FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
トップクラス(国語)終了
2011年08月04日 (木)
トップクラス問題集が終わった。

トップクラス問題集 国語 小学3年

と言ってもコレ3年生版(苦笑)

4年生になってからは週末や早帰りの日などに入れるようにしたので
ペースが落ちて亀の歩みに。

でもコレも後半になると文章も長くなってくるので
やっぱり週末にじっくり取り組んでもらいたかったから仕方ない。
国語は別に消化しなきゃいけないカリキュラムがあるわけじゃないので
このまま学年はまたがっちゃっても気にせず取り組んでいくのみ。

出来具合はというと、そうだなぁ、ものすごく悪いわけでもなく
長めの文章でも結構いい感じにできるようになってきたと思う。

物語文もまだまだ読み取れないけど、内容や心情に合致するものを
選ぶ問題なら正解もできるようになってきた。
間違った問題を解説していても前より通じやすくなったと思うし
国語は特に精神的成長が関係すると聞くので、そういうもんかな。

もちろん、この間の学判テストの自己採点を見る限りでは
まだまだ・・・まだまだなんだ(汗)

でも決まりごと(?)は「本当の国語力」で確認したし
今はもう闇雲にカンでやっているわけじゃない(はず)
なのでもうひと山を越えられるようになっていくといいんだけどな。

最後の総しあげテスト2回分の結果はこれ。

top3-1.png top3-2.png

81点と75点。ビミョー(汗)

漢字もパーフェクトじゃないし、言葉の意味系も同じく。
短文の読み(主語述語とか)あたりもビミョーだし
最後の読解に関しても読めてるような読めてないような。
(間違えてるんだから読めてないんだろうけど)

それにムスメの物の見方が垣間見える答えもあった。

(物語の意訳)
友達が家で飼えないと言われた子犬を抱えて泣いていて
主人公の女の子は自分の家ではレトリーバーを飼うことになっていたので
お母さんに頼んでみることに。
「レトリーバーより、この子のほうがいいっておねがいしてみるよ!」

<カッコの中に入る言葉を書きなさい>
主人公は自分の家で(       )を(      )ように
お母さんに(         )してみようとしている。

ムスメの答えは
(レトリーバー)を(飼わない)ようにお母さんに(おねがい)する

・・・うーん。あながち間違ってるわけではないんだけども。

正解は(子犬)を(飼ってもらえる)ようにお母さんに(おねがい)する


そうなんだよね、子犬を飼ってもらえるように、
それならレトリーバーを飼わなければいいわけだよね(苦笑)

なんかね、物の見方が斜め38度くらいからっていうか。

直接的にしか見えないのかな。
こうすればこう、っていう事実しか見えにくいとか。
私からしたらすごく回り道をしてる考え方に見えるんだけどなぁ。

本人に正解を伝えてみると「あ、ホントだ」と、わかるにはわかるらしい。
「そう言われてみればそうだねー」ってことみたい。

ポカーンとされるよりはいいんだけど、こうやって正しい(?)見方や
正しい答えを知っていく段階ってことでいいんだろか。はて。

正しい見方ってのも何か変だな。間違ってるわけじゃないんだもんな(苦笑)
えーと、つまり一般的な見方ってところか。

その辺がムスメはややズレてる気がする。
大きく外れていないし逆行してるわけでもないから目立ちにくいけど
ずっと解答を見ているハハとしては地味~に気になる(汗)

こういうのは成長と共に見れるようになっていくんだろうかなぁ。
まぁ出来不出来というよりも、ムスメの思考のクセだとか
見方・答え方のクセがわかるだけ無駄じゃないよな。

さて、一応トップクラス問題集を学年最後の〆としているので
これで無事3年生版は終わった。

後は夏休み特別編(笑)の成長する思考力をやって、
その次は「論理エンジン」の4年生版へ進む予定。

そう、トップクラスが学年の〆と決めているのと同じで
学年のスタートは論理エンジンにしてるので(特に理由なし)
スポンサーサイト