FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第17回(現代の日本と世界)
2013年07月17日 (水)
社会の第17回は「現代の日本と世界」

公民分野、内閣や議員数など覚えなきゃいけない事柄がハッキリある方が
意外と頑張るようなんだけど(だからと言って覚えられるわけでもないけど)
それ以上に世の中のことや世界の情勢など抽象的?なことは厳しい。
いつもの「何となく~」の性格が出てしまうんだろか。

でもさすがにこのあたりは今の自分の暮らしに近いので
へぇ~という感じで興味を持っていたのでまだマシかな・・・(苦笑)

何だかんだと言いながら社会のカリキュラム終了。

そうなんだよ、「6年生(上巻)が」ではなく「全カリキュラムが」終了。

・・・はぁ、ついにここまで来たか。ちょっと感慨深い。

算数は3年生のジュニア予習シリーズからずっと使ってきているけど
理科と社会の予習シリーズに真面目にに取り組むようになったのは
4年生(上巻)の後半から。

ちょうど4年の今頃の学判テストのために始めてみたんだっけ。

最初は地理だったからまだ良かったかな。
いや、4年生のは結構こまかくて(私の感覚として)
勉強に慣れていないこともあって最初はペースつかむのが大変だった。

テキストを読んで一人でまとめることにしてみたり
音読を3回としてみようとしたこともあったっけ。
マインドマップで描いてみるということもしたなぁ。

試行錯誤の結果、週末にテキストを一緒に読んでサブノートを埋める、
翌週の平日には週テスト問題集で演習するというパターンに落ち着いた。
このペースで5年生から(だっけ?)ずっと続けてきた。

理科も同じやり方なので、理科に時間がかかったり負担が大きかったり
土日のどちらかに出かける時は理科を優先して社会は後回しになってた。

5年生(上巻)は引き続き地理で4年生の貯金もあったし
学校の授業でもやっていたし、ムスメ本人も地理は割と良かったので
必要最低限のことをやっていれば何とかなっていた。

5年生(下巻)で歴史に入って、初めて暗記を意識しなきゃいけなくなった。
知らない言葉、聞いたことのない言葉も多かったからなぁ。
それでも歴史好きでそれまでに見たテレビ番組に助けられたことも。

6年生(上巻)では初めての公民。
コーミン?ナニソレ?な状態なのと歴史ほど興味をそそるものではないので
なかなか頭に入らなくて困ってる(現在進行形・汗)

それでも何だかんだと言いながら全部終了。

やっていて思うけれど、中学範囲もやっているんだよね。
中学での勉強にもきっと役に立つと思う。

全部終わって喜んでる場合じゃないな(苦笑)
忘れてることもたくさんあるからなぁ。
これからは全ての範囲を復習していこう。
スポンサーサイト