FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
Book4スタート(QQ)
2012年06月05日 (火)
ちょうど1週間くらい前にOne On One(これで話せる英会話)の
テキストがBook4へ進んだ。1ページ目を少しやったくらいだったかな。

それからOne On Oneは少し間があいて久しぶり。
先生もいろいろ試している最中なので初めての先生。

ムスメが黙っていることが多いので気になって聞いてみていると
どうも先生がずーーっと説明しているっぽい。
ホワイトボードを使ってあれこれ書いてくれている模様。

カメラに映り込まないようにして隣に座ってテキストも見てみると
「am / is / are」の使い方をやっているらしくホワイトボードもその話。

えーと・・・

もうわかってるからいいんです!と邪険に扱うつもりもないし
基本は大事だと思うし、ムスメは知ってても(読めても)まだまだ使えないので
サポートの人と相談してカリキュラムレッスンではBook3から始めた。

確かBook3の最初もこんな感じだったけど、段々と普通(一般動詞)の文章を
やってたと思うし、このあたりはカリキュラムでも通り過ぎたと思うのだけど。

あまりに先生がずーっと説明していて(それもHe is~とか)
ムスメは黙っているだけでちっとも進まないので途中でムスメに確認。
やってる内容はもちろんわかってるけど、先生の例えがよくわからないとか
テキストのどこをやってて、どれを答えればいいのかよくわからないらしい。
そういえば「~ってどう思う?」なんて聞かれて黙ってたしなぁ。

まだ半分以上もレッスンタイムが残っていたので、ムスメに代わってもらって
グラマーはわかっていること、テキストは理解していること、
先生の指示がよくわかってないんだと思う、ということを伝えた。
(私の英語なので伝わったかどうかは不明・笑)

その後はテキストの穴埋め問題に移ってやってくれたので多分通じた・・・かな。
He (   ) from Japan.とかなのでササッとやって次へ。

次は、先生の後について「one・・two・・three・・」と20までリピート。


・・・えーと。



決して「ウチの子はこんなことできるんザマス!」と言うつもりはなくて
でもでもうちにとっては貴重な時間を使って(お金も)受けているので
さすがにこれはどうなのかと。

前のずっとやってくれてた先生だったらムスメの様子を見ながら
できそうなところは確認に留めて進んでくれてたんだけどなぁ。
今日は初めての先生だから仕方ないか・・・

でもこれからしばらくは初めての先生をずっと入れているので
毎回こうだとさすがにムスメもモチベーション下がるんじゃないかと。

Book4でも途中からはまた普通な感じになるんだけど
やっぱり先生によるところが大きいのかもしれないなぁ。
たまたま丁寧な先生で、たまたまテキストのスタート地点だっただけで。

うーーん。

次のユニットも「How are you?」だしなぁ。
そして数を数えるのが20~30、40、50・・・90とあるぞ。
その次は「What language can you speak?」か。
この辺も can をひっくり返して使うとか、そういう説明が載ってるから
先生によってはホワイトボードで書きながら説明してくれちゃいそうだなぁ・・・

前の先生は多分わかりそうだったらササッと説明するか
問題をやらせてみて気になるところを説明してくれてたんだと思う。
ホワイトボードに書いて教えてくれてたところを見たことあるし。

そういう状況を見てやってくれる先生だったんだなぁ。辞められて本当に残念。

一応ムスメには、Book4も進んでいけばいろいろ出てくるし
先生も毎回変わるから、とりあえず様子を見るように言っておいた。

普段レッスン中に横から手や口を出すのは嫌がる子なんだけど
今日は素直にヘッドセットを渡したところを見ると、やっぱり困っていたらしい。
「途中で代わって、言いたいこと言えるママはすごい」と言っていた。
大人なのでね、伝えたいことがあるときはきちんと言わないとね。

ムスメは黙ってしまうところがあるので今日みたいになることもあるんだよなぁ。

黙ってしまうと、先生は内容がわかってないと思ってしまうし。
本当に内容がわからないのか、わかるけど先生の質問がわからないのか、
先生の質問はわかるけど答えがわからないのか、何なのか。

そういう自己主張は(英語に限らず)した方がいいと話してるんだけど
性格的なものもあってなかなか。私の背中を見て育ってくれ(違うか)
スポンサーサイト