FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
演習問題集(理科・社会)
2011年09月20日 (火)
9月に入ってから週テスト問題集(下巻)を買うついでに
理科と社会の演習問題集も買ってみた。

使うか使わないかは別として、まずどんなものか見てみたかったし。
(ウェブで見本は見れるんだけど)

理科と社会の勉強は、下巻からは休日に

一緒に読み合わせ ⇒ サブノートを自力埋め ⇒ 口頭で要点チェック合わせ

という流れになって落ち着いてきた。
読み合わせした直後とはいえサブノートは埋まらないこともあるし
流れや内容は頭に入ってはいても語句そのものは入ってないことも結構ある。

でもハハ的には流れや内容が頭に入る方が嬉しいかも。
だって前は・・・(略)

その上で語句やコトバをきちんと出せるようになればいいと思うので
サブノート、要点チェックはその後もくり返したらいいのかなとも思う。

だけどもうちょっと一問一答的な問題が欲しいなと思って
今回演習問題集を買ってみた。

やった分のところを見てみると、難しくはなさそうで基本のものが並んでるみたい。

例えば理科の第4回(電気のはたらき)で電池のつなぎ方や回路図をやって
サブノートや要点チェックをやった後でも、もう少し見ておきたいと思った時に
問題集形式のものがあるといいかなと思って。

「どの電球が明るくつくか?」や「どの繋ぎ方が長持ちするか?」みたいなのを
もうちょっと~と思ったので、一緒に見ながら口頭でやってみた。
問題集なのでやりやすくて、何か勘違いしてることがあればここで確認できるし
特にノートにやらなくてもいいかと2人で読み合わせで。

これなら時間もそんなにかからないので、また別の日に「さて問題です」と
読み上げてもいいだろうかな、なんて。

5年生になったら週テスト問題集も教科ごとに1冊ずつになるから(国語除く)
こういう問題形式はまた選択肢が増えるんだろうから来年度はわからないけど
今回はあってもよかったかも。薄めだし(4年生だからね)

こういう知識もの(?)って1回やって、数日後やって、また1週間後?にやって
・・・と短期記憶から長期記憶に変えていくのがいいらしいので
予定には特には入れないけど、ちょっと覚えてるかな?と確認するのに使ってみたい。
スポンサーサイト