FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
四字熟語
2011年09月17日 (土)
この間、本屋さんで見れなかったけどamazonのマーケットプレイスで
状態が良いもの(書き込みなし)が格安で出ていたので買ってみた。

1行読んで書いておぼえる四字熟語―中学入試によく出る熟語を楽しく脳にインプット!

親切な方に教えて頂いたもので、200語あるからほぼカバーできるのではと。

1ページに1つの四字熟語で、まず一行の文章。

漢字を覚えるための文だから完全に漢字の並び順どおりに構成されていて
教えて頂いた時に聞いたように文としてはビミョーなものもなくはないけど(笑)
でも漢字の並び順を覚えるため、という目的を果たしてるらしい。

例えば「千客万来」だと「人のを募集したところ一人がた」みたいな。

次はその一行文の中のうち四字熟語の部分の4か所が空欄になっていて
それを埋めることで使われている4つの漢字を確認。

それから四字熟語の1つめと3つめの漢字が空欄になってるパターンと
逆で2つめと4つめの漢字が空欄になってるパターンをそれぞれ埋めて
最後に4つの空欄に四字熟語を書き入れて終了・・・という流れ。

ページの最後にもちゃんとした意味と解説・使い方が載っている。

1ページごとに見やすいし、子供にもウケはよさそうでいいなとは思うし
使われている漢字や漢字の順番を覚えるための本だとは思うんだけど
個人的にはちょっとこの例文が受け入れられないところも。

何だろうなぁ、自分が漢文的(?)に覚えてるからか。

千客万来みたいに順番になってるものはいいけど
「前代未聞」の後半を「未来のことも聞きたくない」と覚えさせるのは
やっぱり何か抵抗があるっていうか(昭和的人間なので)

それにムスメは文字が図やイメージとして残りやすい子みたいなので
例文に使われてる四字熟語以外の言葉や漢字も印象に残ったりして
かえって混乱しそうだなと思ったり。
文脈というのか流れで意識できるタイプの子にはいいのかもな。

なので四字熟語なら4つの漢字だけ見せればいいやと思って
この本は書き込みせず、軽く意味を確認するものに使おうかなと思ってる。

でもせっかく200語が一堂に並んでいる目次があるので、それを活用。

エクセルでA4の1枚に20語ずつ、読み仮名と漢字を入れて作って
そのシートをコピーして読み仮名だけ残したもの、漢字だけ残したものにした。
印刷したものを半分に切ってA5サイズにしたので10語ずつ。

エクセルでもワードでも作りたいものは作れるので教材探すよりラク。
入力も若かりし頃仕事で一日中文字入力ばっかりやってたからなぁ
タイプするのは楽しいし、無心でやってたら意外とストレス解消だ(笑)

でもこれはいつか(かなり先になると思うけど)テスト形式で使いたい。
四文字全部を書くっていうのはまだまだハードル高そうなので。

テスト形式でできるようになるまでに持って行くには
これを使おうかと思ってる。(この間の理科編と一緒に買ってきた)

中学受験テーマ別特訓ノート国語言葉

言葉編で、慣用句・ことわざ・四字熟語が載ってる。

28語ずつ最初に重要語チェック、次にチャレンジ問題。
重要語チェックでは意味が(   )で書かれていてそれを見ながら穴埋め。
四字熟語なら一文字分だけが空欄になってるのでハードルは低め。

慣用句が168、ことわざが84、四字熟語が168

まずは四字熟語。
チャレンジ問題はやらず、重要語チェックの一文字穴埋めをやって
意味と漢字を目に入れていこうかなと。

多分見たことあるものや、音だけ知ってて意味は知らないものなど
いろいろ出てくるだろうから、まずは確認。
それからチャレンジ問題をやって、いずれは自作テストプリント・・のつもり。
定着度合いを見て重要語チェック・チャレンジ問題は反復するかも。

4年生の漢字(自作プリント)が終わるのが11月下旬くらいなので
その後の漢字枠に入れるとちょうどよさげ。

慣用句、ことわざも同じようにしてどこかに入れるように考えておこう。

そう思うと、四谷大塚の副教材で買った「ことばの練習帳」は後回しかなぁ。
いろんなものが少しずつ入っているので良いなとも思うんだけど。

あ、そうだ。
組分けテスト前の月~金は算数も理科社会も組分け用の復習を入れるから
「ことばの練習帳」も第1回~第5回までやればちょうどいいのかも。
(その代わり4年生の漢字プリントはお休み)

ちょうど第1回・第2回が慣用句、第3回・第4回がことわざになってるので
今度の時にやるといいな。
第6回以降は主語と述語や単語(名詞・形容詞とか)なので使うかは未定。
この辺は中身を見ながら取捨選択していこう。

とりあえず「ことばの練習帳」はテスト前で、普段は漢字プリント、
4年生分の漢字が終わったら単元別ノートの四字熟語という予定にしておこう。
スポンサーサイト