FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
復習ウィーク
2012年07月11日 (水)
日曜に夏の学力判定テストがあるので、今週は復習ウィーク中。

算数・理科・社会は週テスト問題集から夏の学判テストの過去問と
組分け回(第5回、第10回、第15回、第19回)、
それから今年度実際に受けた組分けテスト(3月、4月、6月)の3回分。

普段はコピーした問題用紙に答えを直接書き込んでいて
時間も理科と社会は時間切れになることがほぼないので算数のみ計測してるけど
今回は週テスト問題集の分は解答用紙を用意して、時間も計る。
(実際に受けた過去問は解答用紙がないのでいつも通り問題用紙に書き込み)

国語は通常の読解ドリル+実際に受けたテストの中の語句と漢字問題だけ。

復習ウィークの分の解き直しの日は別で用意はしていないので
答え合わせの時に見直して解き直し。
どれも少なくても1度はやっているものばかりだしね。

第15回までの分は実際に組分けテストを受けているので
その前の復習ウィークで各回の週テスト過去問もやって反復してきているけど
第16回~第18回が範囲というテストは特にないので若干手薄な印象。
(第19回分に当たる組分けテストは上巻全部という範囲なので)

ただ、範囲が広いってことは出るものも少しずつなので助かる部分もある(苦笑)

範囲が狭いと1つ1つの単元でしっかり出題されるから
何か苦手な単元でもあるとドーン!と落としてしまうからね(汗)
だからムスメは範囲が広い方が多少いいのか・・・(これでいいのか?)

こういう復習ウィークの時も点数にはこだわらず覚え具合の確認が目的。

前にできていたものができなくなっていないか?
前もできなかったものがやっぱりできないままじゃないか?
理解しないままきちゃってるのか、理解が完全ではないのか。

だから難しい問題はできなくてもよし。
間違え方を見れば理解できてるのかできてないかもだいたいわかるしね(苦笑)
って、これは私がわかるだけか。
もちろんそこを本人にもフィードバックして補修していくわけだけども。

ちなみに最初の頃のものなんて結構忘れてるんじゃないか?と思いきや
これが意外と最初の方がよく覚えていたりする。

そうだよなぁ、テストは既習部分も出題されると言われているので
古いテストも復習ウィークのたびにやってるからね。

だから古いテストの方がくり返し何度も復習してることになって
後になるほど復習回数が少なくて知識が浅めになるのかも。
回を追うごとに見ていると何だかそんな気がしてきた・・・。

何だかね、これだけまとめて広範囲な過去問をドーンとやると
どの単元がスッポリと落とし穴にハマってるのか明らかになってくる(汗)

算数は問題数が多いし、明らかにコレ苦手でしょー!というのは少なくて
社会も丸っと地理なのでどの地域が苦手ということもないんだけど
問題は理科。

多種多様にわたっている理科なので、間違えたところを見直してみると
大問ごとで出来具合がハンパなく差がある(汗)

得意なものは間違えたとしても1問ずつくらいなのに
得意じゃない(?)ものは立て続けに当たっていなくて正解は半分以下とか。

これまで理科が一番安定してたのが嘘のような感じ。

週テスト問題集を全部最後までやった後に、
同じ範囲の今年度の過去問を最初の回からやるので
どのあたりがマズイのかが再度確認できそう。

ムスメの場合、できるものは何度やってもできるけど
できないものは何度やってもできましぇん・・・だからなぁ(みんなそうか)

しかしこうやって上巻分を丸ごと総ざらえで復習する機会ってのは
いろいろ見直す機会になってありがたい。
スポンサーサイト