FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
5年生の星座
2012年02月27日 (月)
予習シリーズ上巻を少しずつ進めていて、週末には理科の第6回「季節と星座」

コレ、いきなりコレは無理でしょう(汗)

4年生の下巻で出てきて多少やっているので
1時間に15度ずつ移動するとか、北極星の見つけ方だとか
知っていることもあるけど、コレ5年生からスタートしたら本当に大変。

5年生でスタートしても理科・社会は4年生版も購入すると聞くのも納得。
うちでも4年生版を引っ張り出して見ることあるもんな。(理科社会ともに)

そしてページ数も多いし、何だか知ってること前提?ってなくらい
サラリと文章だけで書いて進んでいく。
もちろん図も載ってるけど「図のように△△となります」て説明で
わかるよーな、わからないよーな。

頼みの綱のNHK教育テレビでもジャストミートな回は見当たらず。

予習シリーズを読んでサブノートを埋めて・・・という流れでも
いまいち(どころか全く)ピンときていない様子だったので
練習問題へ入る前に、これをまた引っ張り出してきた。

テーマ別特訓ノート理科天体―国立・私立中学受験 図で覚えるから解けるようになる

4年生の月の動きの時に、同じようにわかったような、わからないようなで
くり返し何かやった方がいいなと思って、これを続けて何ページかやったら
私が先にスッキリして(笑)、それからムスメも月は大丈夫になった。

実は私が星関係に弱いんだよなぁ。天体関係全般っていうのか。
お天気系も苦手だし、虫や植物も造詣が深くないし・・自然に疎いんだよなぁ。
結局は理科全般が苦手ってことなのか(今知る現実)

中学生レベル程度までの摩擦モノとかテコ系なものは好きだった記憶があるので
やっぱり自然系には弱いみたい。ムスメと一緒に勉強しよう(おい)

「テーマ別特訓ノート」には「集中学習で苦手を得意にする!」とあるので
ここ数日は他の予定をズラしてでも星の範囲を集中的にやってみようかなぁ。
続けて同じようなものをくり返しやることでストンと入ることもあるしね。
月のときみたいに、何とかコレで乗り切って欲しい。

でも今週は所用が目白押しなので通常モードも既に省エネに設定してあるし
来週は組分け前の週だし、第6回分だからは春休みでもいいか・・・なんて。

あー、その場で解決しながらやってはいきたいけど
いろいろと大人の兼ね合いを考えるようになってきちゃったなぁ(苦笑)
スポンサーサイト