FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英検準2級 2008全問題集(一巡目)
2011年08月02日 (火)
ようやく準2級もこのパターンで記録するところまできた。

一巡目と言っても今回は長文以外の大問1から3までなんだけど
それを1日1つずつ、1回分につき3日間かけてやるようにしてる。

一番最後にやるので(なぜか英語は最後と決めているらしい)
時間が足りなくなると英語まで手が回らないってことになるので
なかなか予定通りには進まないこともあるけど、一日一善ならぬ一日一題。

過去問題集

<一巡目の結果>  
※各大問ごとの配点⇒(1)20点(2)8点(3)5点…この範囲で33点満点
  目標は各項目8割の(1)17点(2)6点(3)4点…合計27点

●1回目・・19点  (1)10点 (2)7点 (3)2点
●2回目・・19点  (1) 8点 (2)7点 (3)4点
●3回目・・23点  (1)14点 (2)6点 (3)3点
●4回目・・21点  (1)13点 (2)5点 (3)3点
●5回目・・18点  (1)10点 (2)6点 (3)2点
●6回目・・16点  (1) 7点 (2)6点 (3)3点


まだまだだ(苦笑)

3級の最初を遡ってみると、大問1は15点満点中9~12点って感じだった。
そう考えると準2級はムスメにとってはやっぱりハードル高い(汗)

大問1の20問のうち、最初の10問が単語、次の7問が熟語、
最後の3問が文法の問題となっているらしい。
今まで気にせずにやってきたけど、問題数が増えたのでちょっと確認してみた。

今回の(1)を項目別にピックアップしてみると

       満点    単語      熟語     文法
       20点   10点      7点      3点

●1回目・・10点    4点  /  4点  /  2点
●2回目・・ 8点    4点  /  2点  /  2点
●3回目・・14点    7点  /  4点  /  3点
●4回目・・13点    6点  /  4点  /  3点
●5回目・・10点    6点  /  3点  /  1点
●6回目・・ 7点    2点  /  5点  /  0点


こうやって見るとやっぱり単語か~というのがよくわかる。
文法は問題数が少ないっていうのもあるけど割と安心して見てられるかも。
(最後の回は全滅だったけど)
感覚でやってるところがあるので前後の文脈?でわかるみたい。

そう思うと単語だけでパン!と出されると弱いってことだよなぁ。
熟語も同じことで、意味のわかりやすい雰囲気のものならわかる(笑)

単語部分ができれば得点も高いって点数にも顕著に出てるな。
最初の単語部10問のうち8問は欲しいところ。
細かく言っちゃえば熟語で5~6問、文法で2問(あわよくば3問全て)
どれも満遍なくバランスよく伸ばせるといいんだけどな。

どちらにしてもこの大問1の20問をしっかりとれるようになれば
全体的な点数は底上げされるので、後はくり返しやっていこう。
3級の時もそうだったな、ココが最初は全然できなかった(苦笑)

それから意外な大問3。並べ替え、というか今回から1文丸ごとだから作文か。

今までは結構得意だったんだよね。大事な得点源。安定してた。
今回からは単語数が増えたから・・・というよりも、前置詞やら it やらを
どこに入れるか迷う~~っていうのが多いかも。

これも熟語をちゃんとわかってればイイ話なんで、結局は単熟語力か。

ここでの単語は意味がわからないっていうのはなくて
ムスメもどういう意味の文章にすればいいのか、意味はとれていて
あとはどう繋げていいか・・・って問題。
でも惜しい~っていうのも結構あるのできちんと押さえられればいいかな。

一緒に全部読みながらやってるけど、読めないものはないし(知らなくても勘)
意味も相変わらずの左から語順訳だけど何だか良い感じに訳せてる。

まだまだ点数には反映されないけど、何となく英語のシワ?ミゾ?(溝)が
また少し刻まれたんじゃないかなって気がする。単なるハハの勘だけど。

それにこの低点数でメゲたりヤケになったりするんじゃないかなーと思ったら
特にベソかいたりもせずにやってるし、翌日もフツーに淡々とやってる。
本人の頑張りが目に見えるカタチで出るようになってくれるといいな。

さて、次は予想問題ドリルの一巡目へ。
スポンサーサイト