FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ことばの練習
2011年08月11日 (木)
四谷大塚の副教材「ことばの練習帳」

漢字用とは別に慣用句やことわざ、敬語など、
いわゆる言語要素ってことで用意されてるもの。
多分予習シリーズ本体の中の言語要素の部分では少ないので
これで補いなさいよ、ってものなんだと思われる。

本体を使っていない我が家が使って良いものか・・・と思いつつ
まぁわからなければそこで「そういうもんか」となってもいいかなと
そんな気持ちで一応上下巻ともに購入済(他のを買ったついでに)

だーいぶ前に上巻の第1回をやってみたものの
何だか長ったらしいしややこしそうだし細かそうだし、
どうなんだ?と思って1回目で放置。
時間がなかったので漢字自作プリントに鞍替えした。

そう、漢字についても触れるみたいなので
4年生の漢字を自作プリントで全部終わらせてから取り掛かろうと
思って取ってあるんだった。(書いてて思い出した)

夏休み、いろいろ片付けたり整理してるので久しぶりに中身をチェック。


えーと・・・最初の方の辞書の使い方とか要らないや(爆)
下手に時間かけてやらなくてよかったかも(コラ)

漢字の成り立ちや音訓、部首、画数、筆順など漢字絡みのものは
自作プリントと漢検でやるということでパス。
ただ、象形文字・指事文字などはやったことがないのでやるかどうか迷い中。
だって~、そんなの知らなくてもよさそうだもん(ダメ?)

上巻の後半あたりからの同音異字・同音異義語・熟語・類義語・対義語・・は
漢検でもあるとはいえ8級では数もないし、やっておきたい部分なので採用。
意外と使えるいいヤツかも(手の平返し)

下巻の方は第1回からいきなり慣用句で、なかなかよさげ。
その後もことわざと続いていくので下巻はなかなか骨のあるヤツのようで。

中盤からは主語述語・修飾語ということでまたまた良いんだけど
例の空欄を埋めてくこういうやつなので

口  口
|  |-口
口  口
 \/
  口

文の組み立て(国語読解シリーズ 1)・・「修飾・被修飾の関係をくりかえし練習します」

っていうのと被るな。

でも「ことばの練習帳」では軽くしかやらないので
後で国語読解シリーズの方でしっかりやるってことになるかな。

敬語なんかも国語読解シリーズで買ってあるし、そう考えると
「ことばの練習帳」ではなくて「国語読解シリーズ」を項目ごとに
1冊しっかりやっていく方がよさそうな。

そうか~、なるほど~。
別に週テストの範囲に合わせる必要もないんだし
6年生のトータルで足並みが揃えばいいわけだし。

なるほど~(書きながら考えるタイプ)

でも「ことばの練習帳」、こんなにいろんなところが盛りだくさんで
525円というコストパフォーマンスの良さ。
ま、使わなかったら高くついちゃうだけなんだけどね。

平日は読解問題だと時間が厳しいので、漢字自作プリントをやっていて
その4年生分が済んだらそこに「国語読解シリーズ」を入れることにしようかな。
どうしても平日の国語は負担少なめ単純明快(明朗会計?)なものにしたいので。

「ことばの練習帳」は余裕があればチェックテスト風に使ってみるとか、かな。
買っちゃったものは使わないともったいないしねぇ。
あ、でもこの「もったいない」で無理に使おうとするのも気を付けないとね(汗)
2年生で市販ドリルを無理無理に消化させてしまった思い出が甦る。
「国語読解シリーズ」も何冊か買ってきてあるので(ラインナップはこちら
これも消化が目的になってしまわないように気を付けよう。

買った時の日記を読み返したら

今は平日に自作漢字プリント、週末に市販の読解ドリル(トップクラス)で
夏休みには「成長する思考力」を入れるつもりなので
2学期の後半、4年生の自作漢字プリントが終わったら平日に入れていけるかも。


って書いてあった(爆)
それじゃ当初の予定通りにいきますか。
スポンサーサイト