FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ下巻スタート(理科社会)
2011年09月01日 (木)
理科と社会も予定通り月曜から4年生下巻をスタート。

夏休みだったので早速マインドマップを書いて、翌日にはサブノート埋め、
それから並行してもう1教科の方のマップ書き・・・と入れてみた。
が、実際にやってみると理科の第1回はマップに書かず。

書きにくい内容ではないから書いてもよかったんだけど
「流れる水のはたらき」ということで、まずこれを一緒に読んでみたら

授業が楽しくなる!まんが教科書 5年の理科〈下〉

ほとんど頭に入った感じ(笑)

私は普段予習シリーズに目を通さず、ムスメと一緒に初めて見るんだけど
このまんが教科書を読んだ後に流して見てみたらすごくわかりやすかった。
普段だったら「説明が文章すぎてわかりにくい~」なんて思うのに(笑)

それで予習シリーズはまんが教科書の内容を整理しながら見る感じで
「そうそう、さっき出てきたよね」とか「あー同じこと書いてあったね」とか
話をしながら、時にはまんがも開いてもう一度見てみたり。

マップを書く前にひと通り予習シリーズに目を通してから・・・だけど
通してみたら「書かなくてもいいんじゃない?」となって
そのまま要点チェックを口頭で確認して終了。

忘れちゃってるところがあると、マップ書けばよかったかなーとも思ったけど
くり返してれば覚えるかなっていう程度なのでわざわざ必要ないかとパス。

すごいなー、まんが教科書。

前にも確認した通り、予習シリーズ4年の下巻でかぶりそうなのは

① 流れる水のはたらき
② 流水と地形
③④ 電気のはたらき 
⑬⑭ もののとけ方
⑱ 重さをはかるもの (←つり合い)

これだけあるし、後は発芽や人体、てこ、メダカ・・5年生で助かりそう。

まんがを一緒に声に出しながら読むってこともなかなかないよな(笑)
私自身も読んで内容を理解するのにあれこれ口から出しちゃうほうなので。
理科は私も少々ヤバそうなので、何とかなりますように。

+++++++++++++++++

理科と社会の予習シリーズ(上巻)を始めたのは4月に入ってから。
特に何も考えず、ムスメ1人でやることにしてみた。

算数みたいに解説も必要ないだろうし、読めばわかることばかりだし
読んでサブノートに書き込めば大丈夫でしょ~って思って。

でも読んだり書いたりに意外とエネルギーが必要な子みたいで
取り組み方を少しずつ変えたりしてみたけど、結局自学にこだわってた。
何でだろう、自学自習をうたってあるからか(笑)

そういえば算数も3年のジュニア予習シリーズでは自学にこだわったなぁ。
ていうか、予習シリーズの最初にそうやって書いてあるんだもん。

でも問題をやる時は1人でやるんだし、4年生になってからは授業スタイルで
最初に解説、一緒に例題を確認するっていう形にしてからはやりやすくなった。
考えたら塾に行ってる子は何かしら説明されたりしてる(?)んだろうし、
それだったら理科と社会も授業スタイルでもいいはずなんだよね。

・・・とやっと気が付いた。

塾に行ってるからって、授業では「はい、読んでおいてね~」なんて感じで
結局自学になっちゃうもんなのかもしれないけど(?)
まぁムスメは授業ぽい方が頭に残りやすいみたいなので付き合うことにしよう。

だからやっぱり1時間くらいは必要なんだなー(マインドマップ込み)
週末にやるようにして、平日はサブノートなどの復習に充てよう。

社会も予習シリーズ・サブノートだけじゃなく地図ドリルも利用。

書いて覚える日本地図―きっずジャポニカ学習ドリル

少し前に買っておいたもの。
基本的なものが中心だけど、とっかかりの1冊にはいいかなと。
決め手は

データのCD-ROMが付いてる

すばらしい~~。コピー母の負担なし。ブラボー。
それで840円はお利口さんだ。

同じシリーズでこちらもあるんだけど(同じくCD-ROM付き)

書いて覚える日本の都道府県

こちらは都道府県メインで、うちが買った方の一歩手前な印象。
ムスメは都道府県は名前も位置も形さえも(笑)覚えている子なので
上の「書いて覚える日本地図」にした。

買ったやつには各地方ごとに県名・県庁所在地・おもな山や川と分かれていて
また別に産業、工業地帯、漁港なんてのが付いてる。
そこまで詳しいものではないと思うけど、今使うには充分かなと。

他にも考えたのは

 書いて、ぬって楽しく学べる小学生の地図ドリル 日本編 小学社会科 きちんと身につく日本地図ドリル

最初は一番左のを考えてたんだけど、「りんごの生産高が一番の県は?」とか
「キャベツは?」「みかんは?」と産業モノが結構細かそうで
今はそこまでいらないよなーと却下。値段も結構するしね。

メインで使うわけじゃなくて、予習シリーズ・サブノートの補助として
使おうというものなので、軽めに書き込めればOK。

CD-ROMからプリントアウトしたものに早速書き込んでる。
でも県名・県庁所在地・おもな自然・・と3枚に分かれちゃうのも何なので
地方ごとの白地図に予習シリーズで出てきた分を書き込んでる。

白地図白地図~と聞いてはいたけれど、こういうことなのかな?
よく使い方わかんないんだけど(苦笑)
でも場所を確認しながら書くのが一番だろうし、きっと合ってるだろう(素人)

社会は第6回の九州地方までは各県の紹介?が続くし
私は若かりし頃に結構あちこち行ってるので話も弾む。懐かしいなぁ。
これで覚えていけるといいな。

ということで、週末にマップ書き(または一緒に見ていく)を
平日には定着のためにサブノート・要点チェックを、と分けてやっていく予定。
スポンサーサイト