FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テストC問題
2012年09月30日 (日)
週テストB問題の第1回~第4回の後はC問題をまた第1回から。

上巻までは週テスト問題集を丸ごと1冊やって、まとめて解き直しをして
できなかった問題は何度も目にしつつ潰していく・・・だったけど
下巻ではそういう前倒し的なスケジュールがもう組めないので
何とか復習ウィーク時で2巡目ができるように、と現在ひとまず1巡目中。

B問題は最後の大問の2問を間違えたりするくらいだったけど
C問題はさすがにそうはいかず(苦笑)

そういえばC問題って最初に計算問題3問、というのではなくて
計算1問、一行問題7問。それに2問分の大問がついて表面。
ムスメは表面は第3回までは表面はノーミスだったので基本は大丈夫かな。

裏面には大問が3つあって、1~2つができる状態。
できないのも間違えているというよりも途中でリタイアかな。
問題を一緒に改めて読むとわかる場合もあれば、少しヒントでわかるものも。

そのこと自体の根本がわかっていないというよりも
やり方はわかってるけど、問題でどう手を付けてっていいかが
わからなくて手が止まるって感じかなぁ。
図を描こうにもどう描いていいかわからない時もあるみたいだし。

とりあえず第3回まではCコースの平均点は取れてたのと
答え合わせの時の様子を見ていると何とか大丈夫そうかな。

第4回はちょっとビミョー。

第4回は速さの表し方(2)と割合に関する問題(2)で
兄と弟のお金のやり取りだったり、学校まで太郎と弟が歩く問題だったり。

一行問題で1問、同じく表面の大問で2問とも間違えた。つまり3問。
せめて表面はノーミスでいくようにしないとなぁ。
でも一行問題は勘違い(でもまたグラフの見間違いだよ・・・)、
大問も休憩時間を足し忘れるポカ。だから次の(2)も間違えちゃう。

(1)での正しい答えをそのまま(2)のやり方に当てはめてみたら
ちゃんと正解が出たので、やり方は合ってるってことなんだよね。
だから(1)はきちんと出しておかないとね。

やり取りは図を描けるようになってからスッキリできてるようだったけど
「兄の持っている6分の1を弟へあげて」とか「最後は兄は弟の2倍」とか
ハッキリとした金額が出ていないとわかりにくいみたい。

速度の問題はギブアップだったので私も一緒にやってみて
最初図を描き始めたもののややこしいなーと思って
フツーに聞かれてることにフツーに答えてみたら答えが出た。

「図書館に寄らなかったら何時に着きますか?」なんだもん。
日常生活に当てはめて考えてみたらそのまんまだった(笑)
難しく考えちゃダメだねぇ。

ムスメにも解答書の図を見せて説明するよりも
図なしで言葉で説明した方がわかりやすかったみたいだし。

2~3問セットだと(1)が出ないor間違えると後が続かないから
ホント、せめて(1)だけでもきちんとできるようにしないとなぁ。

まとめて解き直しの日を用意した方がいいかなと考えてたけど
そんなにドツボにはまった問題もなさそうだったので
解き直しデーは設けずに、復習ウィークで再度C問題をやる予定。

その前に明日は第5回(組分け回)の分をやってみる。
ここで不得意な単元がモロに出るんだろうなぁ。ドキドキ。

実は5年上巻までは週テスト問題を1日に2回分、なんて
やってたこともあるんだけど(特に休日は)
今回は1つ1つ丁寧に、というつもりもあって休日でも1回分ずつ。

なので内容は別として、気持ち的には少しゆとりかな。
理科も社会も英語の長文読みもあるのでバランス取らないとね。
スポンサーサイト



理科 3巡目
2012年09月29日 (土)
理科の人体、ニガテなんだよなぁ・・・私が(オイ)

先週末は第1回~第3回までの週テストCS問題を使って
まとめて「人体スペシャル」をやってみた。

問題をやってもさーっぱりわからなくて、というより言葉を覚えてないから
全然出てこなくて、テキストを見てまとめ直しをした。

それから1週間。
同じ問題だけど週テストCS問題の3巡目。
その前に予習シリーズの中にある練習問題もやってみた。

練習問題は今までは予習シリーズ→サブノート→練習問題でやるだけで
再度登場することはないんだけど、週テスト問題の聞き方とは違って
ダイレクトに名称や場所を聞いてくれるので確認にいいかなと。

サブノートは単語だけを埋めることになってしまって
ムスメみたいないタイプは「そこだけやって終わり」になりそうなので
サブノートはくり返しはやってない。多分今後も出てこない・・かな。

練習問題をやって答え合わせをしながら、「だったらこれは?」とか
「こっちのことは何て言う?」とか、問題に出ていないところも確認。
社会と同じで、問題を使いながらあちこちに伸ばしてみる。
少し私もスッキリしてきた・・・かも(笑)

その後の週テストCS問題は8割~9割程度。
満点じゃないところが何とも(笑)

ムスメはグラフから考えるorグラフにするのが苦手で
当たり前~なこともグラフにする問題ができなかったりする(汗)
答え合わせだとわかるのにねぇ。

こういう時、全くわからないんだったらまた説明して
理解していこうとできるけど、わかるんだけどできない・・・だと
どうしたらいいんだか。根本的にグラフが読めないのか?

ここ最近、少しペースを落として復習もゆっくりとやっているので
一時期の慌ただしさはなくて平和な我々。
来週は復習ウィークで週テストCS問題の4巡目。

今になってみると3巡でも今までと同じくらいな気がするけど
結果論だからなぁ(苦笑)
欲を言えばもう少し違う問題に触れたいような気もする。
そうか、過去問2年分用意すればいいのか(今ごろ)

まぁ初見問題で組分けテストの過去問が残っているので、後はそれだな。
・・・組分けだと各単元の問題量が少ないけど。

そうか~、社会もそうだ~。
何かいろんな問題に当たった方がいいんだよなぁ。

そういえば昨日のアメトークの勉強できる芸人スペシャルで
「算数の問題集は同じものをくり返し、理科社会は問題集を何冊か」が
推奨だとロザンの宇治原くんが言ってたっけ。

レベルは全然違うんだろうけど、算数はパターンが決まっていて
後は数字替えだから1冊の問題集を何度もやった方がよくて
理科と社会は問題の出し方が広いのでいろいろやった方がいいんだとか。
なるほど。

算数はこれまで通り予習シリーズと週テスト問題集をきちんとやり切って
理科と社会は違うものも入れていろいろ試したらいいのかな。
週テスト問題集2年分、考えてみるかな。
ウェブレッスン
2012年09月28日 (金)
QQEでのレッスンはレポートページがあるので毎レッスンごとの
進捗状況や内容がわかるようになってる。
先生によってはびっしり書いてくれたり、すごーく短かったり(苦笑)

IEAの時のような感想や先生自身の言葉などプライベート感はなくて
淡々とやったページ数が記録されているという感じ。
担任制じゃなくてその都度だから次の先生への記録ってことかな。

最近受けているカランの先生(お気に入り2番手)は
カランということもあってかページ数のみ。
でも他の先生だと内容もちょっと書いてあったりするんだけどね。

カリキュラムレッスンもお気に入りの先生でほぼ固定で
こちらも書くことが決まっているようで、ページ数とやった内容。
主にやった文章がずらーっと並べて書いてある。

現在Book4の半分くらいのところで、少し前は過去形をやっていた模様。
先生がチャットで打った動詞をムスメが過去形を入力して返していたらしい。
あら、いつの間にかキーボードも慣れてきたのかな。

過去形もなぜかすんなり理解していて(英語教室に行ってたからか?)
それ以降に新しい動詞が出てきても過去形・過去分詞形をわざわざ覚えなくても
いつの間にかすんなりわかってたので、この辺はラクだった。

cut-cut-cut は大ウケだったもんなぁ(笑)
brought も caught も何の迷いもなくフツーに頭に入った。
理屈が通じない感覚の子だけど、こういう時は助かるんだなぁ。

そこも過ぎて完了形をやった模様。
先生のレポートには

・have / has been to + place
・ever, never

とあって、どこに行っただの行ったことないだの、やり取りしたっぽい。
パターンプラクティスもやってるみたいだな。
(最近ほとんどやり取りは聞いていないので)

テキストを見てみると、その後も完了形が続く模様。
・・・ってあれか、「経験」「動作の完了」「継続」と続くみたい。
彼を5年前から知ってますとか、お母さんのドライヤーを壊しちゃった!とか。

とても復習になって助かる。
書いてあることはわかるし、テキストの並べ替え作文もすんなりできると思う。
ただ自分の口から出てくるかってなるとまだまだなので練習になるといいな。

しかし初めての人がここで完了形を英語で習うとしたら
それはそれでものすごく力がつきそうだな。
イラスト入りでわかりやすそうなテキストなので。

完了形の後は比較級・最上級と続くみたい。
あれ?比較級は4級、完了形は3級だったと思うけど外国では逆なもんなのか?
比較級は特に読めばわかるけど自分から使うのはハードル高いからな~。
練習になってホントに良さそう。

こういうテキストに沿ってパターンプラクティスも良いと思うし
ある程度は必要なんだなと思うんだけど、それだけではなくて
何か題材を使って自分の知ってる言葉から使って話す練習もしてみたい。

なんて言うかな、算数で「これは☆☆算だよ」と言われて解くのも
最初はパターン練習で必要だろうし大事だと思うけど
次はいろんなジャンルの問題をヒントをもらわずに自力で解く練習
・・・みたいな、そんな感じ。

テキストを使ったカリキュラムレッスンも続けつつ
こういう枠のない(?)フリーなレッスンもやってみたいなぁ。
フリートークやトピックカンバセーションってのは先生の力量が大きいし。

希望としてはムスメが会話を楽しめるようなレッスンを
週に1回どこかで入れられるといいな。ちょっと考えてみようかな。
(定期的に言ってる気がするけど・笑)
語句・漢字
2012年09月27日 (木)
すっかりと影をひそめてしまっている語句・漢字の話。

うーん、もっとやらなくちゃ・・・なのだけどぶっちゃけ今のとこやってない(汗)
いつからだ?いつからそんなことになってたんだ?

テーマ別特訓ノート国語言葉―国立・私立中学受験

記録を見てみると、コレを最後にやったのが今年の1月(汗)
ちょうど1年前、4年生の10月から使い出してる。

そうだ、4年生の夏休み終わりから組分けテストを受け始めて
国語の出来なさ、その中でも熟語の知らなさに驚いて始めたんだった。
実際にこの問題集の順番通りでなくまず四字熟語から手を付けてるし。

四字熟語・ことわざ・慣用句・語句の意味、それぞれのページごとに
「重要語チェック」「チャレンジ問題」があるので
まず「重要語チェック」を二巡してから「チャレンジ問題」をやった。

だいたいできてるかな、ということで終了したのが4年の冬休み終わり頃。
というわけでそれっきりこれっきり。

あ、一応は終わってたんだな。中途半端で途切れてるわけじゃなかった。
それすらも覚えていないってのもどうなんだ(苦笑)

組分けテストを見ている限りではことわざや熟語(漢字書き取り以外)も
最初の頃に比べればできるようになってるとは思う。
この特訓ノートのおかげか、年齢的な成長かはわからないけど。

まだ3年、4年の頃は受験用に言葉を覚えるのってねぇ・・・という
気持ちもあったんだけど、そんなことを言ってる年頃でもないし
ここからは言葉関係もやっていかないといけないんだよな(汗)

5年生のうちにもう一度この「テーマ別特訓ノート」の1冊通しでやって
6年生になったら「出る順」で全部を復習?していくことになるかな。

テーマ別特訓ノート国語言葉―国立・私立中学受験中学入試でる順ことばの問題3000

++++++++++++++++++++++++++++

あとは漢字。

4年生の2月に漢検7級(4年生相当)を受けて、その後から
5年生の範囲をまず見て、次に漢検向けドリルを使った。

5年の漢字ドリル辞典漢字検定6級トレーニングノート―合格への短期集中講座

ムスメの場合、字面だけは覚えが良くて使う方がダメだからなぁ(汗)
漢検向けドリルを使っていろんな熟語を見ていくようにしたんだった。
一応こちらも夏休み前くらいにやり終えてはいる。
ここまでは国語の読解ドリルと並行してやってきていたっけ。

確か学校の宿題の自主勉強に使ったりしたんだっけ。
この自主勉強に思いのほか時間が取られてしまって予定外だった気も。

漢字は学校でもやってくるので、つい後回しにしてしまう。
組分けテストの結果を見るとそんなこと言ってる場合じゃないけど(汗)
いけませんなぁ。

漢検は2月上旬に6級(5年生相当)を受けようか、うっすらと考え中。
薄いので立ち消えることも考えられる。

もうこうなったら5級(6年生相当)は入試後の2月に受けちゃうか(爆)
一応中学生になっても順次受け続けていこうと思えば無意味でもないし。
総復習でいいじゃん、なんてね。

本当は11月に6級、5年生のうちの2月に5級なんて絵空事も考えたけど
まずもって11月は無理だよなぁ。今から過去問やれば間に合うのか?
でもなぁ、組分けテストの前日だしなぁ、そこまでやる必要もなぁ(ぼそぼそ)

現実的には今度の2月で5年生の総まとめで6級、
6年生の11月に5級、それから入試がやってくるという感じか。
まぁ5級のことは追々考えるとして、とりあえず5年生の分は
これまでと同じペースで年度末に総仕上げで受けるということで考えておこう。

漢字も6年生になったらこれを使うつもり。

中学入試でる順漢字3500

もっと早くに使えよって気もしないでもないけど
算数・理科・社会が6年生の1学期で範囲が終わるので
それ以降の総復習の時にやろうかと予定中。
多分6年生の2学期以降はラストスパート!という風でもないと思うので。

しかし来年の今頃・・・はもう総仕上げの時期なのかと思うと
またまた身が引き締まる思い。
でも逆に思えば、今が一番上り坂のキツイところなのかもしれない。
週テストB問題
2012年09月26日 (水)
算数は長かった第9回までの解き直しが終わって
その後は週テストB問題を第1回からやっているところ。

B問題だし、1日1回分なので割と負担が少なめ。
その分社会や理科、ようやく登場の国語にかけられるので助かる。

来週の復習ウィークではC問題の2巡目をやりたいので
その予定の逆算で、解き直しは少し詰めちゃったんだけどね。
反省・・・もあるけど、予測よりも解き直しが終わらなかったんだもーん(汗)

B問題の第4回までが済んで、ここまではほとんど大丈夫だった。

第2回の売買損益(仕入れ値・利益ってやつ)と図形の回転移動は何とノーミス。
珍しく計算ミスもなかった。珍しいっていうのも何だけど。

その他の回もミスはなく、最後の大問の2問を間違えるという同じパターン。
それもちょっとしたひっかけ(か?)に軽くひっかかってしまったので
「こういうところは気を付けよう」と見直しをした。

先日の志望校説明会の後に過去問を見て思ったとおり
B問題を確実にやれるようにするのがひとつの目標となってもきているので
前のように消化することではなく(その時もそんな気はなかったけど)
1つ1つきちんとやって、きちんと確認していけるようにしたい。

B問題はできてもC問題になるとボロボロ・・・ということも多いので
明日からのC問題も丁寧にやっていこう。
語呂合わせ
2012年09月25日 (火)
社会は第1回~第4回の週テストCS問題を2回やって
何となくすこーしずつカタチになってきたような・・・ところ。

1回ずつ区切ってやらないので余計に時間がかかるんだろか。
でも第2回以降は選択肢の中にそれまでに出てきたものが混ざってるし
そう思えばどの回も復習になるのでまとめてやってる。
(やるのは1日1回分ずつだけど)

ちょっとカタチになってきて、ふと気がついた。

年号ってあんまり覚えてない(苦笑)

中学の定期テストのように「★★が起こったのは何年ですか」みたいに
ダイレクトに出るわけでないと思うし、流れの前後だけ押さえておけば
いいかな、とちょっと思ったんだけどどうなのかなぁ。甘いか(汗)

週テスト問題を見ていると、「時代の古い順に並べなさい」というのはあって
ムスメは年号ではなくて話の内容で並べ替えをしているので
そういうところでは必要ないんだけどね。

でも一応やっておかないといけないなと思って語呂合わせを調べてみた。

私自身はあまり語呂合わせで覚えた覚えがなくて
(って実はそれすらも忘れてるという重症なのかも)
単語帳でやった覚えもないし、年号ってどうやって覚えたのかなぁ。
覚えなかったんだよ、というオチだったりして(汗)←それすらも記憶喪失。

語呂合わせをネットでちょっと見てみたら、いろいろあるんだなぁ。
イイクニ作ろう鎌倉幕府あたりはベタで定番だけど
それ以外は同じ年号でも語呂の合わせ方がいろいろ。

何タイプがあるので、予習シリーズ内に出ている年号の分を拾い集めて
ムスメに見せてみたら、語呂合わせ自体には興味津々。
鎌倉幕府の回に話した「イイクニ作ろう」は覚えてたようだし。

だけどムスメには使えなさそうなモノが大多数。

例えば「634」で「ムサシ」と読むくらいなら大丈夫だけど
「23」を「フミ」と読むのは「???」だった。
ひぃ・ふぅ・みぃ・・・のことを知らないから当然か。

試しにネットで拾ったものを読み上げて
言葉から数字に直せるか試してみたんだけどほとんどダメ(苦笑)

それにムスメの場合、目的と手段がすり替わることが多い子なので
語呂合わせは覚えたものの肝心の年号が数字に直せません・・・な気がする(汗)

一番良いのは「自分で語呂合わせを作れ」ということみたいで
それも提案してみると「やるやる~」と乗り気なので作ってみよう。
ちょうど今日から週テストCS問題の3巡目に入るので1日1回分ずつ。

ネットで見つけた中で大ウケして採用決定したものは

「何!?三代まで所有できるの!?」 → 723年 三世一身の法

こういう系がいいのか(笑)

三世一身の法や、その他の言葉・事柄自体は頭に入ってきているので
ここで年号を足していくことにしよう。
何か名作ができるかなー(笑)
学校説明会
2012年09月24日 (月)
2年生の時から行っている学校説明会も早4年目。
年に数回あって、多分どれも資料や内容などは似通っているようなので
これまでは年1回は行くようにしてきた。

6年生ともなれば直前の回は必要な情報もあるだろうし
6年生対象の行事もあるので、来年度はできるだけ足を運ぶつもり。

今年は最初の方と最後の方で行こうかなと思って
これまで参加しなかった少し規模が大きそうな説明会に行ってみた。

今回は生徒さんもスピーチ(?)する機会が設けられていて
この学校を選んだ理由や部活動のこと、将来の夢なんかを聞かせてもらった。
中高一貫だけあって中学生だけでなく高校生のお姉さんも参加して
留学経験についてや、中学生よりも具体的な進路のことを話してくれた。

これ、親だけでなく子供にもすごく良かったみたい。
ムスメはますますこの学校に通うのを楽しみになって、部活も決めたらしい(爆)

それから「私は留学するならどの国がいいと思う?」なんて言い出した(驚)
中学でも希望すれば夏休みに外国(行き先は決まってる)に1~3週間行けるので
前にその話をした時は「寂しいから行かない」なんて言ってたのに(笑)

行き先をどうしようかなー、なんて言うところをみると高校の年間留学のことかな。
実現するかは別としてもそんなことを思うようになるなんて
実際の生徒さんの体験談を聞くっていうのは響くんだなぁと実感。

よく、志望校が決まらない時などは学校見学に行けって聞くけど
やっぱり実際に見たり聞いたりっていうのは大きいんだなぁ。

頂いた資料は過去問とその他の詳細について。
入学者数や試験の点数なども書いてある。
平均点が下がっているので、やはり問題は少しずつ難化しているらしい。
そうは言ってもまだまだ基本レベルなんだけども。

でも最新の過去問を見てみると(特に算数)、その一年前よりも
またさらに受験算数を盛り入れてるなというのが私でもわかる。

それに問題数も増えてるし。
テスト時間は変わらないのでこれも平均点が下がる理由なのかも。

以前は学校の勉強がきちんとできていれば大丈夫という話だったようだけど
さすがに受験算数レベルにしたら基本的な問題だと言っても
やってこなかった子にすれば「見たことない~」となるだろうし
ガッツリとした受験勉強は不要だとしても、全くやらないのとはワケが違う。

レベルは高くない学校だけど、ちゃんと準備してきてよかったなと思った。
中学受験を考えた頃にも思ったことだけど
「去年までは倍率低かったのに今年は急に上がった!」とか
数年経つうちにどうなるかわからないしね・・・と思って勉強を始めたんだった。

帰ってきてから私だけ過去問にもう一度ゆっくり目を通してみる。
算数はまさに今、5年生下巻でやってるような見慣れたものが多い。
今わからないものは比くらいかな。

多分、予習シリーズの基本問題か、練習問題の最初の一行問題くらいまでを
しっかりやっておけば大丈夫かなという感じ。
週テスト問題集だとBコースを抜けなく確実にできるようにしておけば
多分最後の問題まできちんと取れるだろうなというところかな。どうかな。

傾斜配点なので理科や社会は問題数が少ない。
なので出ている部分はほんの少し。

理科は女子校らしく(?)生物系、天体、植物や水溶液というところかな。
物理系や電気系は数年見ててもほとんど出てないような。
あー、生物に植物に水溶液・・・ムスメがビミョーなところじゃないか(汗)

社会は地理、歴史、公民、全てからすこーしずつ。
だって配点少ないんだもん、問題数自体が少ないわけで。
四谷の組分けテストに慣れてると「少なっ」と思うだろうな(苦笑)

そういえば理科は理由を記述で書かせる問題が増えてたように思った。
何だろうなぁ、算数と理科は段々と変わってきているように思える。
国公立大学への進学にも力を入れてるみたいだからかな。

それから今回は初めて個別相談というのに座ってみた。
6年生になってから質問してもいいんだけど、一度聞いてみようかなと思って。

携帯電話持ち込みのこと、災害時の対応、英検を受けたい場合のこと、
宿題のこと、部活動のこと、高校で分かれるコースのこと。

携帯電話は全面禁止ではなく申し出をすれば良いらしいのでちょっと安心。
ナシでもいいんだろうけど、何せ電車通学ともなると心配で(汗)

災害時の対応も地震だけでなく、ここ数年増えた豪雨などもあるし。
回答はとても満足のいくもので割と休校や早退の判断も早いみたい。
この手の判断って「えー、また休校?」と思う家庭もあるだろうけど
うちは早い分には構わないのでありがたい。

英検受検も希望があればサポートするし、面接官をやってる先生がいるので
面接練習などもできます、とのこと。いいなぁ、中学生って(笑)

宿題も特に数学と英語が多いと言えば多いかも・・・とのことだけど
英語でアドバンテージがある分、他に回せるので大丈夫だと思いますよとのこと。

部活動はムスメが心に決めたものがあるのでその部活について(笑)
まぁ何事も体験入部してからだけどね。

その他のことも親切にいろいろ教えてくれて、質問して良かった。
今回は先生だったんだけど、シスターが対応しているコーナーもあったので
次回はシスターとお話をしてみたい。

学校そのものの変化はわからないけど、入試に関しては
何だかいろいろと変化を感じる説明会だった。
それでも熱望する気持ちは変わらないので、これからも引き続き頑張るのみ。
国語読解ドリル
2012年09月23日 (日)
国語の読解ドリル。

トップクラス問題集国語小学4年―中学入試をめざす 徹底理解編

4年生版だけどね(笑)

ついつい後回しになりがちで、なかなかできていない。
9月頭の公開組分けテストの前には休みボケしてちゃいけないと思って
少し気を付けて続けてやるようにしてみた。

その時は物語文だったかな。
テスト前ということで普段の母音読・子黙読ではなくて自分でやった。

その後に物語文がすぐに終わったので、今は次の章の随筆。
・・・って最近ホントにやれてない(涙)

算数が、算数が~~~。

算数にすっかり鋭気を吸い取られてしまい
社会と理科にも脳みそを埋め尽くされてしまい
そんなこんなで・・・以下略。

算数の予習シリーズ解き直しが終わって週テストに入ってからは
週テスト1回分ずつなので案外と平和で、おかげで国語までやれるように。

そういえばテスト後からは母音読・子黙読をしていない。
正直言うと時間がかかるからっていうのもある。
英語の長文を一緒に首っ引きで読み込んでると時間取られちゃうし。
それからムスメの希望というのもあるかな。

随筆はムスメにはちょっと難しいかも・・・って国語全般難しいんだけども。

説明文は書いてあることだけを考えればよくて
物語文もだいぶ慣れてきた。
随筆は説明文に加えて筆者の考えが付け加えてあるので
人の考えをくみ取るのがやや苦手なムスメには「??」みたい。

もちろん基本は「書いてあることが全て」なんだけど
ここでまた「一般的にはこうあるべき」という子供視点を発動するので
まんまとひっかかって違う選択肢を選んでいたりする。

うーん、素直(違)

どこが筆者の考えで、どこが説明されている事実なのかも
まだ線引きがしづらいみたい。

今になってみると物語文の方がやってて説明しやすかった気がする。
心情変化がわかりやすい題材が多かったのか、4年生の基本編だからか
話していても本人に伝わりやすかったような気がする。

随筆はまだ入ったばかりなので、ここはまた親音読・子黙読に戻さねば。
ムスメは嫌がるかな。時間かかるからなぁ。
でも自力で毎日やるよりも、日数を減らして(毎日じゃなくても)
親音読・子黙読のカタチの方がいいかも。

とりあえずこの徹底理解編の1冊は一緒にやってみよう。
何せ次にこのノーマル編とハイクラステストが控えてるんだから。
それも4年生版の(笑)
理科 人体スペシャル
2012年09月22日 (土)
理科は9月に入ってから第1回~第7回のCS問題(1回目)を復習でやって
後はこれまで通り週末に予習シリーズ+サブノートで先に進めてきた。

第9回の一連の流れ(テキスト~週テストCS問題まで)をやったところで
一旦先に進むのはストップしてこの週末は第1回~第3回の復習に。

覚えることが多いんだもんなー。
計算して出さなきゃいけない分野よりもいいのかもしれないけど
栄養素の名前やはたらきは容赦なく多い(汗)

第3回での血管も大動脈、大静脈、静脈血、動脈血・・・
夏休み中は結構覚えたけど日にちがあいたら忘れてるってもんだ(汗)

それで時間が取れる休みの日に週テストのCS問題の第1回~第3回を
まとめてやって、まとめてガッチリと確認してみることにした。

ここは「動物とヒトのからだ」なので、まとめて人体スペシャル。

今回のCS問題は2回目。
1回目の時も答え合わせをしながら確認をしてあるんだけど
その後で日にちがあいてるし、くり返していないから抜けてるだろうしなぁ。

一応心臓・血管の仕組みは映像と共に確認しておいたので
少しやれば思い出すんだけどね、今度はそれを定着させるのが目的。

やってみると1回目の時よりはまだマシ・・・か?

第1回は割とスムーズ。
学校で筋肉の動きなんかをやったことがあるからかな。
やっぱり侮っちゃいけない学校の授業(理科は特に)
ちょっと忘れてるところを確認。

あとは「目のつくり」と「耳のつくり」は全然覚えておらず。
相変わらず音が振動するのは「うずまき管」と答える。
どうしてもどうしてもうずまき管が使いたいらしい。
(確かAB問題でも、前回やったCS問題でも同じように書いてた)

今さらながら目と耳の絵を描いて名称を確認。
最初にやれよって話なんだけども。

第2回は栄養素関係の話。
CS問題を見た後にテキストを見ると、出てないところがいっぱい。
そりゃそうか。

だから週テスト問題だけができても穴はありまくりな気がする。
内容が多いので全部は問題に出せないだろうしねぇ。
これが組分けテストならもっとピンポイントでしか出ないんだろうなぁ。
こんなところでヤマ張るなんて無意味なのでとにかく全部見ておく。

消化液も今さらながらまとめる(汗)
しかしまとめただけで頭に入るわけもないのでどうするかな。
問題をやるといってもCS問題だけではほとんど出ないからなぁ。

意外とテキスト内の練習問題の方が用語関係をダイレクトに聞いてくるから
そういう点の確認にはいいのかもしれない。これもまたやっておこう。

第3回は心臓やら血管の話で、だいぶ見ておいたので
いけるかなと思ったけどやっぱり忘れてる。
でも心臓の図に矢印やら書き入れながらやっていくとすんなりと思い出す。
でも問題用紙には何も書いてない。

・・・だったら書こうよ。

どうして何も書かずに考えられるかなぁ。不思議だ。
でも根本的にはわかってきていると思うので後はこちらも定着。

血液の循環についても同じで、図を描いて必要な項目も書き入れた(今頃)
だいたいわかってきてるかな。

こういうのって最初にやる時に図を描いてまとめておくべきなんだろうか。
最初の時ってテキスト読んで、話して、必要なら10min.とか見て
サブノートやって・・・で時間を結構使ってしまうからなぁ。
どうせその時に書いても覚えないだろうし・・・って親が言っててどうする。

何度かやってからまとめるから再確認になるってこともあるのかな。
うーん、書いたところで頭に入る人ではないので微妙。
私なら真っ先に手が動いてしまうのだけどねぇ。

理科も社会と同様で、これまでのようにCS問題を2回やってから
復習ウィークに入るのでは足りないと判断。
なので今日で2回目だったので、来週また3回目をやる予定。

とにかく覚えないといけないことが多くて、使いながら覚えると言っても
普段使うことのない話ばかりなのでね(笑)

そういえば「暗記作業」というのはうちでは出てこないな。
やりながら覚えていくので定着作業って感じか。
ただ、この「やりながら」がどこまで通用するのか。

というより、この下巻で通用するのかどうか。未知の世界。

とにかくたくさんやれればいいんだけどね、社会も同じ状況だし、
そして算数も英語も。時間には限りがあるし。
・・・ここで国語が出てこないのはどういうわけだ(苦笑)
Who Cloned the President?(Capital Mysteries)
2012年09月21日 (金)
1か月以上ぶりの私の読書記録。
(ちなみにムスメはほとんど読めていないのでしばらく記録予定なし・涙)

Capital Mysteries #1: Who Cloned the President? (A Stepping Stone Book(TM))

Who Cloned the President?・・・YL:3.1 ●語数:6,837

子供向けの探偵モノで「Capital Mysteries シリーズ」
これも有名ドコロみたいなのでいつものようにシリーズ1作目だけを買ってみた。

Capital Mysteries というネーミングだけあって、ワシントンDC在住の子供が主人公。
それで第一作目はホワイトハウスが舞台。
4年生の女の子と男の子がホワイトハウスに忍び込み・・・というあり得ない話(笑)

A to Z Mysteries を書いたのと同じ作者らしい。へぇ。

A to Z Mysteries: The Absent Author (A Stepping Stone Book(TM))

こっちの A to Z Mysteries シリーズは田舎の子の話なので住み分けか。

どちらも大人向けの題材(大統領とか、A to Z Mysteriesなら作家さんとか)が
絡んでるので大人が読んでもちょっとスリリングかも。
前に読んだ子供探偵はペットのハムスターが消えたとか、
女の子同士のパーティの招待状が消えたとか、割と小さな世界だったからなぁ。

ムスメは今回読んだ Capital Mystery をパラパラと見てたことがあったけど
残念ながら「ちょっとよくわからない」と言っていた。

そうなんだよなぁ、子供向けの本だからきっと簡単な単語なんだろうけど
普段2級の過去問で目にしてるのとはあまり被らない。特に動詞。
よく使われる平易(?)な単語を自分達は案外と知らないのかもしれない。

多読なので基本的に単語は推測して読むか、
同じ単語がよっぽど続けて出まくって気持ち悪いなーと思ったら調べるくらい。
だけど思い切って書き出して意味も書いてみたら意外といいのかも?なんて。

精読にするつもりはないけど、何度も出てくるものならね。
特に動詞なので他のを読むのにも助かるかも?

でも文章的には普段読んでる過去問の長文よりは読みやすくて
多少長くても左から読んでいくのでほとんど困らない。
そうだな、説明文じゃないからひとつの文章が短いのかもしれない。
関係代名詞で繋ぎまくることってほとんどないし。

後は単語だなー。
今も場面や話の意味がさっぱりわからないってことはないんだけど
単語がわかればもう少し情景がわかったり
話のおもしろさがもうちょっとわかるのかもしれないなぁ。

さ、次は何読もう。
基本的にムスメが読むであろう本を先に読むという位置づけなので
アダルティック(←こんな言葉あるのか?・笑)な本はあまり選べない。
探偵モノばっかりになっちゃうなー。

MagicTreeHouse でも久しぶりに読んでみるかな。