FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語読書の記録(母)
2011年11月24日 (木)
私の英語読書の記録。

当たり前だけどムスメの記録と被ることあり(そりゃそうだ)
どちらかと言うと私の方が先発隊として先に読むことが多いだろうな。

Helen Keller: Courage in the Dark (Step Into Reading - Step 4)  

Helen Keller・・・YL(平均):2.2 ●語数:1,960
The Little Mermaid・・・YL(平均):1.7 ●語数:1,939

ヘレンケラーの方は買って届いたのとちょっと表紙が違うけど
どちらも同じ Step Into Reading の Step 4 のもの。

絵が全体にあって文字が絵にかかるところもあって、絵本に近いカタチかな。

どちらもあっという間に読めた。
話自体はダダダーッの駆け足で進んでいるけど、ほぼその通り(当たり前か)
リトルマーメイドは話のラストを全然覚えていなかったのでちょうど良かった(笑)

このシリーズは文字が大きくていい。最近小さい字がどうもねぇ(苦笑)

+++++++++++++++++++++++++++++

それからこちらは少し長めの1冊。

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)

YL(平均):3.5 ●総語数:6,640 (SSS書評検索システムより)

シリーズものの第一作。amazonで中身が見れたから決めた。
ちなみに364円。300円台までしか買わないつもりで探してるので(笑)

自己主張の強い女の子の話で、幼稚園に入ることになったところからのスタート。
シリーズものなので幼稚園生活~無事小学生になっても続いているらしい。
この子が語る口調で書かれていて、個人的には好きなパターン。

話は大体わかるといえばわかるし、全部わかるのか!?と聞かれたらわからない。
でも話がおおよそわかってストーリーが楽しめたらいい・・・んだよね。
辞書引く単語はなかったけどくり返し出てくるのは途中で2個くらい引いた。

weblioで登録しようとしたら「既に登録されてます」と出た。
どうやら前に登録していたらしい・・・私が覚えてないってだけか(汗)

シリーズものだから気に入ればネタには困らないんだけど、第2巻はひとまず保留。
他にもいろいろ読んでみたいし、それこそしばらくは
いろんなシリーズものの第1巻をつまみ食い形式でもいいかなと思って。

ムスメも読んでみて気に入ったら大人買いするんだけどなぁ。
頑張れば読めるレベルだと思うんだけど、内容を楽しむのはまだ先になりそうだ。

+++++++++++++++++++++++++++++

それから追加で買った分の中から。

Listen Up!: Alexander Graham Bell's Talking Machine (Step into Reading)  George Washington and the General's Dog (Step into Reading) [ペーパーバック]   Gulliver in Lilliput (Step into Reading) [ペーパーバック]

Alexander Graham Bell's Talking Machine・・・YL(平均): - ●語数:747
George Washington and the General's Dog・・・YL(平均):1.2 ●語数:719
Gulliver in Lilliput・・・YL(平均): - ●語数:722

ムスメが読みやすいレベル(StepIntoReading3前後)で伝記ものということで。
話自体はわかりやすくて読みやすい。ものすごく端折ってるけど(笑)

文字も大きいし読みやすいんじゃないかな。絵も全面に書いてあるので見やすい。
下手したら絵だけ見ても話がわかりそう・・・な(いいのか?笑)

それからもう1冊追加で買ったコレ。

Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2) [ペーパーバック]

Frog and Toad All Year・・・YL(平均):1.4 ●語数:1700(概算)

レベル云々、ムスメの好み云々は置いておいて単に私の好みで(笑)
何かね、レビューではほのぼのという感想が多いんだけど
個人的にはちょいと口の端をニリッと上げるような・・・印象。
私が曲がってるんだろうか(苦笑)
スポンサーサイト