FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復習ウィークの様子(理科・社会)
2013年08月31日 (土)
同じく久しぶりの四谷問題の理科と社会。

算数と足並みは同じで、予定を少しカットして
古い年度・昨年度の週テスト問題集の第14回・第18回をやることに。

まずは古い年度のものから。

・・・

・・・・・

わーすーれーてーるー


算数よりも叫びは大きく(汗)
いや、マジでひどい。こりゃもう日曜のテストは無理なんじゃ・・・状態。
元々社会は酷かったけどね。

理科は半分もできなかった。
前半の一行問題での植物系もサッパリ、電流のつなぎ方も☓。
えぇ~、電流の基本問題はできるでしょうよー。

一行問題は知識問題が多いから仕方ないとして(オイ)
その後のものもボロボロ。
月や星関係は大丈夫なはずだったんじゃ・・・浮力や圧力も壊滅。

第18回は最近(?)やった範囲のところだし、夏休みに入ってすぐ「出る順」でも
結構頑張った「ばね・てんびん・滑車」のところ。
こちらもできるんだか、できないんだか(涙)

2人でもう一度ガッツリ解いてみる。
一緒にというよりそれぞれにやってみて解説を見る感じ。
わからないところは一緒に「こうで、あーで」と辿って行く。

でも見ていると、順にたどっていけばできるものも結構あるんだよなぁ。
数字や矢印を書き入れてみれば気がつくこともあるのに自分では絶対書かない。
腹立たしいのは解きながら「今」書くように言ってるのに絶対書かない。
今でしょ、今書けって言ったよね?

なぜか渋々書き入れて、その数字を使って考えていけば・・・ホラ解ける。
だから書いてねって言ってるんですけど。

滑車のところも軸の違うところ(?)から紐が出ているパターンも
なぜかそこはスイスイとわかるんだけど、そこに行くまでが自力ではいけず。
いくら後半のややこしいのができても最初から自力でやれなければ。
テストじゃ私が隣で言うわけにいかないんだしね(汗)

このあたりのところでアヤシイのは浮力。
やっぱりわかってないなー、アヤフヤだなーというのを感じる。
基本的なことは大丈夫だと思うので、取れるところを確実にやって欲しい。

バネやつり合いのところもある程度のものは計算できると思うんだけど
いかんせん頭の中でやってしまうので危険。

算数と同じようにその日にもう一度同じ問題をやってみた。
だいぶマシになったけど(同じ問題だから当たり前)
まったくお手上げ~というのがないだけまだマシか。

翌日には昨年度の第14回と第18回を。
昨日の今日だし似たような問題ではあるけれど、一応初見でどれくらいできるか。
第18回はせっかくA/BC/Sと分かれているのでAとBCをやった(鬼?)

第14回は平均は取れたけど、第18回はA問題でも平均届かず。
うーん、やはり「棒のつり合い」がマズイみたい。
直すと簡単に気がつくので理解度よりも精度の問題か。

それから社会。

社会は半端なくヒドイ。過去最高にヒドイんじゃないだろうか。
第18回は70点満点で8点くらいしかなかった(驚)

理科や算数はやり方を覚えていれば何とか計算して出せるものもあるけど
社会ばかりは知識がないと本当に悲惨なことになるんだなと思い出した。

しかも範囲は公民のラスト部分。
世界の話なので場所や国名も馴染みがないものもあるし
私からしたら最近な世界の出来事(でも10年前くらいか)だったり。

奈良時代とか室町時代をやっていた頃が懐かしいなぁ(遠い目)

あのあたりはやればやっただけ覚えたというか覚えやすいというか。
何だろう、今の公民ラスト部分の頭に入りづらさは(涙)

社会もひと通り直しを一緒にやった後、その日のうちにまた同じ問題をやった。
まぁそれで覚えてても超短期記憶なだけなんだけどね。
それにそれでも書けてないものはまだまだあるし(涙)

今回の社会はマズイなー。
てか6年生になってからの社会は厳しい状態なのでね。

+++++++++++++++++

ここまでが金曜までの話。

土曜は今年度受けた組分けテスト3回分をやった。
第14回はここ数日の間に週テスト問題集でもやったものだし
意外と層が厚くなったかもしれない(苦笑)



あ、忘れてた。国語。


週テスト問題集には入っていないのでトップクラス問題集のつもりが
時間が取れなくて復習ウィークに入ってからは逆にストップ。

漢字だけは「でる順」の書き取りパートで間違えた分を再度と
組分けテスト3回分の漢字部分をやった。

漢字はせめて最後に良い思い出を作りたい(そういうレベル)
スポンサーサイト
復習ウィークの様子(算数)
2013年08月30日 (金)
今週は復習ウィーク、とは言ったものの
実は旅行に出かけ(いいのか?)いまだ楽しかった余韻から抜け出せず(オイ)
いや、夢から醒めやらぬのは親ばかりなりかも。ムスメはクールだからな。

というわけで予定通りなんてちっとも進んでいない復習ウィーク。

そういえば四谷の問題自体が久しぶりなんだよなぁ。
やってみると、やっぱりやり慣れているというか見慣れているというか、落ち着く(笑)

あぁ、でる順じゃなくて週テスト問題集を5年分からやったら
基礎力+アルファがガツンとついたかも。タラレバだけどね(笑)
それくらい基本的な問題が整然と並んでるように見えるってこと。

予定より復習できる日数が減ってしまっているので少し調整。

やりたかったのは週テスト問題集2冊(古い年度と昨年度版)の組分け4回分と
今年度に受けた組分け3回分。1教科につき11回分。
でも1日に2回分×3教科というのはムスメにはヘビー。
答え合わせにも時間がかかるし、やっつけ仕事になられちゃ困るし(汗)

なので組分け4回分の前半2つは今年度ムスメが受けたものだけをやることにして
週テスト問題集2冊からは後半2回分(第14回・第18回)をやることにした。

前半のものは今までの組分けテストの時に復習で再度やっていて
第14回はこないだ受けたものだから再度やるのは初めてだし
第18回の範囲(第15回~第17回)はテストを受けること自体が初めてなので。

ということで古い年度版の第14回・第18回の算数・理科・社会をやってみた。

・・・

・・・・・


わーすーれーてーるー


いや、こんなカワイイもんじゃなかった(汗汗)
日曜のテストに間に合うのか??と真剣に思うほど。

申し込んであるから受けることは受けられるけどね
そういう問題じゃなくて、こんな状態で行かせていいのか??と思うほど。

算数は忘れてるところがあるもののそんなにヒドくはなかった。

点数としては足りていないけど、でも普段からムスメがMAXで取れるという
想定のラインより2問(16点)くらい少ないくらい。
解き直しをしていてもスッカリ抜けているわけでもないし。

しかも算数は最後の1枚は印刷すらしてないし(爆)

それでも平均点は取れる(はず)なので。
ここはできたはずだよね、ここもきちんと確認すれば大丈夫そうだよね、と
タラレバで積んでみるとほぼムスメの通常通りかなという印象。

でも「歩数と歩幅」のものは曖昧になってた。
確かに前にやった時もビミョーだったしなぁ。
でる順で出てきてきちんと確認したつもりだったけど、まだまだだったみたい。
ちなみに私もまだまだで・・・だってコレ面倒くさいんだもん(コラ)

そんなこと言っていられないのできちんと復習。

久しぶりにJmediaの映像授業を見てみる。ホント久しぶり。
考え方もだけど、図の書き方も教えてもらいたくて。
その図の書き方で再度できなかった週テスト問題をやってみたら、アラ、できた。
よし、これからはこのやり方と図の書き方でいこう。

予習シリーズでやった時にきちんと消化しておけばいいんだろうけどね
でも予習シリーズの説明だとわからないんだもん(汗)
自分達のわかりやすいやり方が見つかればいいと思っているので
これで何とかなってくれれば。

第14回と第18回をやってみて、こうやって怪しいところも確認して
同じ日にもう一度間違えたところだけをやっておいた。
夏休みで時間があってよかった。

説明を聞いたばかりでも、ワカルとデキルは違うので
直後に同じ問題をやっても意外とできなかったりするから(汗)

・・・案の定わらずまた「歩数と歩幅」ができなかった。

午前中にやってその後にきちんと解説もしたのにね、
まったく同じ問題なんだけどね。

うーん。

図を描いていないのでね(汗)
学んだことを使いましょうよ。

ということでまた私だけがスッキリと消化してしまった。
人に教えると本当に知識が定着する気がする。
図を描くように補助するとそこから先は一人でできた。
取っ掛かりだけなんだよなぁ。そこが算数のポイントなんだけども(苦笑)

翌日には新しい年度の方の第14回と第18回。

でもよくよく見たら第18回は新旧ともに組分け過去問ではなくて
普通の「総合回」だった。だからA~Sまで分かれているのでうちはB問題を。
組分け過去問は下巻の一番最初に入ってるんだったっけ。

新年度版はどちらも100点前後。
算数は何とかテストを受けさせて頂いてもよろしいでしょうか・・・という
立ち位置までこれたような気がする(汗)

いろいろなものが出るので自分にできるものを確実に。
サボらず(図を描け)いい加減なことをせずにきちんとやるのが目標。
2つの映画
2013年08月27日 (火)
この夏休みに映画を2本見た。

実は映画は小さい時から時どき見に行ってはいて
特にここ1年くらいはムスメが字幕も大丈夫になったり
ドラマ仕立てのものでも楽しんで見れるようになったので急増量。
この半年では既に10本くらいは見てるかも。

1度行くと予告も見ちゃうもんだからまた見たくなっちゃう。
そしてまた別の予告を見て・・・のミイラ採りループ(爆)

その中でこの夏休みに見たのは、「終戦のエンペラー」と「少年H」
私達が連れて行っているというよりも、ムスメも予告を見て希望したもの。

戦中から終戦の頃というのを私は当然知らないし
私の親は生まれてはいても子供時代なのでそう語ることもないんだけど
それでも玉音放送のことだとか、他のことは何となく知ってきた。

なんだろう、学校で習ったのかな。
私は学生時代の授業の記憶はほとんどないので
いつ何をどんな風に習ったのかは社会に限らずほとんど記憶になくて(汗)

それでも学校で習っただけではなかったような。

本を読んだりドラマを見たりしたのかな。
はだしのゲンは確か3年生くらいの頃に漫画も読んだし
学校かどこかでアニメになったものも見たような覚えがある。

終戦のエンペラーでは外国人目線で日本人の不思議さが描かれていて
私やオットはそのあたりは肌でわかる部分があるんだけど
ムスメは同じような外国人目線で不思議に見えるのかも・・と思った。

そういう時代とそういう世界があって、戦争とその後の経て今の日本がある。

歴史の後半や公民で習っているとはいっても現実味のない話ばかり。
私が話して聞かせたところで私自身も伝聞なので伝えきれない。

少年Hでは戦中からの普通の暮らしから戦後へと変化していく、
世の中だけじゃなく人の心の変化も描写されていたように思った。

主人公の少年はちょうどムスメと同じかそれより少し上だったし
当時の普通の生活もあって、ムスメもこちらの方が見やすかったみたい。

普段から映画を見た後の感想はおもしろかったねーや見所くらいは話すけど
深く語り合うということはあまりしないので
ムスメの中にどういう風に響いたのかはわからない。

だけど言葉にしなくても何となく通じるものがあればいいなと思う。
私もそうして知らない間にいろいろなものを見て知ってきたので。

しかしどちらの映画も年齢層の高いこと(笑)
子供はほぼ見かけなかったし、私達でも若いくらい(爆)

特に「少年H」は人が多かったこともあって皆さん席を探して右往左往。
普段映画館に来ない人も来てるかなって感じがした。

笑うところも何となく普段と違う。
おもしろくて笑うというより微笑ましいとか懐かしくて
クスッと笑うような空気が多くて温かい雰囲気だった。

少年Hと同じくらいの小学校高学年~中学生くらいの子が見ると
また違った目線で見れていいんじゃないかなと思った。
誰が悪者で何が悪くて・・・という答えなんかは特にはなくて
ただ目の前の毎日を一生懸命過ごすという暮らし。

私も背筋が伸びるような気持ちになった。

こういう映画も一緒に見れるようになったんだな。それも嬉しい。
復習ウィーク
2013年08月26日 (月)
久しぶりの復習ウィーク。
9月1日が最後の組分けテストになるので復習ウィークも最後。

1学期は合不合の前も復習ウィークとしてやっていたけど
もうこれから先は総復習の日々なのでわざわざ入れる必要もないかなと。
それに週テスト問題集の下巻は買わないので過去問もないし(苦笑)

今回の組分けテストは6年生の上巻全てが範囲ということだし
総復習ということで上巻の組分けテスト(4回分)の過去問をやる予定。

週テスト問題集が2冊ずつあるのでそれぞれ2回分ずつと
実際に今年度受けた組分けテスト3回分。えーと合計で11回分か。

様子を見ながらだけど、先に新しい方の週テスト問題集の方をやって
解き直しやくり返しをやった方がいいならそちらを優先。
それから古い問題集の方よりも今年度受けた分の過去問を優先。

理由は・・・何となく(コラ)

実際に受けたものの振り返りができてるかってことも気になるので。

算数は特に様子を見て調整したい。理解度優先だしね(当たり前か)
理科もそうなるのかな。
社会はなるべくいろんな問題に当たりたい。

あ、漢字も。
国語は週テスト問題集がないので今年度受けた分のみ。
だからここにある漢字は総チェックしておこう。
本当は全部書けてなきゃダメだよなぁ・・・ドキドキ(汗)

組分けテストもこれで本当の最後なので
こうやって復習ウィークって区切るのもこれが最後。

そもそも現実ではもう「総復習期間」にも入ってるわけだしね(苦笑)

どこがどう復習なんだ・・・というより
もう全範囲をくり返すのみの時期に入っているわけで。

今回は一応範囲のあるテストの最終回ということで
これまでの復習ウィーク通りの予定。
理科総復習 終了
2013年08月24日 (土)
理科のでる順の一巡目が終了。

最初の1位・2位あたりはバネ・テコの計算系と水溶液の話だったので
解説も必要で一緒に首っ引きでやったし
1回で通過することができずに同じものをもう一度やったりして足踏み。

それ以降の地学や植物などは自力本願でお願いすることにして
すっかり私はノータッチのまま通過。そしてそのまま最後まで。

一巡目をやってみて、忘れまくっているということは確実にわかった(爆)

当たり前なのでそれはさておき、全範囲をひと通り流したというのは
少し目途が立つような気がするので良かった。
何せ自宅組は自分でペースと予定を組まないといけないのでね
先が見えないというのは本当に困るので。

理科はこのままでる順をグルグルくり返していこうかな。
ここに出ているものを確実にできるように。
グルグルと言ったってきちんとやろうと思うと何巡もできないだろうけど。

しかし最初の部分以外はほぼノータッチで
一応進捗状況や感触は聞いて確認するようにしてはいたけど
実際のところはどうなんだろう。

基本的には真面目な子とはいえ、やっぱり自分に甘いところもあるしね(笑)
自分の理解度を把握して次のことを考える・・・なんてまだまだ無理だし。

でもとりあえずは私がかりではなく自力でやったということは
この一巡目の大きな収穫かな。
ただし二巡目は理解度も私が確認して漏れがないようにしようとは思う。

で、早速二巡目といきたいところだけど9月2日に組分けテストがあるので
来週はいつも通り復習ウィークにして週テスト問題集をやる予定。
社会総復習(公民)
2013年08月23日 (金)
社会総復習の公民が終了。

中学入試 でる順過去問 社会 合格への1001 問 三訂版 (中学入試でる順)

つまり1冊の一巡目が終わった。
私の中では公民が一番大きく占めているつもりなんだけど
ページ数としてはそうでもないんだよなぁ。

内容の量や時代の幅からいったら歴史が一番なのかな。
中身の理解度や内容からすると、我が家的には公民が一番重い(苦笑)

でもこういうまとめ教材になると公民もスッキリしてわかりやすそう。
この頃はニュースでもいろいろ見聞きするようになったし。
特にこの季節、いろいろな番組もあるしね。

「終戦のエンペラー」という映画も見てきた。
作り物といえばそうだけど、百聞は一見にしかずだなと思う。

そんなに混んでいなくて、観客は私達よりも上のご年配の方が多くて
子供はいなかったんじゃないかな。
最後はうるうるときている人も多かったみたい。私もそう。

こういうのは習って理解するものじゃなくて
何だろうな、アイデンティティのようなものに響く部分なのかもしれない。

でも私達(オットも含めて)は特に習った記憶もないけれど
終戦の日は知っているし黙とうの気持ちにもなる。
どうしてだろう、ちゃんと習った記憶もないのに。

できればムスメも「習ったから」ではなく
知らない間に知っていた、日本人だから知っていた、
そんな風になっていてほしい。
トップクラス問題集(国語)
2013年08月22日 (木)
国語の読解はトップクラス問題集を続けてる。
しつこいようだけど4年生版。

トップクラス問題集国語小学4年―中学入試をめざす

ちょうど良いというか、いや、最近はさすがに簡単になってきたかな。
そりゃそうだ、もう6年生なんだもん(笑)

簡単なものを確実にやろうというつもりで
標準クラスとハイクラスをやってトップクラスは省略。
各章ごとの最後に出てくる復習テストも今は飛ばして進行中。

トップクラスはもうやるつもりはないけど
復習テストの方はページ数も普段のものより長いので
冬休みにまとめてやろうかと思ってる。

夏休みということでこちらも自分で答え合わせをして自己完結。

国語に関してはちょっと心配な気がしないでもないけど
トップクラス問題集は解説がとても親切なので
自分で読んで「あ、そういうことか~」と思ってくれればいいかなと。

一応聞いている範囲では、最後の記述ができていないことが多くて
そこまでのものはほぼできている感じ。
記述はねぇ、日頃の会話力から鍛錬した方が良いというか(汗)

そこまでの記号選択や抜き出しは割とスムーズにできているみたい。
もちろんこれも4年生版だからなんだけども(笑)
だけどそのおかげで自分でやるというペースが作れているし
国語に対しての自信もつくから学年を下げてやるのっていいかも。

まぁムスメの場合、元から苦手意識どころか根拠のない自信があるからなぁ。
逆に危機意識持った方がいい時でもそうだったりして。

国語はどうしても予定通りに入れられなくて
夏休み中も予定がある日の短いバージョンの時はカットされちゃうので
終わるのは9月半ばくらいかな。

でも単発な文章を初見で毎日読んでいくというだけでも練習になるので
国語も細々とこのまま入試まで続けていきたい。
算数総復習(規則性)
2013年08月21日 (水)
一旦「図形編」をやってからまた「文章題編」へ。

中学入試 でる順過去問 算数文章題 合格への364問 三訂版 (中学入試でる順) [単行本]

でる順3位は規則性。
植木算、周期算、等差数列、方陣算。

あぁ、どれもこれも懐かしいような(コラ)

植木算は基本的なものなら大丈夫かな。
方陣算も嫌いじゃなかったよな・・・と予想をしてみたものの
こうやって思っていても久しぶりだと全然違うからなぁ(汗)

さすがに全問正解とはいかなくても(当たり前か)
植木算はほぼできてた。なんでだろう、不思議だ(コラ)

周期算はちょっと苦手なんだよね。等差数列も。
数字を使うものっていうのが得意じゃなさそうってのもわかってきた。
方陣算はツボにハマると速いんだけど(いいのか・笑)

でも図形に比べるとスムーズに済んだ。
そういえば文章題も1つ前の速さは時間がかかったっけ。
久しぶりにちょっと平和な算数。

間違えたところがすごく多ければ全然理解できてないってことだし
そこまでひどくなくても間違え方によっては
再度やった方がいいかなと思うんだけど今回はこのまま通過。

私が解説ではなくてムスメが自分で解説を読んで納得(?)なので
実際のところはちゃんと理解できているのかは不明だけど
本人の感触と様子を信じて次へ。

うーん、私が内容まで関知しなくなってて大丈夫だろうか。
後でドカンと落とし穴に落ちないといいんだけど(怖)
QQEラストレッスン
2013年08月20日 (火)
2012年2月からお世話になってきたQQEでのラストレッスン。
ちょうど1年半か~、ここは週4だったし濃く長く続けさせてもらったなぁ。

IEAで固定だった先生が辞めることになってQQEを検討した時に
またまた気の合う先生が1人目で見つかったので即決。
OneOnOne というカリキュラムテキストがあるのも決め手になった。
カランメソッドがあるのも良かったかな。

先生もたくさんいるので、お気に入りの先生でテキストのレッスン、
カランの先生もいろいろお試しして合う先生を見つけて週2ずつに定まった。

でもオンラインレッスンにはつきものの先生の退職。
最初のお気に入りの先生が3か月ほどで辞めてしまい
QQEの中での先生探しをしたっけ。

本当に先生の数が半端ない(笑)ので、いろんな先生がいたなー。
その中で新人ながらもとてもウマの合う先生を見つけてすっかりお気に入りに。

カランも最初はベテラン&超人気の先生で受けていたけれど
やはりオンラインレッスンにつきものの予約合戦に疲れてしまって
カランレッスンも先生探しをして2人ほど候補を見つけて移行。

お気に入りの先生3人で週4を回す感じでずっと続けた。

カランレッスンもテキストレッスンも途中で難しくなってきたり
こちらのニーズと合わない点も出てきたので
最後の方はトピックカンバセーションにして英検の長文を読むスタイルにした。

この時もサポートにメールで相談したなぁ。
割と親切丁寧に返答してくれるスクールだと思う。

先生もサポートもシステマティックなところがあるのは否めないけれど
大所帯なのでそれは仕方ないかな。収集つかなくなるもんね(苦笑)

スクールは次のイートックで4つめ(単発的なものは除く)
どれも先生が辞めてしまっての移籍で、今回初めて自己都合で変わることに。

変わる理由はテキスト使用のレッスンが一旦終わったことが一番大きいかな。
一旦・・・ってのは最後のBOOKに入ったものの
内容が子供には少し難しくて英語力だけの問題ではなくなってきたので
うちとしては頭打ちってことで止めたので。

それでトピックカンバセーションにしたわけだけど
英検の長文を読むというレッスンなら他スクールでもできるしな・・・と。
値段もそんなに安い方でもないので、それなら変わろうかということに。

そんなわけでも自己都合。

だからお気に入りの先生と離れるのは寂しいだろうなぁ。
本当にここ1か月くらいは同じ先生ばかりを入れていて
毎回大ウケしながらのレッスンだったから(何を話してたのかは不明)

ただムスメはあまり執着のないタイプなので大丈夫かな(笑)

幸い次のイートックでも3名ほど合う先生を見つけたので
それで完全にQQEから移行することができた。

これが次スクールで1人くらいしか良い先生が見つからなかったら
最悪QQEと併用しようかとも考えたもん。

スクール自体はとてもきちんとしてて良かった。
HPも見やすいし、予約画面も使いやすい。
レッスン30分前のお知らせメールなんかは本当にありがたくて。
これからは自主的にアラームかけなきゃなぁ(苦笑)

ホント、お世話になりました。
社会総復習(歴史)
2013年08月18日 (日)
社会の総復習は歴史編が終了。

中学入試 でる順過去問 社会 合格への1001 問 三訂版 (中学入試でる順)

しかし相変わらずムスメが自分のペースでやって
自分のペースで答え合わせをしているので私はノータッチ。

算数と理科も同じくノータッチとはいえ、この2つは一応どんな具合か
内容や出来具合や感触をチェックして気にかけるようにしているんだけど
社会だけはほぼおまかせ状態。

初めて習うことなら記憶に残るように一緒にやりたいと思って
実際そうやって併走してきたけど、履修範囲の総復習となると話は違う。

特に社会は反復してナンボだと思うし。

社会は6年生からの詰め込み(?)でも間に合うから
5年生はとにかく算数!という意見も何となくわかる気がする・・・ような。

でも今は一度やったところの再復習をしているから
こんな風に思えるのかもしれないしね。
やっぱり6年生に回してもダイジョーブ!とは思えないなぁ(苦笑)

歴史はムスメも好きなのに抜け落ちているところが多々だったので
「あれ~??」と自分の記憶力に驚いている様子。
私なんて自分の記憶力の衰えに毎日驚いてますが(爆)

しかし歴史も一巡目だからまだまだ穴だらけ。
とにかく振り返りをしているような状態かな。

次は公民へ。ここは気をつけて見ていきたいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。