FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
成長する思考力(7級)終了
2011年08月22日 (月)
今年も終わった~。

 

国語と算数、各16回ずつ。延べ16日間かけてがっちりやった。
何て言うかな、毎年ながら達成感があるなぁ。

国語についてはもう何も言うまい(ウソ)

最初の方は本当に基礎編で、4枚のイラストを説明するのがお約束だったり
文章題の問題の答えも穴埋めで用意されていたり、ヒジョーに良い感じ。

後半は気が付けばそんなイラストもなくなり、要約の要求も高い(汗)

詩も出てくるし、「どんなことを表していますか?」なんて問いの答えも
解答書を見て「こんな高度なこと書けるか~!」とツッコミたいほど。

もちろん解答例とはいえ、こんなの子供が書いてたらすごいよ・・(苦笑)
書けるお子さまがいるんだろうなぁ(憧れ)

まぁこの辺は軽く読んで終わらせた。
詩なんて読み取るのも難しいし、それを言葉に表すのも難しい。
それにムスメの志望校の過去問4年分で詩は見たことない(ココ大事?)
詩を読み取れるにこしたことはないけど、深追いしなくてもいいかと。

物語文も文章自体は読みやすい題材なのに、要約とか若干高度な気がする。
ここまでキレイにまとめられたらいいよねーと言って流す(オイ)

国語はとにかくいろんな文章に当たること、読むことに慣れること、
問題もできるできないは別としてどういうことが聞かれるのか見慣れること、
答え合わせを一緒にするわけだから答えの見本や考え方の流れを知ること、
今のところはこの辺がポイントってところだな。

算数は途中経過で書いた通り。激ムズムズする問題も経て無事に終わった(笑)

成長する思考力(算数)を使う狙いは粘り強く考えること。
できりゃいい、答えが合えばいいっていうことじゃなくてね。
答えが合えばいいっていう問題でもなくて嫌でも考えさせられるんだけど(爆)

最終回の今日は特に「論理的に考える」というテーマの回で

ウソを言っている人が1人います。

A:私は黄色い花を持っていないわ
B:Aちゃんは白い花を持っていたわ
C:みんな赤い花を持っていたよ

さて、誰がウソを言っているでしょう

※テキトーに作った問題なので答えが合うかは知らない(笑)

こんな感じの問題がズラズラと並んでる。

最初は(   )で埋めるように誘導されながら解いていって
最後は自力で最初から考えるような流れになってる。

私はこういうのが大好き(笑)
だからっていうのもおかしいけど、ムスメは多分苦手。
・・・多分というよりやっぱり苦手だった(汗)

考え方を教えるとやり始めて辿り着けるけど、まず図を書かない。
聞いてみると「頭の中で考えてる」と言うんだけど、余計混乱してそう。

こういう場合のやり方を知らないんだろうなと思って
図を書くヒントをあげてみた。それでもウーン・・と固まりがち(汗)

こうでこうで、こうだから・・・だからこう、っていうのが苦手だからな。

「3人のうち1人がウソを言っています」みたいな問題、
国語読解の特訓シリーズでやろうと思ってる中にあるんだ~。楽しみだ(笑)
やっぱりムスメにはこのあたりのトレーニングは必要だと実感。

こんなふうに日頃やらないような問題に当たれるから
いろんな発見もあるし、なるべく系統の違うものをやるのっていいなぁと思う。

このドリル、1回分4ページを1日でやろうっていうのもあるし
考えるのにも時間がかかるし、じっくり取り組んでもらいたいし
粘って自力でやってもらいたいのでやっぱり夏休み向き。

来年も予定に入れたい。今年もお世話になりました。ペコリ。
スポンサーサイト