FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ウェブレッスン探し
2012年01月16日 (月)
ものすごく残念なことが起きた。

この1年間レッスンを受けてきたIEAの先生が退職されるとのこと。
事務局からのメールで今朝知った。

一昨年の10月からウェブレッスンを探し始めて
怒涛の体験レッスンを経てS&Aに落ち着いたのが11月。

最初S&Aで週3とっていたけれど、同じ先生で週3ってのもな~というのと
満員で体験待ちだったリップルキッズパークが再開したので
1月からS&A(週2)、リップル(週1)で併用を始めた。

・・が、リップルの予約闘争に心が負けて、また別のところを探すことにして
S&A(週2)、IEA(週1)で併用し始めたのが3月。

その時から、IEAでの最初からずっと同じ先生にお世話になってきた。

4月後半にS&Aの先生がお休みすることになって(そのまま辞めたけど)
S&Aを他の先生で週1に、IEAを週2に増やした。

それから夏休み頃にS&Aが値上げだったり、1か月の最小回数が増えたりして
使いづらくなってしまったので、IEAの週2だけを残すことにして今に至る。

週2でずーっとやってきてもらっていて、良い先生だったので本当に残念。

こちらから興味のある写真を送って、ムスメがその説明をすることで
文章を考えたり自分から発話する練習になったり
少しずつではあるけれど、一緒に流れを作ってきた。

先生も様子をよく見てくれていたし、教材やレッスン内容も
簡単すぎず、でも難しすぎずでちょうど良い感じだった。
子供向けハイテンションなレッスンが苦手なムスメにも合っていた。


あーー、それなのに辞めちゃうなんて(涙涙)


でも約1年なら良いほうなのか??そういうもんか??
そう思わないとやってられないか(涙)


そして・・・また先生探しの旅か(汗)

IEA自体も好きで、時間が30分間というのもいいし
30分レッスンとは言っても1時間ずつの区切りになっているので
実質35分くらいやってくれたりするし、レッスンレビューも書いてくれる。

それに固定担任制だから予約の手間も必要ないし
ムスメも時間&先生がカッチリ固定されているのがよくて
すごく居心地の良いまま過ごしてきた。

あー、それなのに。

もちろん事務局からのメールでは他の先生のスケジュールも載っていて
変更のお願いがあったんだけど・・・残念ながら都合が合わない。

今の混雑(?)状況では2人しか案内できないらしく
片方の先生は全くうちと時間が合わず、もう1人の先生は週1だけ
何とか合わせられるかな・・・という状況。

週2で同じ先生がいい、というムスメの希望なので
残念だけどIEAはこれにて終了することにした。

ということで他のスクール探しだ(汗)

いろいろ見てみたんだけど、増えまくっててワケわかんなくなった。
あまり体験してまわるほどのエネルギーもないしなぁ。

とりあえず今週中はIEAの先生で受けられるので
来週から無料体験を入れてみなくちゃ。

それに、土曜日の英検が済んだら自己採点を見て
二次試験の練習をしてもらおうとIEAの先生に話をしていて
既にそれをちょっと意識したようなレッスンをしてくれてたんだよなぁ。
(受かったらね、と言ってあったんだけど・苦笑)

だから二次面接の練習をしてくれるようなところを
この短期間だけと割り切って探して利用するか、とか。どうするかなー。

あー、もう少し早めに連絡欲しかったよー。

でもドタキャンで辞めるようなことが多い(らしい)中ではまだいい方か。
そういえば1年弱やってきて、前もっての代講すらなかったもんな。
あれこれ思い返すと、うちは恵まれてたのかもしれない。

次も良い先生に巡り合えますように。
スポンサーサイト



予習シリーズ(算数)上/第8回
2012年01月16日 (月)
5年生(上)の第8回は

・数列に関する問題(1)
・一方にそろえて解く問題


数列に関する問題ってのは等差数列とか言葉が出てきちゃうけど
今までにやったことある問題をわかりやすく解説してくれてるって感じ。

そうなんだよ、これまではアナログ式に数えてたものを
「こうやれば簡単にわかりますよ」と教えてもらってるような感じ(笑)
これまではチカラワザで答え出してたこともあるからなぁ。

途中の説明は一緒に見て、例題は一人でやって一人で確認。
このあたりは自分一人でも大丈夫だったみたい。

もう1つの「一方にそろえて」ってやつは消去算てやつらしい。

これも今までにどこかで当たったことがある気がする。
トップクラスか最レベか、とにかくこれもアナログ式に体当たりして
何とか答えまで辿り着いたような気がする(苦笑)

そんな我々なので、「こうやれば簡単にわかりますよ」と教えてもらうと
「ははー、なるほどー」と感激もひとしお。

私はわかりやすかったんだけど、ムスメの方はいまいち混乱したみたい。
全体の量の差から求める加減法(片方に合わせる)の方はまだいいけど
一方の数量に置き換える代入法の方は何だかわからないらしい。

へぇ~、代入法なんて単に置き換えるだけなのになぁ。
国語でも指示語を置き換えて・・・というのが苦手だからか?(違うか)

例題もできるところは一人でやってみて、
考えてもわかりにくいところは一緒に解き方を見て説明しながらやった。
あくまでもまだ例題での練習なのでね、時間をかけずにやり方を学ぶ。

みかん1個とりんご3個・・とか絵を描いてみたらスッキリするのに
どうしても線分図で考えたがるところがあるみたいでかえって混乱(苦笑)
こだわったらいけませんですぞ、と解説を見ながら一緒にやってみた。

<基本問題>

数列は全部できていて、置き換える問題がハチャメチャ(古語)

加減法と代入法がごっちゃになって途中から混ざっちゃうというか
勝手にこんがらがってるようにしか見えないんだけども。

ムスメ自身は加減法・代入法という名前は覚えてないし
こだわっているわけでもないけど、何か根本がわかってない様子。
てか、何でわからないのかわからないんだけど(苦笑)

単に入れ替えたらいーじゃん、置き換えたらいーじゃん、なんだけどねぇ。

置き換える、当てはめるっていうのはちょっとハードル高いらしい。
すごく基本的なパターンの問題が一行問題みたいに続けて出てたので
ここでパターン的に慣れて欲しかったけど、まぁやり直しに持ち越しだ。

<練習問題>

こちらも数列は全てできてた。
問題に目を通してるわけじゃないので、間違えなかった問題は
私は見ることなくそのまま過ぎていく・・・いいんだろか(笑)

一方に揃える問題は何となく近づいてきたものの、自信なさげ。
でも基本問題の時より少しのヒントで辿り着けるようになった。

練習問題でもそんなに難しくない問題だったので
これも慣れてこればすんなりできるようになるんじゃないだろうか。

ヒントで出来た問題は解き直しの★マークを付けてあるので
総合回翌日の解き直しでやってみて、できるようになればいいな。