FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英検2級2009全問題集(四巡目)
2013年01月16日 (水)
古い方の過去問題集の四巡目。

大問1の語句穴埋め20問のみをやっているので1冊が早く済むようになった。

2009年度版英検2級全問題集 (旺文社英検書)

満点は20点、目標は6割5分の13点。
大問1しかやらないので、内訳も一緒に記録。

        満点    単語      熟語     文法
        20点   10点      7点      3点
-------------------------
●1回目・・・ 13点    7点  /  4点  /  2点
●2回目・・・ 10点    6点  /  3点  /  1点
●3回目・・・ 13点    7点  /  4点  /  2点
●4回目・・・ 15点    7点  /  6点  /  2点
●5回目・・・ 15点    8点  /  6点  /  1点
●6回目・・・ 14点    7点  /  5点  /  2点


四巡目ともなれば問題覚えちゃってるかも?(笑)

それならもっと良い点になるだろーってことで
おそらくほぼ初心のままやってると思う。
算数でも何でも「この問題覚えちゃってるもーん」ということがないので。

覚えてないというのはこういう時には便利だけど
「えー?覚えてないのー?」ということもあるので善し悪し(汗)

しかし点数的には目標に届くようになってきた。
単語7点+熟語5点+文法2点=14点だと7割なので。

このところ単語をまた重点的にやっているので
答え合わせをしていてもだいぶ違ってきた。

でも2回目はこの前(三巡目)と変わらなかったんだけど・・・(苦笑)

ムスメにそう言うと「えー?」という反応。
本人的にはやった感触の違いがあるみたい。
前回は当てずっぽうも多かったということか(苦笑)

今回はわかった上でやって、わかった上で間違えてるのは何となくわかる。
確かに当てずっぽうやチカラワザでねじ込んだ感はなく。
間違えたところも文章を勘違いしたり、文の意味がわからなかったりなので。

このあたりは大人なら常識で考えるとわかるんだけどなぁ、というところも
子供にはちょっとわかりづらかったりするみたい。
だから文章中の穴埋め部分にどういうものが入るかがわからないようで。
選択肢の単語から推測していけるといいな。

試験まであと10日。
次は新しい方の全問題集(2011)を。こちらも四巡目。
スポンサーサイト