FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)/第10回
2013年04月27日 (土)
6年生の第10回は

・面積と辺の比(4)
・場合の数(4)


まず面積と辺の比。

比がどこまでも付いてくる6年生(汗)
特にここ最近は図形とのセットが多い。

Jmediaの映像授業もタイトル&順番が違うものを探し出して
見るようにしてるけど、比関係は多いのでどれがどれだかわからなくなる。
前も見たものをもう一度見てしまいそうな勢い。

今回も見始めてみたものの、うーん・・・という感じ(前に見たものではなかった)
そりゃカリキュラムの違うものを使わせてもらってるんだから仕方ない(笑)

基本問題をやってみて、わからなければ解答と解説を見て納得すればOKとした。
この頃は私もノータッチなので、自力で納得できて、次でできれば良いかと。
でも予習シリーズの解説はとってもシンプル(爆)なので「一緒にやって~」と頼まれた。

だって「~~だから、◆◆×2+◇÷3=□となり」なんてあるけど
その「2」や「3」はどこから来たんでしょうか?なことも多いから(汗)
わかる人にはわかるんだろうけど、何せ授業も聞いてないし
算数もギリギリ状態で渡っている日々なので最初はサッパリ。

私の最近の仕事はこうやって解説の翻訳作業かも(苦笑)
答えを見て逆から理由を見つけて(?)いくことなら私でも何とかなるので。

毎度言っている気がするけれど、図形はやっぱり着眼点なんだなぁ。
どれとどれを比べていくのかが分かればいいんだけどまだまだできない。
見比べるものがわかった後はできるので、比の扱いの練習ばかりになってるかも。

という私もパッと見てできなくてずいぶん遠回りすることもあるし
後はやり慣れることなのかなぁ。

比を使えるようになると算数がものすごくラクになるとはよく聞く。
ムスメは図形は割とできていて得点源だった気がするのに
比を使う図形になってからは達成度が落ちてる。これはよろしくない。

比を使った方が便利だし早いよー、という話ではなくて
図形の場合は比を使わないとできないのでここは避けて通れない(汗)

2つめの場合の数は第10回に占める割合が少なくて問題数も少ないので
基本問題はまずまず大丈夫だった。
ムスメは「私の好きなやつだー」と言っていたけどホントか??
私はめんどくさくて好きじゃないんだけど(苦笑)

練習問題はさすがに1回目では無理。
でも解説を読むと図形よりは自力で理解できるみたい。
てか、私に振られてもやりたくないですからー(コラ)

何とか算数も第10回まで終わった。

「面積と比」というシリーズ(?)はこの第4弾で終わり。
後は基本をきっちり理解・体得することと使えるようになること。
ゴールデンウィーク中にスペシャルデーを入れようかな。
スポンサーサイト