FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
合不合(第2回)
2013年07月14日 (日)
4月以来、2回目の合不合。

カリキュラム的には総合回の週らしい。
うちはまだあと1回分残ってるんだけど(苦笑)

範囲がないのでどれも満遍なく・・・と思いつつ、この頃は忘れてることが多くて
今までやってきたことはなんだったんだ??ザルか??と思うことも(社会は特に)

しかし塾の皆さんは今回の合不合で夏期講習のクラスが決まる?とか
志望校特訓などの特別クラスが決まる?とか、2学期からのクラスが決まる?とか
もうこれまで以上に差が開くことは必至なんだろうな。

そうだよなぁ、ムスメ自身だけ見てても明らかに下がってるわけで
そこへきて周りの皆さんは上がってるときたら、こりゃもう差が開く一方で。
テストでは穴を見つけて夏休みに向かおうという位置づけ・・・と思おう。

理科の単元別の見直しなどもなんだかんだと時間がかかりつつ
何とか過去問を各教科2年度分ずつやってみたら
算数は今年度の組分け過去問(3回分)、合不合過去問(2回分)で
それぞれ配点は違うものの見事にピッタリ14問の正解という結果。

計算問題は3問ともノーミスだった(驚)
いや、驚いてどうする。

一行問題も8問中、後半の2~3問ができないパターン。
前半で間違えた時はたいていポカミス。計算間違いとか転記ミス(涙)

それ以降は大問3~4はだいたい2問ともできて、大問5~6では(1)だけできて
前半の一行問題で間違いが多かった時に限って大問7(1)ができてたりして
結局トータルでは同じ点数という。

つまりはMAXここまで、ということはよくわかった。
ミスをすればそれだけここから下がるだけで(汗)

理科と社会は平均点より少し上くらい。

見ているとできているページと壊滅状態なページの差が激しくて
どこがドボンしている分野・単元なのかが一目瞭然。
満点のページがあるかと思えば20点中2点しかないページも(汗)

理科は意外なことに星・月関係がマズい。
これまで困ったつもりはないし本人もわかってはいるんだけど
1つ向きを間違えてしまうと芋づる式で総倒れするから怖い。

反対に気体ができていて、これも普段はマズイのに
テストになるとなぜかできるというので不思議。

社会は地理や産業のところはこれまでの貯金でいけてる部分が多くて
歴史も鎌倉・室町あたりまでは何とかいけても明治以降がひどすぎる。

大日本帝国憲法から世界大戦あたりの社会の情勢というのか・・・
世の中の仕組みとか完全興味なさげだからなぁ。
公民に続く部分から公民にかけてがやっている以上に抜け落ちてる。
というよりやっぱり興味ないから最初から頭に入ってないのかも(涙)

単元ごとにやると1つの中でも得手不得手があるんだなということがわかった。
こんなことに気がつくのも夏休みでじきに総復習に入るいう意識があるからかな。

だから理科も社会もドボンな分野・単元が重なっちゃったら怖いなぁ。
そこを平均にならしていくいくというのがこれからの課題になるってことか。

もうここからは偏差値という立ち位置ではなくて
ムスメができる問題をきちんとやれているか問題を見ていかなくては。
ここまできたらもうファインプレーは要らないんだよね。

マグレで難しい問題ができるより(そりゃできたらすごいなと思うけど)
みんなができる問題や基本的な問題の取りこぼしをしないことを意識しないと。
いや、ムスメの場合はそれを目標にしないと(苦笑)

いまだに計算問題も危ういし、それ以降の問題でも計算ミスは1回はやるし
転記ミスや聞かれたことに答えていないこと、問題の勘違いなんかも
安定して1~2問はあるからなぁ。

こんなこと安定しててもちっとも嬉しくないんだけど。

+++++++++++++++++++++++++

しかし合不合は朝が早い。
いや、テスト開始時間は一般的なものなんだろうけど、そこへ行くまでが(汗)

これも入試の練習だと思って早起きして支度する。
ムスメは寝起きもよくて起きたら1分後には朝ご飯が食べれるタイプなので
出発が早い上にさらに超早起きをしなくていいので助かる。

でも移動に時間がかかるので到着する頃には1度目の睡魔が・・・(汗)

それでも集中力はある子だし、夜よりも朝が強い子なので
きっと大丈夫だろうと送り出す。
待ってる間にオットとお茶をして時間潰し。私も眠い(コラ)

帰宅すると自ら自己採点を始めた。
真面目な姿勢というのもあるだろうけど、私にやられるのを避けたいらしい。

確かに私も丸つけをしながら「えーーーっ」「なんでーー」となるよりも
全て完了して本人から報告を聞く方が精神衛生上いい(笑)

終わって落ち合った直後は「難しかった・・・」と言っていたものの
様子を見るとショボンという感じではなかった。見るとすぐわかるからね。

平均点もわからないし、難しかろうと何だろうと自分にできるところを
ポカや大バカで落としてなければいいんじゃない?ということで帰ってきた。
なぐさめてるんだか励ましてるんだかよくわからないけど(オイ)

実際の平均点はサッパリわからない状態だけど
ムスメにできることはできた・・・かな。

算数はうーん、惜しい気もするけど
でも間違えた問題を見てみると「こりゃできないな」というもので
強いて言えばあと1問くらいは出来てたかな程度。
思い違いやポカはなかった様子。家でやったのとほぼ同じ出来。

国語も間違えるべくして間違えてることがほとんど。
・・・と言っても良く出来ているわけではなく、ムスメの物の見方や捉え方、
解釈の仕方を考えれば間違えたところも納得ってことで(苦笑)
漢字問題は半分はできたようで我が家としては快挙(レベル低)

理科は過去問よりちょっと良かった。
見直しても仕方ないというものばかりだからこれこそ実力そのまんま。
平均点はわからないけど理科が一番良かったかも??

社会は自分の中で「見たことあったのにー」というものができなかったのが
何問かあったり、勝手に間違えてるものもあったので少し悔しい様子。
それでも過去問の感触よりは良かったかな。

全体的にもうやれることやったから仕方ないという感じ。
もちろん万全にやったから!というわけではないんだけどね
今できることはやってきたということ。

もしかしたらうちで前回よりも良い感じなので平均点は高いのかも(苦笑)
・・・って点数確認してみたら前回よりトータルだと下がってた(爆)

でもまぁ、ポカやカン違いなどの大バカがないと
こんなに爽快な気分なのか~ということがムスメもよくわかったみたい。
これで気をつけられるようになるといいんだけど。

とりあえず第2回も無事終了。お疲れさま。
スポンサーサイト