FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ピクト(体験・ムスメ)
2012年01月30日 (月)
ピクトで Global English の体験。

私が事前に体験レッスンを受けて説明を聞いているので
ムスメは説明は不要なので、すぐに1回目のレッスンを
やってもらえるように事務局にお願いしておいた。

メールでの返信は時間帯によるけど、夕方だと3時間くらいで返事がきたり
思ってるよりも早いこともある。でも基本は翌日って感じかな。

さて体験。

実際にレッスンを継続することを前提に考えて
ムスメの希望の曜日&時間で週2回取れる先生の中から選んだ。
毎回同じ先生で同じ時間にやりたいという固定感満載の子なのでね(笑)

カメラ使用のお願いを伝え忘れていてカメラなしでコールがあったので
途中で横からカメラをお願いした。
音声も特に問題なかったけど、やはりこちらも自宅だった。

若そうでやさしそうな先生で、声も英語も聞きやすかった。

Global Englishのファイルを送ってもらって一緒に見ながら進む。
実はこの教材(?)には日本語が書いてあるんだよね。
第1回目の教材だからか余計に親切な訳が。

初回は自己紹介をしましょう、というものらしく
「どうやってこのスクールを見つけたか」や英語を学ぶ目的などを
聞かれていたムスメ。

英語で出ないというより、何て答えてよいのやら・・・状態(苦笑)
英語力も大事だけど中身がないと始まらないってことだ。

「どうやって見つけたか」は「お母さんが見つけた」と答え
「英語を学ぶ目的」は「I can't say in English.」と答えていた(笑)

そうだよなぁ、英語を学ぶ目的・・・なんだろ(おい)
単に好きだから、話せるようになったらいいなと思うから、あたりか。
それを英語で言えればいいんだろうけど、ムスメの中の「ザ・目的」には
当てはまらないからか、この意見は採用されない。

そうか、ムスメは固定観念がありすぎなのかも?

~でなければならないっていうから外れるのを認めたがらないのかもしれない。

目的は?という問いに「話せたら恰好いいと思うから」でもいいはずなのに
ムスメの中ではコレは目的ではない、目的とは旅行のため、仕事のため、
英検などテストのためなんだから・・・というのがあるのかも(推測)

私はとりあえず何でも言っておけばいいっしょ、なノリの人なんだけど
ムスメはそういうのは許せないのかな。
だから英語に限らず普段(日本語)の中でも
自分の中で答えがあっても言わないことが結構ある気がする。

言ってナンボなのになぁ。

このGlobal English は「先生と生徒の話す割合=2:8」と謳っていて
生徒にたくさん喋ってもらおうというスタンスみたいで
ムスメがうーーーーんと考え込んでいても先生はずーーーっと待っててくれる。
先生が喋り過ぎるよりは助かるかな。

でも一問一答という感じだし、正しい言い方にしてくれたりは特になし。

写真を見ながら3文ずつ言ってみましょう、というところはパスして
リーディングでビル・ゲイツの話。
読んで、先生の質問に答えて、というのをやっていた。

そしてレッスン終了。

そうだなぁ、カリキュラム的なもの、教材としては私はよくわからないけど
でもあまりコレにこだわらなくてもいいかって印象。
市販教材を使ってのレッスンでもいいんじゃないかなって感じかな。

先生によるんだろうなぁ。
教材がなくても上手に広げていってくれる先生もいるだろうし
教材があっても通り一辺倒な先生もいるだろうし。

身も蓋もないけど、先生次第ってか。

今日の先生も私の体験した先生も、何となくまだ慣れてないような気もした。
こうやって1回1回やることがキッチリ決まっていれば
レッスンとしてのカタチにはなるんだろうな、なんてね。
オフィスからじゃなくてそれぞれが各家庭からやるんだったら
なおさら流れは統一しておいた方がいいんだろうしね。

可もなく不可もなく・・・という感じだったので、ここも保留。
でも多分選択はしないかな。

カリキュラムよりも教え上手な先生を見つけるのがやっぱり大事なんだなぁ。
スポンサーサイト