FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
怒涛の後半
2011年08月19日 (金)
成長する思考力(算数)もゴールが見えてきた。



途中までは「予習シリーズでやったところだし復習になっていいなぁ」なんて
思っていたけれど、なんと円周率が出てきた。

円のまわりの長さを出すための説明程度で「およそ3で計算します」だけど
ムスメに呼ばれて初めて知った(内容知らずにやらせてる母)

問題を一緒にやりながら説明。

そうか~、円のまわりの長さをやると、おうぎ形の弧の長さや
「影の部分のまわりの長さを求めなさい」なんて問題もできちゃうのか~。

予習シリーズの4年生では出てこないみたいだけど、何か見たことあるぞ。
そうだそうだ、

中学入試 算数のつまずきを基礎からしっかり[図形]

コレで見たんだった。受験にも大切なトコロなんだな、なるほど(無知)

成長する思考力でおうぎ形を先にやることになるとは。(面積はまだだけどね)

まずおうぎ形が円(360°)の何分の何かってこととか
角度にビビッてたらお話にならないし、わり算でつまづいてるわけにいかないし
ムスメが混乱したらどうしようかと思った(苦笑)

でも図形は後で転ぶ割には最初のとっかかりはスムーズなので助かる。
本人も難しそうに見える問題ができて嬉しそう。

そして次の日。

「違いを見つける」だったか、そんなタイトルの回。
分配算っていうんだっけ、線分図を書いて何倍っていうやつ。

一応予習シリーズ下巻の第8回でやってたので助かったー。
だってやってても激ムズだったんだもん。

この場合の激ムズは・・ムズムズするほど面倒くさいってこと(苦笑)

しかも!これまでは

(1)知識を広げる、(2)観察する、(3)発見する、(4)飛躍する

それぞれ1ページずつだったのに、(3)と(4)が2ページずつに!




聞いてないよ~~(見てないワタシが悪い)

そういえば円の時からそうだったっけ?
もう覚えてないほど記憶力低下が激しいけど、
あれは図形で場所を取るからだとムスメに説明したような気が。

線分図問題のように場所を取らない場合は何と説明すれば(汗)

しかも激ムズな問題が続く。

メモ用紙を片手に一緒にやってみたけど、私は眠くて(コラ)ちっとも進まず
ムスメの方が先にできちゃったりして。
わかってるフリをしながらどうしてそうなったか説明してもらったりして。

そのうちガチでわからなくなっちゃう日がくるんだろうなぁ・・・。

しかし分配算。
予習シリーズの方がまだやりやすかった。4年版だから基本系だけだったのかな。
これが5年生になったらこんなムズムズする面倒なのが出るんだろうか(はぁ)
スポンサーサイト