。

今はその土台作り。

幸せを感じるのって心が満たされてるからかな。
そうだな、私はムスメが自己肯定感を持てるようには気をつけてきたかも。
無意識にだと思うけど。

「自分に自信が持てるように」とはちょっと違って
何だろう、根拠のない根底にある自信っていうか。
確かに根拠のない自信を持ってる子でもある(笑)

自己肯定感が低いって本当にもったいないと思うから。
どうせ私は~、って言っていると隣の芝生が青く見えがちだし
本当に実力で成功していても素直に認めることができないしね。

自己肯定感が高い人ってまわりの人のことも認めてくれる気がする。
自分もすごい、あの人もすごい、みんなすごいよねーって。

ムスメもこういうところ(笑)は素直なので
人を妬んだり羨ましがったりするのは多分聞いたことがない。
元からの性格かもしれないけどこういうところは親としては嬉しい。


・・・で、教育方針はどこへ行った?(爆)


あれやこれや書き連ねてみてもサッパリまとまらないなぁ。
書いてるうちにまとまってくるかと思ったけど(コラ)

教育方針かぁ。

強いて言えば

・人として当たり前のことができる人(挨拶や最低限のマナーやモラル)

なんだけどな。
自分が親から教えてもらったことやしてもらったことは
そのまま子供にも受け継ぎたいと思っているかな。

後は「世の中のルールを守る」とか。
あ、でもこれは教えてきたことであって教育方針じゃないか(笑)

改めて考える機会になって良いのだけどムズカシイなー。
あまり難しく考える必要もないんだろうか(はて)
もう少し考えてみよう。
スポンサーサイト