FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
HP過去問
2011年11月20日 (日)
この土日で今年度の過去問(6月・10月実施)をHPから印刷してやってみた。

今の状態を確認したいので、長文もリスニングも含めて通しで。
(マークシートまではやらずに問題用紙に丸を打つのみ)
当初はムスメだけのつもりだったけど、「ママも~」ということで私も参加。
いやいや、緊張した~(汗)

とりあえずムスメの結果(75点満点:筆記45点+リスニング30点)

●2011年第1回・・・53点(筆記29点+リスニング24点)
●2011年第2回・・・63点(筆記35点+リスニング28点)

  ※筆記の配点⇒45点(1)20点 (2)8点 (3)5点 (4)5点 (5)7点
--------------------------------
●2011年第1回・・29点 (1)13点 (2)7点 (3)2点 (4)4点 (5)3点
●2011年第2回・・35点 (1)15点 (2)8点 (3)5点 (4)4点 (5)3点

※(1)単語穴埋め  合計    単語      熟語      文法
             20点    10点     7点      3点
--------------------------------
●2011年第1回・・ 13点    7点  /  5点  /  1点
●2011年第2回・・ 15点    7点  /  7点  /  1点


実は第2回(10月実施分)からやって、おぉ~これはいけそうか?と思ったら
翌日の第1回(6月実施分)で、そんなに甘くないよな~と思い知った(苦笑)


良い時の回は大問1~3は目標8割の28点。
会話文、作文は満点だったし、確実にやれている感じ。

(1)の単語穴埋めも今までに見たことない単語がチラホラ出てくる割には上出来。
逆に言うと「惜しかったね~」というのもなかったのでこれが目一杯かな。

もう1回は大問1~3で22点。
会話文は1問ミスでまぁまぁとして、作文が5問中2問。
ここ最近では4~5点だったからあり得ないほど低かった(涙)

アタリハズレがあるってことだな~。上限と下限を見たと思えばいいのか。

長文に関しては2回とも同じ点数。

              4A     4B      5A    5B
             2点     3点    3点     4点
-----------------------------
●2011年第1回・・・ 2点    2点    1点    2点
●2011年第2回・・・ 2点    2点    1点    2点


大問4(単語穴埋め)は大丈夫そうだけど、大問5(長文読解)は難しいかな。
知らない話と知ってる話でアタリハズレがありそう。
でもこのくらい(12点中7点)が妥当かも。

内容は全部読んでだいたいの話はわかっても、その後の質問は難しいみたい。
まぁここまできたら読解力の問題でもあるし仕方ないな。
でも私も一緒に同じ問題をやってみて、これだけの話を読めるだけ立派だと思った。

リスニングは2人とも聞いてみるのも初めてで、1回しか放送しないことと
第1部は選択肢が書いてない放送のみってことでドキドキした。

でも内容自体は3級レベルとさほど変わらないという話も聞いていたので
それもムスメに説明してからスタート。
(実際にやってみてもレベル的にはそんなに難しい感じじゃないなという感触)

いや~、緊張した~~(私が)
ムスメは淡々と受けてるのでやっぱりすごいなぁ。私ゃもう無理だ。

リスニングも普段にしては上出来の2問ミスの時と
意外(?)な気もする25点以下の時を見たので、これも上限・下限だといいな。


所要時間は大まかに計ってみたら32分くらいだった。
マークシートを塗るのに15分くらい足しても制限時間65分には大丈夫そう。
そう考えると読むのはとても速くなっているみたい。

ちなみに私の成績は(笑)
●2011年第1回・・68点(筆記40点+リスニング28点)
●2011年第2回・・72点(筆記44点+リスニング28点)

筆記はムスメに「ズル~い!」と言われた。いやそう言われましても(苦笑)
リスニングはムスメとほぼ同レベルで機嫌を良くしていた。

負けるってわかっていても一緒にやりたがるってのは負けず嫌いだか何なんだか(笑)

初めて見る単語もチラホラあったし、明日で予想問題ドリルが終わったら
HP過去問の大問1~3を1つずつをやっていく予定。
NHK教育番組
2011年11月19日 (土)
算数で比をやり始めて、初歩の初歩ならわかってきたところ。



分数も前の「速さの世界」で使い慣れてきたからちょうど良いんだけど
「分数をかける」ということがいまいち分からない様子。

でも地道な計算として、割って(÷)かけて(×)とやると
分数使うのと同じなので「ほぇ~」という感じ。
あと、小数をかけると小さくなるとかね。

この辺は地道な計算でやっても辿り着けばいいかと思ってやってる。
そんなに面倒な問題は出てないので、とにかく基本基本。
いずれ予習シリーズでやることになるのでそこまでの橋渡しと思って。

比ってのが何となくと、分数と近い?と思ってきたようで
ふと思い出したNHKのマティマティカという番組。

録画してあるよ~
確か「立てば分数、寝そべれば比」というタイトルの回があったっけ。
ムスメもこのフレーズに「おぉ~」とちょっと納得。

でも見てみたら、分数や比の軽い感じでスッキリできなかった(残念)
マティマティカ自体はおもしろいしわかりやすいので楽しかったけどね。

それから社会でちょうど「お米ができるまで」や流通の仕方をやっていて
これまたNHK教育の「日本とことん見聞録」でそういう回があったので見た。
地方とはいえ田植えや稲刈りとはあまりご縁がないので助かる。

この辺は5年生でやるんだっけ。
学校でやってからだともっと印象に残ることが多いと思うんだけど
先にやっておいて学校でまた楽しく授業を聞いてくるってパターンかな。

基本的に先取りってのはどうなの?と思ってた私だけど
今じゃすっかり先取りだもんな(当たり前か)

NHK教育番組は5年生と6年生の理科も今年度は録画してるので
てこやつり合いの時にはまた見てみたい。
5教科
2011年11月18日 (金)
理科と社会も平日に入れるようになって1か月近く。

最初のうちは組分けテストに間に合うようにバタバタした感じだったけど
テストが終わっての今週は平常モードで反復中。

基本は週末にやった理科・社会の分の演習問題集をやるつもりで
土曜はテストだったのでナシ、日曜に社会をやったので月曜はその回の演習問題。
火曜以降はだいぶ前に予習シリーズ+サブノートだけ済ませていた
理科の第11回&第12回の復習。

ちょうど星座と星の動きという2回分なので
演習問題集に加えて、単元別ノートも間に入れた。

テーマ別特訓ノート理科天体―国立・私立中学受験 図で覚えるから解けるようになる

確認チェックや入試問題にチャレンジという問題もとりあえずできてる。
間違えるところもあるんだけど、自分でどこを間違えたかすぐ気が付くので
基本的なことは理解できてるのかな・・・と思う。

私は月は一緒に勉強したのでだいぶ得意になったけど
星関係は実は苦手なので、自力でやれててホッとしてる(オイ)

週末にやった分を翌週の平日に復習するっていうペースが
出来上がってくるといいな。

土日の片方しかできない時や両方ともできない時もあって
そういう時の翌週は予定なし~っていうんじゃなくて
前にやった分を再度入れるとか、2度目をやるとかして反復したい。

空けちゃうとついついそのまんまになりそうだしね(苦笑)

今は算数がのんびりペースなのでこういう新しいペースも作りやすい。
下手したら算数の予習シリーズを連日やってる時よりも時短かも。
英語も過去問二巡目だからすぐ済んでるし
日々5教科だけど、どれも10~15分ずつだからすごく平和。
英語本
2011年11月17日 (木)
英語の本を読み始めることにした。私が(笑)

私のココロの英語の師が毎日の英語読書をされていて
その記録を見ているとさすがの私も読みたくなった次第。

英語がデキる人でも日々の努力をしているんだもんなぁ。
それに紹介されている本がどれもおもしろそうなんだ。
レベルが違い過ぎるので残念ながら同じモノは読めないんだけど(苦笑)

やさしいレベルの英語本に詳しいブログを紹介してもらったので
通しで全部読んで、自分で読めそうなもの、読みたいものを何冊か早速チョイス。

MagicTreeHouseもおかげさまで(?)12冊読んではみたものの
さすがにちょっと飽きてきた(コラ)
同じパターンで続くのもあるし、何だか疲れちゃってねぇ。

ムスメもこの間お出かけの待ち時間に読むように持っていって少し見てたんだけど
ちょっと難しかったみたい。

単語や文法だけで言えば読めるレベルなんじゃないかと思うんだけど
文字は読めても、内容を理解して楽しむというところまではまだまだ無理みたい。
(日本語の本でも理解力アヤシイっていう話もあるし・汗)

それで改めてどのあたりなら読めるんだろう、ということで
だいぶ前に買ってそのまんまの(苦笑)本を引っ張り出して
またお出かけの時に持っていったら、これは問題なく読めるとのこと。

Little Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3) [ペーパーバック]

ただし、魔女モノは怖いそうで読みたがらない(爆)
ハリーポッターも怖いという子なのでね(汗)

だから読めるレベルだけじゃなくて、読みたい系も考えないといけない。
うーん、難しいねぇ。
あとは同じくらいのレベルでも文字が小さすぎたりするのも嫌がるし
語数だけじゃ計れないのがお子ちゃまなんだよなぁ(苦笑)

家では読む気ないので(残念)、「外出先での待ち時間」限定になるだろうけど
せっかくなのでムスメが読めそうな&読んでおもしろそうな本もいくつか買った。
それも合わせてまずは私が読んでいくつもり。

私には習い事の待ち時間もあるし、定期的に時間は取れる身(笑)
でも昼間は自分自身の用事で意外と忙しいので家ではあまり読めないかも。

というわけでまずこれを読み終えた。

Frog and Toad Together (I Can Read Book 2) [ペーパーバック]  Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2) [ペーパーバック]

語数は1968語と2275語(SSS多読のサイトより)

・・・あれ、違う本なのかな。やたら多いんだけど、そんなに読んだか?(笑)
ほぇ~、1冊の中に短編が5話入ってるから気にならなかったんだろうか。

コレは「I Can Read Book」のレベル2で
上の魔女モノは「Step-Into-Reading」のステップ3で1299語とのこと。
レベルの数字揃えておいて欲しい~。

中身を見れば読めそうな感じかはわかると思うので、なるべく中身を見て
あとはおもしろそうなものをピックアップしていけたらなと思う。

ともあれ、まずは私から。
他にも買ってあるんだけど読んだら記録することにしよう。
また本棚に並べるだけになってもアレなんで(苦笑)
本当の国語力(2度目)
2011年11月16日 (水)
1年ぶり2度目の「本当の国語力」をはじめて3週間ちょい。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

パート1「言いかえる力」は普段から話題に入ってるので割とスムーズに進んだ。

私が「つまり~」と言いかえるクセがあるようで(笑)
国語の読解だけじゃなくて理科でも算数でも「つまり~」をよく使うから
言いかえてみれば長い文章もスッキリするよね~ってわかってきたかな。
自分でできるようになるといいんだけどね、それはまた追々。

今はパート2の「くらべる力」

型が示してあって、穴埋めや型に沿って文を作っていくものなので
音読をしながらゆっくりペースでやってる。

くらべる短作文というところでは短い文章をつくらなきゃいけなくて
ここは思いつくには思いつくけど、文章にできなくてモゴモゴも多かった。

まずは思いつかないことには話にならないので
後は一緒に文章を繋いでみたり、解答に載ってる例文を書き写したりした。
独力でできれば一番いいけどまずは正しい答えを知ることからかなと。

見本に従ってやるような子じゃないので期待半分だけどね(苦笑)

ムスメは「~~だから☆☆」というのがちょっと繋がらない思考みたいなので
どうしても途中が飛んじゃうんだよねぇ。

順を追ってモノを見る、考えるっていうのに繋がってくれるといいんだけど(願)

2度目の国語力をやり始めてから、全国統一小学生テストと組分けテストがあって
どちらも平均点はあった(小学生テストは予測)ようでホッとはしてるものの
単純に「これのおかげ!」って訳じゃないだろうし。

テストは単に読みやすかった文章だったとか、自分にはわかりやすかったとか
そんなことで出来具合が左右されそうだからなぁ。
ハッキリと成果が見えるわけじゃないけど国語は地道にやっていこう。
組分け結果(4年/第6回)
2011年11月15日 (火)
土曜のテストの結果。相変わらず早いなぁ。

(※算数200点、国語150点、理科・社会100点満点。偏差値は四捨五入)

        点数    偏差値
算数 ・・・ 134点     56
国語 ・・・ 111点     55
理科 ・・・  87点     58
社会 ・・・  33点     40
           
偏差値・・・ 4教科=53 / 2教科=56 / 3教科=57


<算数>

前回バブル(偏差値63)を味わったけど今回はそうもいかず、
でもこのあたりが通常かなって感じ(図々しいか?)

時間切れは一番最後の問題ひとつだけ。とりあえず辿り着きはしたらしい。
最初の計算問題でミスはなく、一行問題で2問落とした。
分野は並べ方と規則の問題。仕方ないか(汗)

大問3のベン図、大問4の時間の問題は大丈夫だった。理解定着はできてきたかな。
大問5の線分図の問題は両方とも間違えた。
線分図の基本的なものなら大丈夫だけど、すこし込み入るとできなくなるみたい。

大問6の面積は(1)だけ正解。
大問7は並べ方で(1)はやったものの間違い、(2)は時間切れ。
この辺はできなくてもそれ以前をしっかりできれば平均点取れるのでいいや。
でも面積の問題はきちんと見直しておこう。大問7はもういいや(オイ)

前半をきちんと、自分のできる部分はきちんとやれるようになってきたかな。
算数はコツコツとやってなるべくどの範囲でも上下しないようにしたい。

<国語>

平均点超えた~(目標低いな)
それどころか55ならムスメには上出来。この辺で続いて欲しい(願)

今回は読解問題の出来が良くて上がったんだと思う。
ぶっちゃけ最後の語句問題って1点、2点のもので
読解だと1問が5~6点なので当たれば大きいし(バクチか)

正解率を出してみると、全体で74%。
物語文は77%、説明文で75%、語句系が68%、漢字が60%なので
ムスメにしたら前半の読解部分がよく取れたなって感じ。

読解も抜き出し問題は全部正解で、記述(1問だけ)は12点中7点減点。
足りないところがあったのと、「どんな気持ちか」と聞かれてるのに
「~する気持ち。」で〆なかったのが減点だったんだろうな。もったいなーい。

あとは語句系で主語・述語を選ぶ問題は全問正解だったけど
修飾してる語を選ぶ問題は4問中1問しかできてなかった(汗)
家でもう1度聞いてみるとわかってきたようなので、これもまた確認しないとな。

固有名詞だとか代名詞っていうのはほとんど知らなかったので半分の出来。
He とか She とかが代名詞だよと話して納得(笑)

漢字は10問中6問。
学判+これまでの組分けで 3問→4問→3問→6問という出来なので
4年生の最終にはもう少し増えてるんじゃないだろうか(いいのか、こんな話で)

国語は文中からの抜き出しは大丈夫そうだけど、逆に選択肢問題が危ない。
これはカンや思い込みでやっちゃうからか(あり得る)

<理科>

理科は組分け3回ともになぜか安定してる。
(学判も含めてこれまで4回で偏差値57~58とほぼ変わらず)
極端に苦手なところがまだないからかな。

大問1の自然モノで2問(ススキの開花前線)間違い、
大問2の既習部分(月もまた出た)で1問、アブラゼミの鳴き声を間違い
大問3の水と空気のあたたまり方は全問正解、
大問4の金属のあたたまり方では1問(バイメタル)を間違い。
ってかバイメタルってやったっけ。どこかに書いてあったんだろうなぁ(オイ)

今のところはどこかがボロボロっていうんじゃないからいいかな。
しかし既習部分で電流は出なかったな~。
ムスメは月の問題を見て「帰りの車の中でママに言おう」と思ったらしい。
テストに集中してくれたまえ。

理科はテコだとか水溶液だとか難しくなるんだろうけど
なるべく安定していけますように。

<社会>

・・・何も言うまい(ウソ)

もうね、どうしようね。危うく偏差値30台になるとこだった(滝汗)
過去最低の見たことない数字。あちゃちゃー。

まず課題は時間切れ。
大問3(3枚目)が丸々手つかず。これで30点分だからね。
残りの70点中でも33点じゃ半分も取れてない。

・・・って前回も同じようなことを書いた気がするんだけど。

自分の時計はしていっていないし、英検も小学生テストも
教室の時計だけでやってる、というより時間を気にしてないんじゃないか?
英検は時間が10分以上余ることがだいたいわかってるし、
小学生テストも難しいものは飛ばしたりして、時間は気にしてないだろうし。

今回初めて(今ごろか)教室の時計を途中で見たりするのか聞いてみたら
「見たけどあと15秒だったんだもん(大泣)」だそうで。
秒単位で出るって、アナログ時計の文字盤にデジタル時計も付いているやつかな。

しかし残り15秒じゃ、見たことにならないよねぇ。
途中で見たか?って話なんだけど、こういうのも教えてあげてなかったからな。
前回3枚目を丸々手つかずだったので今回は違うだろうと勝手に思い込んでた。

いけないな、思い込みは(私のね)

20分間しかないので、時間はかなりあっという間らしい。
そういえば組分け過去問も1度目は覚えるためにやるようなものだし
2度目は2度目だし、時間は特に気にせずやってた。
算数は初見でやる時にキッチンタイマーで計ってやるけどね。

社会の問題は文章を読んで、その中の下線部や(  )の部分について答えるので
その文章を読んでどの県の話をしてるのか考えるのにも時間がかかるみたい。
文章を読まずに設問に行ったらいいんだろうか。それでできるかな、どうかな。

2回連続で3枚目まで辿り着けないというのは根本的に時間がかかり過ぎなはず。
どこをどうリストラしてスムーズに済ますようにするか。

あまりに思い出せないものはパッパと次へ進め、ということは話した。
後でまた時間が残れば思い出せばいいし、やってる間に思い出したら戻ればいい。
前にやってる途中に間違いに気が付いて戻ったことがあると聞いたし。

時間短縮はそれくらいかな。もう少し考えよう。

あとは解答した70点分で33点しか取れてない話。

確かにニコイチで場所&県名などの両方が当たって正解っていうものが多くて
片方は合ってるのに・・・というのもあるので残念な印象。
県名や場所なら大丈夫だけど、シラス台地や有明海とかは漏れてたからなぁ。
もっときちんと見ないといけないな。

それ以外では「漢字で書きなさい」を平仮名で書いたり
「正しくないもの」を聞かれてるのに「正しいもの」を選んだり。

それも2問続けて

何だかねぇ、この辺は同情できないなぁ。これだけでも11点分。
足しても44点にしかならないけど大事な点数だよ~~。

本当に社会はやってるものを結果として出させてあげたい。
時間切れの3枚目は家でやってみたら全部正解ではないけど(苦笑)
20点分くらいはわかっていたので、まずそこへ辿り着かないことには。

+++++++++++++++++++++++++++++++

今回は社会に冷や汗かきまくったけど
国語と算数が同じくらいという初めてな出来。
ここまで同じくらいに揃ったのって珍しいかも。

前々回(初受験)では国語が珍しく50いったのに算数が48とか
前回は算数が頑張って奇跡の63だったのに国語がドボンで46だとか
どちらも揃って平均を超えたことがないのでねぇ。

全国統一小学生テストでも同じく片方が良ければ片方がダメっていう
凸凹コンビ状態だからなぁ(苦笑)

理科は3回とも57~58でいいとして、社会だよ、社会(涙)

社会は52→44→40という着陸態勢に入ったところのような下降線。
このまま着陸するんじゃないだろうか(不安)

それでも4教科で53というフツーなところに落ち着くから不思議。
帳尻合わせるというか、そういうもんなのか・・いやいや納得してちゃダメだな。

2教科・3教科ならBコースなのにな~(週テスト受けてないくせに)←懲りてない

あー、社会もせめて平均あたりだったら4教科でもうちょっと上がったのになー。

希望は4教科で50台だからいいといえばいいんだけど
でも何かで何かをカバーするんじゃなくて、みんな揃って50台がいいなぁ。

でも社会は教えても教えても覚えられないとか、理屈がわからないとか
算数みたいにどうしても理解できないとか、そういうことではないので
本人にも当然苦手意識なんてものはないし(幸せ者)私もそう思ってるので
やれることをきちんとやって、テストで成果が出せるようにしていきたいな。

問題を全部やり切れないのって、頑張った力試しができなくて悔しいもんね。
ことばの学習
2011年11月14日 (月)
8月に組分けテストを初めて受けて四字熟語のできなさに驚き(汗)
それから言葉系も少しずつやっているところ。

中学受験テーマ別特訓ノート国語言葉

こういう受験向けの総括?的なモノはまだ早いのかなと思っていたけど
使ってみると言葉系に関してはそうでもないみたい。
(漢字や社会、理科系は習っていないところがあるから無理だけど)

四字熟語、慣用句、ことわざ、語句の意味を順番にやっていて
今はどれくらい知ってるのかをチェックしているようなもの。

「重要語チェック」というところで四字熟語や慣用句なら1文字の空欄、
ことわざや語句の意味は2~3字の空欄を埋めるだけなんだけど
それがわからないものだらけ(汗)

ムスメの実態を知る良い機会になった(苦笑)

今はできないところが多くて答え合わせにもたくさん時間がかかる(汗)
もうすぐ全部の一巡目が終わるところなので、続けて二巡目をやる予定。
一巡目では3~4割しか埋められない状態だったので次はもう少し書けそうかな。
それでも書けなかったら三巡目いくかなぁ。

それか「重要語チェック」のページに対応した「チャレンジ問題」もあるので
二巡目の後にはそっちをやってみてもいいかもしれない。
それから「重要語チェック」の三巡目で、ちゃんと書けるかを再度確認するとか。

言葉系に関しては学年で分けていないので次の予定も今は特にないし
これをグルグルやる方が今のところはいいかも。

それでも量はコンパクトにまとまっているので5年生になるまでには終わるから
その後はこれをチビチビやっていけばいいかな。

中学入試でる順ことばの問題3000 改訂版

言葉の問題は学校でもやり始めたようで、ことわざなんかもやってるみたい。

国語、特に言葉系は算数のように系列立ててやっていくものでもないので
自由にやれる反面、漏れや取りこぼしがありそうな心配もある。
6年生までにきちんと揃えられるように少しずつやっていこう。
割合の世界
2011年11月13日 (日)
算数のほんねの「割合の世界」を始めた。



ここはじっくりゆっくりということで1日2ページ。
上3分の2は例題なので実質はとっても少しだけなんだけど
「比」ってものが初めてなのでね。

300円:200円=3:2 という基本中の基本からスタート。
それから 24:18=4:3 っていうのも。

少し前にやってた「速さの世界」で分数の約分をやり始めたので
それに似てる~と言いながらやってた。
まだまだ一発ではできずに 24:18=8:6=4:3 なこともあるけど
段々と早く気が付けるようになってきた。

公倍数、公約数、通分、約分とこれから大事になってくるし
予習シリーズ5年生の1回目が確か公倍数だったと思うので
今から慣れておけるといいな。

前の「速さの世界」で分数のかけ算・わり算もできるようになったし
やりながら知って覚えてできるようになっていくっていうのはいいもんだ。

算数はしばらくコレで、12月初旬までのんびりやる予定。
公開組分けテスト(後期・2回目)
2011年11月12日 (土)
下巻(後期)になって2回目の公開組分けテスト。早いなぁ。

実は今回は申し込まなきゃなーと思っていたら
塾のほうから「次回はどうされますか?」と連絡を頂いてしまった。
常連になりつつ・・・あるのか?(笑)

私が思ってたより締切日が早かったので聞いてもらえて助かった(汗)
この次も受けることわかってるから、すぐにでも申し込めばいいんだけど
何があるかわからないのでギリまで待ってみる小市民。

ちなみに申込後の取消しは不可。
テストと解答はもらえるそうだけど、そのためだけに4200円は高すぎる(涙)

今回もすぐに点数だけはわかるので自己採点はホドホドにしてあるけど
算数は前回=160点のようなバブルはなく(当たり前)でも平均はあると思う。

国語は前回=85点よりはアップして100点超えたかなどうかなってとこ。
こちらは記述の部分がわからないので何とも。

理科は安定してるようで点数は前回よりも上がって80点台いけてそう。

社会は・・・またもや(涙)
前回=44点&偏差値43だったんだけどね、それより低い(涙)
今回も3枚目が時間切れで手つかず。前回と全く同じパターン。

それからニコイチ(2つ合って正解)というものが多くてやられっぱなし。
いや、ちゃんと全部正解すればいいんだけどね、片方だけ正解っていうのが多くて。

社会は一番最後らしいので集中力が切れちゃうのかな・・と思ったりするけど
ムスメの場合はそうでもないと思うので、やっぱり実力足りてないんだな。

でも頑張ってたのになぁ。
場所も県名もちゃんとわかってるのにその他のことが答えられなくて
ニコイチで不正解になるので、やってもやっても点数に繋がらなくて
あまりのひどさにかわいそうになってくるほど。


働けど働けど我が暮らし・・・うぅっ


って感じ(古)

点数とか平均とか偏差値とか置いといて
本当に社会は何とかしてあげたい。やった分は結果を出させてあげたい(切実)

でも数日後に偏差値が出るとその数字ばっかりに目がいくであろう、
まだまだ修行の足りない私なのであった、多分。
テストの範囲
2011年11月11日 (金)
明日の組分けテストの算数の範囲は予習シリーズ下巻の第6回~第9回。

いろいろな並べ方/時間の単位と計算/線分図に整理する問題/三角形の面積

心配なのは並べ方(汗)
選び方と並ベ方がごっちゃになる時があるからねぇ。
でも組分けだと問題数が多くて紛れてくれるのでできちゃうことも多い(いいのか)
時間と面積は丁寧にやってもらえれば。

今年度からは第6回以前の分も3割くらい出るようになるんだとか。
いや、下巻からなのかな?

うちは初めて受けた時が上巻の最後の回だったので範囲は「上巻全部」だったし(笑)
予習シリーズも1冊をイッキにやって直しも1冊まとめてだし
普段から何となく範囲レスな感じなのであんまり気になってない。

3割って算数だと200点満点だし、小問で混ざってると気にならないけど
理科と社会だと大問1つずつでジャンル(?)が分かれているし
こちらは100点満点なので結構多く感じるかも。

前回の社会は大問が3つあって、大問3が丸々沖縄だったし(地図記号も含む)
理科も上巻の範囲だった月がどーんと出てたっけ。

次はどこが出るのかな~、ヤマ張る気か(コラ)

社会は中国地方/九州地方/地域の気候/山と川・・が一応の範囲なので
多分また東北地方とか出るんだろうな~。ちょうど忘れてそうなところだし(笑)

理科は秋の植物/秋の虫・鳥/水や空気の温度変化/金属の温度変化なので
これに足すとしたら・・・月か電流ってところか。月は前回出たから電流かな。

なーんて。