FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科 第16回(てこ2)
2013年07月03日 (水)
理科の第16回は「てこ(2)」

てこは2回に分かれてるらしい。それだけやることが多いのか?(怖)

今回新しく出てきたのは「重心」
これまでの「支点」に加えて混乱しそうな予感(苦笑)

あとは重りを吊るす棒の太さが一定じゃない=重心が真ん中じゃない物。
これも前に少し触れているような気はするけど
ちゃんと計算しようとするのは初めてかな?

ここでも下にかかる重さ、両端でバランスを取る時、上に向く力とか
重心、棒の重さとか・・・混乱必須。

予習シリーズを読んで、ひと区切りずつサブノートをやって確認。
当たり前なことでも何だか難しく考えちゃったり(汗)

でも考え方がわかると計算は素早くなってきたので
ホント、ここでも自力で気がつけるようになるといいんだけどなぁ。
あとはたくさん問題をやって気がつくようにしないといけない。

1つ1つ順番に紐解いていけばいいと思うんだけど
ムスメはこの「順番に紐解いて」というのが皆無。
やる気がないのか、めんどくさがりなのか。

真面目なんだけどなぁ。
だからもう順番にたどるということが苦手なんだと思ってる(苦笑)
「紐解く」とか「たぐりよせる」ということが本当にできないからなぁ。

図にわかってることや知りたいことを書き入れて
それこそ「順番に」見ていくとできるんだもん、だったらやろうよ(願)

テキストの後半は例題と解説なので紙に書き写して考えてみる。
ちょっとまだわかりにくかったかな。
どこを見たらいいのか手順を確認してやってみると理解はできるので
後は自力でやれるかの問題。ムスメはここが一番ポイント。

週テストのA問題もできたりできなかったり。

簡単に考えればわかるものもアヤフヤゆえに手が止まってしまったり
基本がグラグラだとこういう感じになるんだな・・・ということがわかった(苦笑)
私だけが日に日に賢くなっていくような気がするんだけども(オイ)

でも重心と支点、棒の太さが違う時なども見慣れてきた。
通常の(って何だ)重りのバランスの計算などはスムーズ。
週テストの3枚目は第15回(てこ・1)の問題なんだけどそこは満点だったので
基本的なことはできるようになっているみたい。

後は今回の内容で、少しややこしくなった話のものかな。
これも演習して慣れて、それから手を動かしてやってくれれば。

最初はどうしよーと少し心配したけど、浮力・水圧に比べれば大丈夫かも。
てこや重りのつり合いはまだ目に見えるからわかりやすいのかな。
浮力もプカプカ浮いている立方体は目に見えると思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト