FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
Kids Web Japan
2013年03月10日 (日)
英検が終わって、これからは「使える英語」にしていきたいところ。

面接練習をしてもらった日本人先生に結果報告のメールを送った際に
話す練習(特にウェブレッスンで)はどうしたらいいか?と
いうようなことを図々しくもお尋ねしてみると、親切なアドバイスを頂けた。

ウェブレッスンでは
●先生が質問をしてそれに答えるのみでなく日常で気付いたことを
  積極的に語りその内容を会話を通して掘り下げる。
●レッスンで自分のこだわりがある私物を先生に英語で紹介し質疑応答をする。
●新聞広告を使い、広告を見ていない人に伝わるように
  人物、物、風景、色を英語で描写していく。

それから「音読」

これは英語学習の基本であり英語4技能全てに於いて最も大切なこと。
出来ればネイティブが録音したCDつきでそのスピード、発音、抑揚を
そっくりに真似て読めるまで練習するなど。

・・・ということだった。
音読は英語の師匠も「Let’s 音読 LOVE」と常日頃おっしゃってるので
本当に音読というのは基本中の基本で大事なんだな。

以前インターネットイングリッシュアカデミーでレッスンをしている時に
担任制で馴染みもあって力量もある先生だったので
マジックツリーハウスの挿し絵をスキャンして先生に送って
それを見ながらストーリーを説明してたこともあったっけ。

QQEでやってる3人の先生なら誰とでもできそうな気がするので
ムスメにどの先生でやるか選んでもらって、週3回のうちの1回を
こういうレッスンにすることにした。

挿し絵を写真で撮ってスキャンして・・・はちょっと手間なのと
欲を言えば子供向けニュース的なものをやってみたいのもあって
おもしろそうなサイトを見つけて、それを使ってみることにした。

【Kids Web Japan】
http://web-jpn.org/kidsweb/index.html

日本のことを紹介しているサイトで
日本語でも英語でも切り替えられるんだけど、もちろん英語表示で(笑)

日本語の勉強をしている外国の人が日本語表示にして使ったりもいいみたい。
日本の文化や習慣について学べるしね。

今だとお雛様のことが載っていたり、給食など学校生活のことがあったり
ムスメにも説明のしやすい話題なのでちょうどいいかなと。
それにムスメの指定した先生は日本語の勉強をしているそうなので
興味を持って聞いてくれそう(笑)

QQEのサポートに確認すると、トピックカンバセーションのコースで予約をして
ウェブページはリンクが開けないといけないのでファイルで送ること、とのこと。
それもレッスンが始まってから送ってね、とのこと(苦笑)

QQEはこの辺がケチシビアなんだよなぁ。
それだけカリキュラムが確立されててマニュアルで管理されてるってことで
丸投げでおまかせするには使いやすいんだけどね。

先生には楽しく聞き流すだけではなくて、間違っていたら直して欲しいと
リクエストを入れておいた。
フリートークに近いものになるとダラダラと話して終わり・・・なんて
ことになっちゃうからね。馴染みのある先生だとなおさら。

もちろん通じてナンボだからそれでもいいんだろうけど
でも学習者でもあるので、できれば「こう言うといいよ」や
よく使われる言い回しなどを教えてもらえたりするとありがたい。

自分のレッスンならまだいいんだけどね、子供のレッスンだし
横でつきっきりで見ているわけではないので。

これでQQEでの週3回はカリキュラムレッスン、カランレッスン、
このトピックカンバセーションの3本立てになった。
こういうレッスンもムスメの楽しみなものになるといいな。
スポンサーサイト