FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
本当の国語力(2度目)
2011年11月16日 (水)
1年ぶり2度目の「本当の国語力」をはじめて3週間ちょい。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

パート1「言いかえる力」は普段から話題に入ってるので割とスムーズに進んだ。

私が「つまり~」と言いかえるクセがあるようで(笑)
国語の読解だけじゃなくて理科でも算数でも「つまり~」をよく使うから
言いかえてみれば長い文章もスッキリするよね~ってわかってきたかな。
自分でできるようになるといいんだけどね、それはまた追々。

今はパート2の「くらべる力」

型が示してあって、穴埋めや型に沿って文を作っていくものなので
音読をしながらゆっくりペースでやってる。

くらべる短作文というところでは短い文章をつくらなきゃいけなくて
ここは思いつくには思いつくけど、文章にできなくてモゴモゴも多かった。

まずは思いつかないことには話にならないので
後は一緒に文章を繋いでみたり、解答に載ってる例文を書き写したりした。
独力でできれば一番いいけどまずは正しい答えを知ることからかなと。

見本に従ってやるような子じゃないので期待半分だけどね(苦笑)

ムスメは「~~だから☆☆」というのがちょっと繋がらない思考みたいなので
どうしても途中が飛んじゃうんだよねぇ。

順を追ってモノを見る、考えるっていうのに繋がってくれるといいんだけど(願)

2度目の国語力をやり始めてから、全国統一小学生テストと組分けテストがあって
どちらも平均点はあった(小学生テストは予測)ようでホッとはしてるものの
単純に「これのおかげ!」って訳じゃないだろうし。

テストは単に読みやすかった文章だったとか、自分にはわかりやすかったとか
そんなことで出来具合が左右されそうだからなぁ。
ハッキリと成果が見えるわけじゃないけど国語は地道にやっていこう。
スポンサーサイト