FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
合不合結果(第2回)
2013年07月18日 (木)
(※算数・国語150点、理科・社会100点満点。偏差値は四捨五入)

        点数    偏差値
算数 ・・・  84点     54
国語 ・・・ 102点     53
理科 ・・・  65点     59
社会 ・・・  46点     50

偏差値・・・ 4教科=54 / 2教科=54 / 3教科=56

平均点超えた~~(喜)
それどころか偏差値も50の真ん中に近かった。
ギリギリ50くらいだと思っていたので。

第1回が58だったのは幻想だよねってことで、これからは目指せ平均。

そもそも都会のすごく優秀な人達も受けていて、他の人だって
ガンガンスパートかけてくるわけだから平均取れれば御の字。
ありがたや。

ただ、偏差値という数字は我が家にとっては習熟度(?)の目安にはなっても
その他の点ではいかんせんサンプル数が少ないから参考にはならないので
後は中身、内容なんだよね。冷静に見なくては。

ちなみに男女別の平均点。

       <男子>    <女子>
算数 ・・・ 82.8点     74.7点
国語 ・・・ 85.9点     94.7点
理科 ・・・ 55.8点     50.0点
社会 ・・・ 50.3点     45.1点


ますます算数と国語の男女差が目立つなぁ。
算数では男子が8点高くて、国語は女子が8.8点高い。

もしムスメが男の子だったら(またか)国語の偏差値がどうなってたかなぁ。
そうしたら社会が平均点以下になっちゃうからダメだ(汗)

理科と社会もそれぞれ男子の方が5ポイントくらい高い。
理科は計算とかあるから何となくわかるものの、社会はどうしてだ??
歴史に興味がないとか?地理が苦手な女の子が多いとか?はて。


偏差値がわかるとそれに惑わされてしまうから(現在まさにそう・爆)
点数だけが出た時点で、まず各教科の内容の振り返りを書いておいた。

+++++++(以下、各教科の振り返り)+++++++

<算数>

過去問では大丈夫だったのに計算問題で1問間違えた。
ミスじゃなくて完全できてない。分数に弱いのかも(汗)

一行問題は1問間違いのみ。
このあたりは志望校でもよく出そうな感じなので確実にできて良かった。
できなかったのは最後の(10)で図形の角度を出すもの。
時間をかければできそうだけどテスト時には思いつかないだろうな。

大問3、大問4、大問6はそれぞれ(1)のみ正解。

大問3・・・立体図形
(2)は三角すいの出し方を忘れてしまって☓。
ってか円すいも三角すいも何度忘れては確認したことか。

大問4・・・食塩水の濃度
(2)は容器Aと容器Bを混ぜて~というやつ。
これは確認していなかったしすっかり忘れてたから仕方ない。
次はできるようにしておこう。

大問6・・・図形の相似
(2)は一部分の面積を出すもの。
メモ書きを見ると途中まではできていて、家で続き?をやってみたら
惜しいところまではいけてた。最後のもうひと声が~。
相似や合同の見つけ方、面積の比などはだいぶできるようになってる。

大問5は2問ともできず。
(1)は少しやりかけたようだけど早々に諦めて次へ行った模様。
数字の規則性?のものだから無理だったろうな。今でもアヤシイ(汗)

大問7と大問8はうちの子には見えないことになってる。もちろん親公認(爆)

今回は計算ミスやウッカリミスというのはないのでこの点は良かったと思う。
できなかったところは難易度的にというのもあれば、できてて欲しいけど
ちゃんと確認していなかったから今回は仕方ないな・・・というものも。

どちらにしてもやれることをやったかなという感じ。
「タラレバ点数」は三角すいの体積は出せてたと思うので+1問で90点。
これだと前回と同じ点数になる。

<国語>

今回も点数は算数より良かった。でも女子は国語の点数がみんな良いからなぁ。

●物語文

まぁ読めてるかな・・・とは思う。
でも最初の「当てはまる言葉」で擬態語などを選ぶ問題で1つ間違えてた。
ボキャブラリの貧祖さゆえか(汗)

あと選択肢問題で間違えたのは2つで、

「驚いた顔をしたのはなぜですか」
「〇〇は目を伏せ~うなずくとあるが、この仕草から〇〇について
 どのようなことがわかるか」

というもの。
どちらも心情や仕草から読み取る・・・ということができていないわけだ(汗)

●説明文

こちらも選択肢で2つ間違い。

「残念ながら、そうではありません、と筆者が考えるのはどういう理由か?」
「《それ》が指す内容としてあてはまらないものを選びなさい」

というもの。
筆者の考えや全体で言っていることがわかっていないことが多い。
一問一答的なものならまだできても、全体を見るのができないみたい。
具体と抽象だと抽象的なことがつかみにくいんだろうか。

また文章内で「~~でしょうか?」に対する答えを
文章中から抜き出す問題もできていなかった。
答えは文章にしてあって穴埋め式だったんだけどなぁ。

語句問題は同音異義語が1つ間違い。部首名はできてた(こういうのは大丈夫)

漢字は10問中6問できたーー。うちにしたら快挙だー。
でも合不合は全部書き取りではなくて3問は読みなので助けられてる(苦笑)
10問全部が漢字だったらもうちょっと低いかも(汗)

記述は物語文・説明文ともに8点中4点、つまり半分。
そうなんだよ、トンチンカンなことを書いてるわけではないけれども
大事なところが抜けてるんだよねぇ・・・というところ。

正解率は
物語文69%、説明文68%、語句71%、漢字60%

見てみたら物語文と説明文は前回とまったく同じだった。
このまま安定しててくれたらいいんだけどなぁ。

<理科>

理科は前回とまったく同じ点数。
一番マズイかもと思って急遽単元別に復習したのが良かったか。
いや、やらなかった「ふりこ」が出ちゃってるからなぁ(ハズれた・苦笑)

●一行問題・・・88%(前回と同じ)

電流回路の問題を間違えた・・・ワットとボルトは最初から曖昧なんだった(汗)

●ヒトの体・・・71%

・心臓の血液を送り出す部屋を間違えた(ウッカリ)
・ヘモグロビン知らなかった

●川の流れ・・・43%

・扇状地をすっかり忘れてた
・砂や小石など堆積する順番を間違えた(関連して3問)

●ふりこ・・・57%

・「ふりこの長さ」がどこか答えられなかった(汗) ←定義がわかってない
・往復する時間の計算が2問できず

●水溶液・・・71%

・ラスト2問ができなかった。
どちらも「蒸発させると固体は何グラム残りますか」という計算問題。
これは仕方ないかな。


前回みたいなロゼッタ(正:ロゼット)やらカシオペア(正:カシオペヤ)という
おいおい・・・なミスはなかったんじゃないかな。
強いて言えば心臓の部屋の問題と扇状地くらいはできてて欲しかったか。

しかし単元別だから良いものとそうじゃないものがハッキリわかる(笑)
水溶液は不安定だと思うんだけど、何だかんだといつもドボンはしない不思議。
一行問題は前回と同じ正解率。ここが安定しているのはちょっと嬉しい。

<社会>

社会は一番ひどかった・・・予想通りだけどね(汗)

●産業・・・56%

・生産量第1~3位がわからなかった
・自分の思ったのと違う記号を選んで書いたらしい(アホ)
・集約農業が出てこなかった
・正しくないもので「青森県のみかん」を「りんご」と思い込んでスルー(アホ)

ポカがあるんだよなぁ、これで4点分。

●国際機関・・・55%

国際司法裁判所を国連司法裁判所と書いた(ポカ)
・国連本部ビルがある都市をニューヨーク(正解)と書きかけて
 問題文の前半にある「事務局」の文字がもう一度目に入ってしまい
 事務局はニューヨークじゃない、と空欄にしていた(大バカ)
・国連事務総長の名前がわからなかった
・環境問題への取り組みで2問わからなかった

ここでもポカ2問で4点分。

●歴史(鎌倉~室町)・・・40%

・鎌倉時代の農業の特徴がわからなかった
・室町幕府を開いた人を足利義満と答えた(アホ)
・御成敗式目の「御」の字を間違えた(アホ)
・仏教の宗派と僧の組み合わせで正しくないものが選べなかった
 家で見たら「あっ!」と一発で見つけた。その場で気づけばいいのに。
・建武の新政が答えられなかった
・鎌倉~室町時代におこった出来事を2つ選んで古い順に並べ替える問題で
 まずおこった出来事2つを選び間違えた(おーい)

義満って書くか・・・、漢字間違えか・・・で、ここでも4点分。

●歴史(明治時代)・・・20%

・年表に入るものが選べなかった
・記述問題が書けなかった
・大日本帝国憲法について正しくないものを選び間違い
・第一次世界大戦中の出来事を古い順に並べ替えるのを間違えた
・五・一五事件で暗殺された総理大臣の名前を知らなかった
・日中戦争当時の中国の首都を知らなかった
・樺太の「樺」の字を「棒」と書いた(ポカ)

明治以降が怪しいのは自他共に認めてはいたけど酷すぎる。
でも知らないことが多いからな、今回は仕方ないと言うべきか。
本人もさすがに焦ったようで「ここはちゃんと覚える」と言ってた(珍しい)

でも漢字間違いで1問2点分ポカ。

知識不足で仕方ないというところが多々とはいえポカも多数。
合計でのタラレバ点数は6問12点。もったいない。

+++++++(各教科の振り返り終わり)+++++++

というわけで、ここからは偏差値が出てから↓

とりあえず偏差値54なら万々歳。良かった良かった。
これはもう感触云々があっても結局は平均点次第なわけで
その平均点は受けた人次第(ムスメも含む)なわけで
出来具合だけじゃわからないなぁ。

目標の「全教科で平均超え」も何とかクリア。

社会が危なかったけどね(汗)
うちと同様にドボンした子も多かったから何とかなっただけで
出された問題をきちんとやれるようにしないとね。

しかし理科はすごい。

前回も理科で引っ張り上げていて今回も同じ。
他の教科では偏差値を4~5下げているのに理科だけは1下げたのみ。
いろんな単元がアレコレ出るのになぁ。
理科に助けられるとは。

でも嬉しかったのは国語と算数、2教科がほぼ同じということ。
4教科も同じか(笑)
社会が最悪で理科が超良いので結果的に3教科が一番良いという(苦笑)

それでも国語・算数の2教科が何とか揃ってるとホッとする。主軸だからね。

算数は明らかに前より下がってはいるけれど、前が良すぎたからなぁ。
でも同じペースでどんどん下がっていくのはちょっと嫌だぞ。
算数は何とか喰らいついていけてるだろうか?

国語は初めて各パートそれぞれ正解率が60%以上になった。
漢字が取れると記録が上がるんだな(苦笑)
本当に国語は最近読解ドリルすらやれていないのだけど
読解は前回と全く同じ正解率なので少しずつ安定してきた・・んだろうか。

理科はいろんな分野にわたっているだけに心配は尽きないけど
できるところは確実にできるようになってきてるとは思う。
計算モノもできていることが多くなってきた。

そして社会はマズイ。特に明治時代以降から公民まで。
社会の仕組み関係が足を引っ張ることになってる。
今回は「やったけど忘れてた」というよりも「知らない」ってことが
増えてたので全然足りていないんだなということもよくわかった。

次回の合不合は9月。

夏休みをガッツリ過ごした皆さんと一緒に受けるわけだから
目指せ平均点すら厳しいかもしれない。
でも基本問題をきちんとやって、ポカミスをしないで済むように
うちも夏休みは自分達の計画通りにコツコツと頑張ろう。
スポンサーサイト