FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第10回
2012年01月22日 (日)
5年生(上)の第10回は総合回。

ここまでの範囲は

・分数の計算(3)
・立方体と直方体(1)(2)
・和や差に関する問題
・表とグラフ(1)
・数列に関する問題(1)
・一方にそろえて解く問題
・割合の表し方


<基本問題>

5年生になって単元は増えてるのに総合回の問題ページ数は変わらず。
なのでそれぞれの範囲からは少しずつ・・・になってる。

いろいろありすぎて結構忘れちゃってることも(汗)

数列に関する話もだいぶ忘れてたり(汗)
代入法はどうしてもできないらしかったり、割合もアヤシイ。
凸凹の立体の体積を出すのは大丈夫だだったけど表面積は惑わされてたり。

でも基本問題なのでどれも見直しは軽めに済んで
どこでどう間違ったのかも理解できたみたい。

・・・じゃあ次はできるのか?と言うとビミョーだけど
すぐに解き直しデーがあるので、そこでわかることになる。

<練習問題>

基本問題に比べて、ものすごく難しくなってる~ってことはないので
じっくりやればできるとは思うんだけど、まだまだ定着しきれてないみたい。

「2つの分数のどちらにかけても整数となる分数」とか
その当時も解説を聞いても「・・・」って感じだったからなぁ。
私も何だか忘れちゃってるし(オイ)

他は普通の線分図なら大丈夫だけど、やりとり算だっけ、あれもまだビミョー
・・・と思ったら、やり方や考え方は解説通りにできてて足し漏れだ。

このやりとり算、最初は自己流の線分図を書いたりして考えていたけど
何だかスッキリしないし、でも解説も最初はよくわかりづらかったので
どうやって書いて整理するか・・・というのをしばし相談した。

結局解説の通りでやってみる、ということになっていたので
とりあえず自己流でやらずにやり方は真似たというのは進歩。

規則的に増えていく黒石ってやつは何だかヘンテコリンに数えてた。
どーしても「何個増える」ってたし算的に考えちゃうんだよねぇ。
大人だと「何倍」目線で考えるけど、お子ちゃまは「何個」目線なのか?
規則性を見つけるっていうのはどうも性に合わないぽい(苦笑)

いろいろあり過ぎて、やっぱり1つ1つの単元の問題は少ない。
なので「あー、もうちょっとやればシックリきそう」と思っても演習足らず。

間違えた問題は解き直しでまたやるからいいけど
「う~~ん?」と言いながらも何となくできてしまったモノは
持ち越さないからなぁ。

あ、予習シリーズが終わったら、週テスト問題集をまた第1回からやるから
そこであぶり出されるわけか。それならいいか。

さて次回は解き直しデー。どれだけ残っていますやら。
スポンサーサイト