FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
Nate the Great
2012年01月24日 (火)
AmeliaシリーズもYoungCamJansenシリーズも何度か買い足して
その買い足しの時に新シリーズを開拓すべく買ってみたのはこちら。

Nate the GreatNate the Great Goes Undercover Nate the Great and the Lost List

Nate the Great #1・・・YL(平均):1.4 ●語数:1,585
Nate the Great Goes Undercover #2・・・YL(平均):2.1 ●語数:1,530
Nate the Great and the Lost List #3・・・YL(平均):2.1 ●語数:1,585

これも有名な探偵モノで、もちろん見聞きして知ってはいたけど
少年探偵って気に入るかな~とか、それ以前に探偵モノってどうかな~とか、
カワイイ系が好きなので絵がどうかな~とか思って手を出してなかった。

でも外国モノの絵も見慣れてきたようで、子供探偵もハマるみたいで
文字数やレベルもちょうどいいかなと思って解禁。
ハマって欲しいので1巻~3巻までを一度に買った(笑)

amazonで中身をチェックしていたけど、実際届いてみると
大きさはMagicTreeHouseなどと同じ小さいサイズ。
だけど絵は多いし文字も大きいし、そして紙はガサガサじゃないので
これまでのモノとMagicTreeHouseみたいなモノのちょうど中間って感じ?

文字数は1500語くらいでこれまで読んでたのと同じ程度で
サイズが小さめなのと、ページ数が増えた・・・くらいの感じなので
次のステップへの橋渡しにいいのかもしれない。

と思ったら、コレ、段々と文字数が増えてくるみたい(!)

今回の1巻~3巻は1600語くらいまでで、7巻で約1800語、
8巻で約2000語超え、それ以降は2000~2500語となってるみたい。

ほぇ~、シリーズ中にステップアップしていくのか。こりゃまさに橋渡しかも。

AmeliaもYoungCamも読み尽くしてしまって、家にあるのはMagicTreeHouseか、
私が読んでる少し文字数の多いものしかなく、どれもガサガサ紙(笑)
またはこのNate the Great3冊か。

どうするかな~と思っていたら、このNate the Greatを読みだした。

それしかないってなったら読むもんなんだな(笑)
この前のMagicTreeHouseも他に読む物がなくて読んだし。

あまり飽和状態にするってのも良くないのかも・・・と思いつつも
でも少しずつステップアップして欲しいし、少量をたくさん読んでも欲しいから
できるだけ本は用意しておきたいと思うのだよねぇ。

ちょうどお出かけもあったので待ち時間にあっという間に3冊ペロリ。
3冊買いしておいて良かった~~(笑)

気に入ったそうなので、早速全巻?の22冊をオトナ買い(って言うのか?)して
届いたものをまた読み始めているところ。

Nate the Greatを全部読み切ったら次のトビラが待っているような気がする。

MagicTreeHouseあたりをアタリマエのように普段から読むようになれれば
細く長く英語読書をしていく入口に立てるんじゃないかな・・・なんて。

そこまでこれば文章も本らしくなってくるし(今は短文が多い本だからね)
1冊を時間をかけて読むとかそういう付き合い方もできてくるかもしれないし
次のドアを開けられるんじゃないかなって。

だから焦らずに今楽しく読めそうな本を探して揃えるのが私の仕事なんだろうな。
スポンサーサイト



In Aunt Lucy's Kitchen
2012年01月24日 (火)
ハハの記録。

In Aunt Lucy's Kitchen: Ready-for-Chapters (Cobble Street Cousins)

In Aunt Lucy's Kitchen・・・YL(平均):2.3 ●語数:3,937

amazonで中身が見れて、何だかおもしろそうなので買ってみた。
いとこ同士の女の子3人がおばさんの家で暮らすというお話。

年のころはムスメくらいかなぁ。
素敵なおばさんの素敵な家で、子供だけの世界もあってほのぼの系。
何ていう事件も起きないし、身内での確執(笑)もないし
いとこ同士のケンカすらも出てこない、とっても平和な世界。

出てくる人も慈愛に満ちてるっていうか、外国じゃ当たり前なのかな。
読んでると自分の汚れに気がついちゃうなぁ・・・なんて(笑)

私はこういう何てことない日常のお話って大好きで
テレビで言うとホームドラマ、「渡る世間に鬼はなし」なんて大好きで(爆)
延々と見ていたいタイプなんだけど、多分ムスメは性に合わなそう。

12月にテレビでやってたジブリ映画3本の録画を冬休みに見て
その中で順番を付けるとしたら・・・とムスメに聞いてみたら
1位=ラピュタ、2位=アリエッティ、3位=魔女の宅急便だった。

どれも冒険でワクワクする話だけど、日常じゃない冒険というか
悪人と戦うとか、要塞が出てくるとか、宝探しとかそういうのが好きみたい。

同じ頃にテレビでやったルパン三世も気に入って何度も見てるし(笑)
鉄腕アトムやリボンの騎士、ブラックジャックも好きだし
銀河鉄道999や未来少年コナンあたりもきっとハマりそうだ。

だからこの本は多分ムスメは手を出さないだろうなぁ。
いつかお年頃になったら読むかな。そっと本棚に並べておくことにしよう。