FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
公開組分けテスト(5年/第3回)
2012年06月10日 (日)
今回の公開組分けテストは6週間ぶり。
ゴールデンウィークを挟んだだけで、ほぼ通常ペースでやってきた。

復習ウィークも何とかいつも通りには済ませて・・・って国語はどうした(おい)

忘れてたわけじゃないんだよ。
ちゃんと「3ステップでわかる文章読解」は入れてある。できる日には(汗)
時間が足りなくてナシになった日もちょいちょいあるからなぁ。

午後から受験なので今日は国語の読解と語句・漢字のみを。

語句と漢字は5年生で受けた過去の問題3回分(春の学判含む)

それにしても書けない~~(涙)
文字そのものは全て終わらせて、言えば単品だったら書けるのに
熟語になるともう(涙)

そしてバラして意味も言ってみると「あ~、そういうことか」

・・・もう聞き飽きました(涙)

塾までの道中は今日もまた理科のヤマかけ談義。
社会は地理だらけだから何が出てもおかしくなくて、理科は単元が分かれてるので
今回の範囲じゃないところだと何が出るんだろうね~とヤマかけ。

月はもう出ないと見せかけてまた出たりして。いやいや天気図じゃない?
私のヤマは外れるんだけどね。
ムスメも軽く聞き流しながら予習シリーズを見ていた(苦笑)

+++++++++++++++++++++

帰ってきて自己採点をしてみると


・・・・・・・かなりガックリ。残念な結果だ(涙)

算数、ポカミス4つ。32点なり。
筆算する時に転記ミス1つ、計算ミス2つ、図形で足し忘れ1つ。
足し忘れは入れないとしても3つで24点。

これがちゃんと(てか当たり前に)できていたらムスメのフツーな感じ。
だから平均ギリギリってくらいかなぁ。

国語はもう語りたくないほどの酷さ。
(漢字・語句系は除く・・・ってこれは普段からアララなので)
まず、何も線や印をつけずに読んできたことでもうガックリ。

普段やってきたことは何なんだ。
国語でこれまでやってきたことって一体なんだったんだろうって。

いや、結果がどーのこーのじゃなくて。
一生懸命やれることをやって間違えてきたならまだしも
何もしないでこんな酷さじゃ、どうしようもない。

ムスメにも話したけど、自宅組で手探りでやっている以上
自分達のやり方が合ってるのかどうか、こういう時が振り返る機会なので
普段のやり方で力を出してこないことには勉強方法を見直そうにも見直せない。

理科や社会、算数は形になってきていて、今の回し方でも
あながちマト外れではないというのはわかってきた。
後は国語。

国語は結果が見えにくいものだし、テスト3回分くらいは続けてやってみて
取り組み方なんかも考えたり見直したりしたいと思うのに
「これでやってみよう」と決めたことを実行してこないことには話が続かない。

やったり、やらなかったりでは、とにかくお話にならない。

行く前に念押しすればよかったか。
前回は「国語の問題用紙がキレイなままで帰ってこないこと」と約束をした。
それでムスメにしたら良い結果が出た。ムスメも読みやすかったと言ってた。

今回はもうわかってるものだと思ってしまって何も言ってなかった。
・・・てか、そこまで言わなきゃいけないのか??甘いのかな。
でも習慣として定着するまでは言い続けた方がいいのかも。

どちらにしてもムスメに合ったやり方で・・・と模索してみても
本人がテストでやってみてこないことには何ともならない。

改めて、自宅組にとってテストっていうのは
日頃のやり方を確かめる貴重な場なんだなと思った。
ムスメは思っていないだろうけど、少なくとも私はそう思ってたんだな。

同一化し過ぎかな、こういうのちょっと危険かな。
ハマり過ぎているのかな、気を付けた方がいいのかな。

結果よりも内容よりも、取り組み方に自問自答。

ムスメは切り替えが早いので何事もなく至ってフツー。
私1人で考え込んでしまっていて、何だかなぁ・・・と思うけど
これはこれでいいのかもしれない。

こんな2人の組み合わせじゃないと自宅組はやってられないのかも。

ムスメが頑張ってるのをわかってるから
ちゃんと結果をカタチにしてやりたいと思うから
思う分だけ考えてしまうんだな。

私も切り替えて頑張ろ。まだまだ続くんだもんね。明日からもコツコツと。
スポンサーサイト