FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
これからの予定(算数)
2011年08月20日 (土)
夏の終わりも見えてきて、9月以降の大まかな流れを確認。

とりあえず来週は土曜日の組分けテストに向けた復習ウィーク。
(前回と同じ塾に申込済み)

テストに向けた勉強ってどうよ、なんて思っていたけど
考え方によってはソレがあるから復習するって話もあるし(笑)

特に先月の学判は初めてのテストだったわけで
それまで手つかずだった理科と社会をやるきっかけにもなった。
(まだそんなレベルな話・苦笑)

テストに振り回されるのはよくないと思うけど
そのために準備をする、確認のために受けるっていうのは
自宅組の我が家には良い機会になるのかな・・・と思うようになった。

というわけで、2学期以降も組分けテスト・学判テストは受ける予定。

それを踏まえて9月から(実際には組分け後から)の各教科の予定。
予定というか、今のところの考えの覚え書き。

●算数●

中断していた予習シリーズ(下巻)に戻る。
第14回~で、総合回の翌日には引き続き「お直しデー」を入れつつ
最後の第19回まで一気に進める。
もちろん最後の「お直しデー」で間違いを全部なくす(つまり上巻と一緒)

済んだらこれまた上巻と同じく週テスト問題集(下巻)のB問題を。
これは一気に19回分+冬の学判をやってから全体の解き直し。
こちらも間違いを全部なくすまで。ちなみに上巻では10日間ほどかかった。

この「お直し」は全部を完璧にしておく!っていう意図ではなくて
間違いを持ち越さないぞっていう意識を持って欲しいのが目的。

見ていると、できる問題をミスや勘違いで落としているものが多いので
そのあたりに気が付いて欲しいっていうのもある。

直しデーの日数は様子を見ながら流動的に幅をもって用意はしてるけど
「今日はここまでやる」というのを譲らない、若干スパルタ傾向にある。
まぁアレだ、直しに時間を取られるのが嫌なら一発で決めとけよってことで。
肌で体感してくれればいい(鬼)

だから組分けの最後の問題とかの明らかに難しいものは捨てたりする(コラ)

第5回の組分けテスト(下巻になって1回目)は
この下巻の週テスト直しをやっている途中になるはずなんだけど
テスト前の1週間は一旦中断して復習ウィーク。

範囲回の週テスト+組分けの過去問。
ちょうど5回あるから月~金の5日間でピッタリ。

既に予習シリーズを済ませていて、その後に週テスト(B問題)もやって
ここで三巡目になるので、良いスパイラルになるんじゃないだろか。
今やってるようにA問題をやるかB問題をもう1回やるかは考え中。

テストが終われば通常バージョンに戻って、週テスト問題集の解き直し。

終わるのが10月中旬だと予測していて
その後にハイクラスとトップクラスを入れようかどうか迷い中。

ぶっちゃけ、使いたい。
同じ問題集だけじゃなくて違う問題集をやるっていうのは
カタイ頭のムスメには程よくて、できれば使いたい。

だけど組分けテスト前の復習ウィークで週テスト問題集をやるのが
その範囲の「三巡目」にしたいと思うと、市販ドリルを入れる余裕がない。

4年生の下巻は10月半ばには週テスト問題集(つまり二巡目)が終わるので
最後までこのパターンでいけるからいいとして、気になるのが5年生版。

量も倍になるから4年生版のように「例題+基本問題」「練習問題」と
2日間に分けるだけで済むわけがないはず。
4年生版でも時間の絡みで練習問題は2日に分けた方がいいかな・・と
迷うこともあったので(結局やっちゃったけどね)

5年生版は1回分を4分割(延べ4日間)で考えて、週テスト問題集まで
終わらせてからは5年前期のカレンダーを迎えたいなんてことを思うと
4年下巻が終わったらそのまま5年上巻へ入るのがよくなってくる。

あまりこだわりを持ち過ぎちゃいけないっていうのもあるんだけど
三巡目にこだわるのか、トップクラスを使うのにこだわるのか・・・(苦笑)

何となく、どっちかと言えばトップクラスを使うことに
こだわっちゃいけないような気がするので(いつもの本能)
残念だけどここは5年生版へ進ませようかと。うぅ、断腸の思いでござる。

それでも多分5年生第1回の組分けテスト(1月下旬?)は
週テストまで済ませて・・・というには間に合わないと思うけど
それでもテストを追いかけて(追いかけられて?)にはならないと思うので。

何度もやりたいというか、やらなきゃ身に付かないだろうしなぁ。
今のようにはいかないと肝に銘じているところ。

5年生の上巻の予習シリーズ⇒週テスト問題集の解き直しまでが
3月中旬には終わるとして(あくまで予測)、その後も続けて下巻に入りたい。

それで公開組分けの1週間前は範囲の週テスト過去問で復習。
後になればなるほどやった時より期間があくので希望通りのスパイラル。

こういうペースでいければ、多分5年生の下巻(週テスト解き直しまで全部)が
5年生の夏休み前に終われるんじゃないかと。
それでまた夏休みには「成長する思考力」を使う。

そして今からちょうど1年後の5年生の9月以降は・・・・と続くわけか。

その先は当然ながら未定。当たり前だ。見えるわきゃない。
だけど大まかな流れは見ておかないと、後になって時間がなーい!って困るので。
消化するために突き進むっていうのもよくないしね。(そんなのイヤ~)

5年生の内容とムスメの出来次第でヒジョーに変わってくると思われる予定(苦笑)
再度くり返しが必要なら演習問題集を買ってやるかもしれない。

でも何にしても、1回の単元をやるのに
予習シリーズ・演習問題集・週テスト問題集・・と全部を一度に使うんじゃなくて
1つのアイテムを最初から最後までやって、次のアイテムに移る方がいい気がする。
余力があれば、コケている部分は次のアイテムで重点的にとか補強しつつ。

算数は先に学校準拠の6年生の分まで済ませておくっていう考えもあるし
先にザッと済ませておくと、後からまた復習しながら進むので良いと聞く。
それは前回の学判前や今回の組分け前でも実感するようになってきた。

その時はできてて、また時期をおいた後でやってみて、というのは
復習にもなるし、定着にも役立つんだろうし、できないことの再確認ができるし。

うちの場合はテストをそんな風に使いたいんだなって書きながらわかった(笑)

なのでこのまま少しずつでも予習シリーズの先へ進もうかと思う。

曜日ごとにやることを分けるんじゃなくて
毎日小分けにして全教科をやりたいという希望なのでこんな感じ。
英語も続けたいし、とにかくペタペタと変わらぬ歩みを続けたい(ペンギンか)

ちなみに志望校レベルを考えると基本問題だけでも充分そうで
応用問題はすっ飛ばす予定だからこんなこと言ってられるという話もある(コレ一番)
スポンサーサイト