FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予習シリーズ(算数)下/第14回
2011年08月31日 (水)
1か月ぶりの予習シリーズ。

第14回は立方体と直方体(2)

実はこう見えて(?)展開図は得意な我々。
立体モノに関してはどうかなぁ、サイコロは苦手じゃないな。
いずれ出てくる切ったりするところまでいくとどうかわからないけど。

で、予習シリーズは展開図の話。

展開図の状態でどの点とどの点が重なるかとか、
この点は立体図でいうところのどの点になるか、というのは
これまでも何となくできていた私たち。つまり勘(笑)

だいたい明後日の方向を向いて指は空を切り「えーと」と頭の中で考える。
ムスメも同じように明後日の方を向いて考えるので親子だなぁと思う(笑)

でもそんな勘頼みではよろしくないので、この機会にきちんと見ておく。

へぇ~、そうか、そうやって考えればいいのか~。



感心した、私が(爆)

いやいや大事なことだ。この年になっても新たな発見てのはいいもんだ。
このあたりの勉強は当時まぁまぁできてた私だけど、いかに勘でやってきていたか。
だから後々失速していったんだろうな。

足元を固めながらやっていくのって大事だ(実感)

基本問題も練習問題もほぼ難なし。
ただ基本問題などは特に勘でもできちゃうので、やり方まで一応チェックした。
いくら簡単でもやり方を練習する場なのでね。

久しぶりの予習シリーズだったけど内容的にも平和で助かった。

さて次はちょうど良い(のか?)総合回。
すっかり忘れてる第11回~第14回分のおさらい。
そしてさらに忘れているであろう第1回以降のいまだに正解できない問題を再度。

こりゃ一気に目が覚める感じ。休みボケを直すのにちょうどいいな。
スポンサーサイト
組分け結果(4年/第4回)
2011年08月30日 (火)
組分けの結果が出た。ネットで結果を見れることがわかって我が家も見れた。
それにしても早いなぁ、すごいハイテク(古語)

        点数    偏差値
算数 ・・・  98点     48
国語 ・・・ 100点     50
理科 ・・・  76点     58
社会 ・・・  68点     52
            
4教科偏差値=51

あちゃー、算数がやっぱり大コケ(汗)
平均点とれなかったかぁ・・・だよなぁ、ちょっと点数低すぎたもん。

それに自己採点と違った(汗)
こんなに早く点数が出るなら次から自己採点しなくてもいいかも。

平均点ってのはどこに載ってるんだろう?はて。
偏差値も全科目ってことで4教科は載ってたけど2教科3教科は見当たらず。
週報ってやつの一覧表で見てみると、2教科=49、3教科=51ってとこか。

2教科がこれじゃイタイなぁ。

算数がこの間の学判より150点満点から200点満点に増えてるのにも関わらず
合計点が48点も低くなってるとはこれいかに(汗)

<算数>
私の見間違い(ごめん)で1問、自己採点からさらにマイナス8点。

でもなぁ、大問1の2問目を間違えてると思わないよー(見落としの言い訳だけど)
「4.7」をムスメは「47」と解答。小数のわり算の小数点つけ忘れ。

大問2の一行問題では、

・お金の線分図も書いて合ってるのに聞かれてる肝心のコトに答えてない
・「2mのうち5分の4m使って」を「2mの5分の4」で計算(よくやるミス)
・角度でなぜか勝手に二等辺三角形と決めて出した角度から計算

それ以降の大問3・4・5の問題だと、どれも(1)は合ってて(2)で外してた。

・植木算で池のまわりなんだけど、ぐるりと一周植えてない場合でも円で考えた
・場合の数で数え間違い。
・直方体にひもをかける計算で、積んだ数を数え間違い(アホ)

大問6と7は・・・省略(笑)
でも時間内に最後まで果敢に挑戦。答えも書いてた。
大問6はもう少し考えればできそうかなとは思うので解き直しはしておいた。

しかしなぁ、もったいない。
問題を見ても普通にできてれば平均点は取れてたはず。
まぁどの子もみんな同じなんだろうけど(苦笑)

最後まで手を付けられなくてもいいので、できるものは確実にやりたいね。
目安としては計算問題はノーミス、一行問題は10問中1つミスまで、
大問3~5は6問中2つミスまで・・・って甘いか?

でもこれで平均点は取れるはずだし、志望校のレベルも平均あれば良いし、
やれることを確実にやるっていうのが一番大事だと思うのでね。

<国語>
記述の点数を入れずに予想していたので記述の部分点がプラスされた形。

記述で1点しか引かれてないっていう答えもあったようでよかった~。
あれだけ漢字がボロボロで平均点あれば御の字です。

だって漢字の問題、10問中4問しか合ってませんから~~(汗)
四字熟語も2問とも間違ってました~~(つまり全問不正解)
どれもちゃんと何かしら書いてはいるので努力は認めるぞ(笑)

大問1は13問中4つ間違えて、記述は12点中5点もらえてた。
大問2は9問中2つ間違えて、記述は12点中11点ももらえた~(嬉)
大問3の語句系の問題は四字熟語を除けば(笑)、1つだけの間違いで
言葉を選ぶものや部首、対義語なんかはちゃんとできてた。
大問4の漢字は上に書いた通り(苦笑)

目指せ平均、国語はコレで。

<理科>
これも私の1問(4点)数え間違い。すみませぬ。

心配な植物系は間違いが2問、意外と少なくてよかった(レベル低)
空気を押すってやつはよくわかってなさそう。
学校でやったからというので予習シリーズはパスしたからなぁ。
計算くらいはできそうかと思ったけど、小数点つけ忘れ(アホ)

月や太陽の動きは全部できてた(嬉)
実はちょっと苦手ぽくて、でも過去問題や学判でもよく出てて
きっと大事なところなんだろうということで
くり返しやるようにしたりネットで映像解説みたいなのを見たりした。
本人も苦手意識はなくなったみたいなのでよかった。

<社会>
社会も数え間違いというか、2個正解して1問分というのの数え間違いと
後はムスメの漢字の間違い(!)

書いてこなかったものは口頭で確認しただけなんだけど
首里を「首理」と書いてしまっていたのと等高線を「高等線」と書いてた。
うーん、高等線は学判の時も同じ間違いして確認したんだけどねぇ。

他は北海道の道庁所在地を「県庁所在地とは別のものなのか?!」と
思ったらしく、何か違うの書かなきゃ・・と帯広市(爆)
那覇はサラリとしか見てないのに漢字で書けてて、やはり漢字は強いみたい。

地図は高等線以外(汗)はノーミスで、こちらも地図は強いらしい。
対馬海流だとかマップでやったところは危なげなさそうだという印象。

*****************

目標は平均を超えること(=偏差値50)なのでとりあえず4教科ではクリア。
でも密かな目標(全然密かじゃないけど・笑)は55だし
それ以前に2教科だと50割っちゃったもんなぁ。

2教科で切ってるくせに何だけど、各教科でそれぞれ50台が希望だなぁ。
前回は算数のおかげ、今回は理科のおかげ・・よりもみんなで揃いたいねぇ。

それにしてもちょっぴり残念だなぁ、算数が(しつこい)

本人も自己採点して点数が低かったのもわかってたので
落ち込んではいないけど算数が一番悪かったのが残念みたい。
算数好きだしね(笑)

理科と社会は前回同様、書けてない、覚えてないっていうのが
試験中から実感するわけだから自信なさげなんだけど
蓋を開けてみると成績は良いので本人も何だかよくわからない様子(笑)
これが単に自分だけでやってるのとは違う、相対的なテストなんだよね。

でも理科と社会だって、できるだろうって問題も落としたりもしてるので
平均点とか偏差値とかで見るんじゃなくて「ムスメができる問題」がどうだったか
そういう結果を見ないといけないな、と思った。

だって自己採点をしてる時はそういうことちゃんと考えてるのに
偏差値出ちゃうとそっちばっかりに目がいっちゃいそうなんだもん(笑)

ムスメにも話したんだけど、うちの場合は順位だとか偏差値とか
相対的なことが問題ではなくて、どちらかというと
「自分ができる問題ができたかどうか」ってのが大事なわけで(みんなそうか)

できる問題かどうかってのは、毎日勉強見てる側からしたらわかる。
間違えた時の間違えっぷりの根拠もわかる(苦笑)
だったらどうすればいいのか、ってのを考えるのが私の仕事。

ネットで素点が出た時に答案も見て、どこをどんな風に間違えたか確認すれば
うちの場合はそれで目的はある程度果たせるって話だし。
受けてる人達と競争なんだけど、競争じゃないというか。

自分のできる範囲のことを確実にやっていくってことを改めてムスメと確認。
こうして自分にも言い聞かせておかないと、テストに振り回されそうだし(笑)
いやいや、塾で毎週テスト受けてたら絶対振り回されるだろうな、私。

ついでにムスメとテストの話もした。

学校のテストだと100点目指して頑張ると思うけど
それはみんながちゃんとわかっているかどうかを確認するテストだし
100点を取ってもらえるように作ってくれているから。

でもこういうテストでは100点取ってもらうように作ってるわけじゃないし
できないことも入ってくるから、100点を目指すんじゃなくて
できることをきちんとできるようにする練習だと思って受けよう。

こういうテスト以外にも英検だって満点じゃなくても合格できるし
それこそ受験でも満点じゃなきゃダメってことじゃない。
もちろん良い点数を取れるようにしないといけないけど
それは基本をきちんとできるようにすること。

志望校が基本重視の中堅校以下なのでこんなこと言ってられるんだけど
本当に基本をきちんと身につけて、そしてテストで出せるようにするのが目標。

組分けなのでクラスの区切り点もあって、それを見るとうちはAコース(一番下)
Bコースに入るにはあと30点は必要だったみたい。

後からなら何でも言えるけど(そりゃそうだ・笑)、取れてたものを確実に
取れてればBコースってやつの点数に乗れてたんじゃないかなぁ。
みんな後からそう思ってるとは思うんだけどね(爆)
でもすごく無理な話じゃなさそうなので、次は密かに目指せBコース。

あー、何だかんだ言いつつ、点数とかクラス分けとか見ちゃうと欲が出ちゃうねぇ。
次回のテストは10月頭かぁ。また一喜一憂しそうだ(笑)
通常モード
2011年08月29日 (月)
夏休みバージョンの「成長する思考力」、漢検、週テスト問題集のA問題、
それから組分けテストも終わって今週からは通常モードに。

算数は予習シリーズ下巻に戻って、第14回の直方体と立方体(2)
今日は例題+基本問題、明日は練習問題・・・と毎日進めていく予定。

明後日には第15回、つまり第11回~第14回の総合回なので
すっかり忘れてることの復習になるかも(笑)
夏休み中の週テストA問題も上巻の分だったから、下巻のことは覚えてるかなぁ。

国語は漢字プリントと国語読解の特訓シリーズ。
・・・ってこれはずっと変わらずか。
読解ドリルは今週末から論理エンジンを入れようかなとは考え中。

理科と社会は今日から下巻へ。
今日は早速社会の第1回「北海道・東北地方」のマップを書いた。

「ふるさとじまん」というテーマなので内容的にも当然軽めなんだろうけど
マップ書きビギナーの我々にはちょうど良い量。ムスメも慣れてきた。
書いた後に要点チェックを読み合わせして今日は終了。

明日は理科の第1回のマップ、社会はサブノート(自力で力試し)の予定。

学校が始まっての平日にはマップを入れられないので
今日から早速やってみているけど、時間を気にせずゆっくりやれるのは助かる。
特に地理なのであーだこーだ、私はここに行ったことあるだの何だの話せるし
脱線女王のムスメも一緒になってアレコレ話が盛り上がる。

普段はこういう脱線って時間が気になって困るんだけどね(苦笑)

夏休みももう終わりだから、後は日々同じように同じペースで続けていけるように。
新入り学習マンガ
2011年08月28日 (日)
ちょいと新入り。

授業が楽しくなる!まんが教科書 5年の理科〈上〉 授業が楽しくなる!まんが教科書 5年の理科〈下〉

前から買おうと思っていた5年の理科まんが教科書。
今までやった中だと磁石あたりが参考になるかなと私が読んでみて
なかなかよさげだと思った。あとはムスメ次第。

大きいし紙が柔らかいので読みやすくていいんだよな~。
4年生や6年生も作ればいいのに。
でも2009年発行でまだ第一刷のが届いたので、あまり売れてないのかも(苦笑)
やっぱ値段がネックなのかなぁ。

しかし理科系でこういうのってホントにない。

最近は特に理科が気になってアレコレ見てはいるんだけどなかなか。
歴史モノは多いんだけどねぇ。

それこそ歴史モノはテレビでもやるし(取り上げやすいから?)
「そーなんだ!歴史編」もあるし、勉強以外から取り入れやすいけど
理科って映像系にしてもこういうモノにしてもなかなか。

興味を持ってもらおうという導入系(なんで?シリーズみたいな)はあるし
どうしてこうなるんだろう?という実験クンみたいなのもあるけど
イヤラシイ話、勉強として覚える補助的に使えるものが見つけられない。

邪道だからか(笑)

NHKの教育番組も見てるけど、やや足りないみたい。
現在、鋭意捜索中(違うか)

それからこれらも追加。

ドラえもんの社会科おもしろ攻略 日本の産業がわかる (ドラえもんの学習シリーズ) ドラえもんの算数おもしろ攻略 「ともなって変わる数」がわかる―関数の基礎 (ドラえもんの学習シリーズ) 式とグラフがわかる (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの算数おもしろ攻略)

社会は地理系だと「日本各地の気候とくらし」というのは持ってて
そろそろ「日本の産業」もあってもいいかなと思って追加。
しかし「気候とくらし」も学習マンガにありがちな
見てるけど中身は見てないという状態みたいなのでコレもどうなるやら(苦笑)

算数は「比」というものが出る前に「ともなって変わる数」が欲しかったので。
ムスメは早速読んで「おもしろかったよ~」と言ってたけど
おそらく中身ではなくてマンガ部分のことだと思う(汗)

ムスメの場合は1つあたり・・・がまず壁になっている気がするので
そこらへんをクリアにしてからじゃないと「比」は苦労するんじゃないかと。

「式とグラフ」は当初は別に買う気はなかったんだけど
グラフがどーにも読めてないみたいなので(汗)

読み方を知らない頃ならいざ知らず、学校でも少しやってるみたいだし
家でも何度も出てきてるし問題もやってみてるし。
何より決定打だったのが、理科や社会で出るグラフが読めないこと(!)
「最高気温が何度以上・・」やらフツーに読めそうなグラフを読み違えたり。

何だろうなぁ、やり方を聞いてもできないっていうか
できるできない以前にわからない、っていうのがわからない(苦笑)
グラフなんて読み方を習わなくても当たり前にわかるもんだと思ってたからなぁ。

お願いします、ドラえもん(他力本願)

しかし何がスルリと入って何がひっかかるのかはわからない。
いくら分析好きな私でも読めないなぁ(笑)
だから導入によさそうなものをアレコレ置いて・・撒き餌みたいだな(爆)
公開組分けテスト
2011年08月27日 (土)
(※点数勘違いなのでちょっと訂正)

前回と同じ塾にまた受けに行ってきた。

もう1か所似たような距離に(でも別方向)提携塾があって
今回はそっちで受けてみようかなんて考えていたんだけど
お盆明けに電話してみても出ないのでやめた(苦笑)

夏休みだったのかな~、夏期講習も再開してると思ったんだけど。
10日前を切りそうな頃で申し込みが間に合うか心配だったので
電話の繋がった前回の塾に申込み。次からは締切も聞いておこう。

別に前回の塾が嫌な感じというわけでもなくて、というより何も問題ないし
他を探す必要も特にないんだけど、テストの日時(午前・午後)とか
塾によって多少変わってくるんなら今後使い分けられるかな、なんて。

だって2学期の予定を見ていると、毎月テスト(当たり前か)で
学校の行事や志望校の学校説明会にもかぶりそうだし。
説明会は午前中、テストは午後なのでハシゴすれば両方可能だけど
今からそんな忙しいことしてもねぇ、疲れちゃうし。

学校説明会は文化祭や見学会も含めて2学期中に何度かあるようなので
そっちを合わせればいいのかなと思いつつ
英検や漢検、習い事なんかも絡めると結構忙しくなりそうなんだなぁ。

自宅組だからクラス分けテストにこだわらなくてもいいって話もあるので
その辺はうまくバランス取りながら入れていけるといいかな。

テスト当日はさすがに4教科で疲れるので、この日は原則勉強免除。
・・・原則って何だ(笑)

テストは午後からで午前中はいつも通りなので
漢字、ことば、一行計算の基本3点セットと英語はいつも通りに。
時間のかかるもの(英語は別)は免除ってこと。

今回は上巻全ての範囲。

昨年まで(?)は上巻最後の組分けは1学期の終わりにあって
夏の終わりには学判テストという、今年とは逆パターンだったらしい。
なぜか今年は変更になったそうで。

だから普段なら「第16回~第18回を中心に出題」という範囲が
今回は「上巻全て」になってるらしい。

でも昨年の過去問題を組分けの4回だけ続けてやってみるとわかるけど
「中心に出題」ってだけで、それまでにやったものもちらほらと入ってる。
だから範囲が狭いのは最初の回だけで、後になるにつれて結局増えてくる。

社会だったら第1回のゴミや水の話とかがまた第10回でも出てきたり
理科だと第9回の月が一番最後の第19回でも出てたし、この間の学判でも
出てたから大事なポイントなのかも?って続けてやってるとってわかりそう。

************

さて、いつも通り帰ってきてからの自己採点。

算数は今回はコケた模様(汗)

大問2(一行問題)で8問中3問も落としてる。
角度や植木、後で見ればわかるのに、決めつけてやっちゃった所がある。

大問3~5は(1)が正解なのに(2)を間違えてる。
これもちゃんと(1)で出た数値を使えばいいのに、何か勘違い。

大問6と大問7まで時間内でやれてるけど・・・残念(苦笑)

200点満点中100点ちょい(106点くらい?)かと。
平均いかないかもしれないなぁ・・・あぅ残念(涙)

国語は意外とできたかも?150点中84点くらいか。
記号選択は接続語や内容なども合ってて、記述はビミョー(苦笑)

最後の方の四字熟語と漢字はしばらく語り継ぎたい傑作も出た(爆)
習ってないものもあるから仕方ないってことで。
ただこの辺の漢字系は点数も低いので(1問1点)
本人の出来具合の印象よりも点数は悪くない模様。

さて今回も気になる(笑)理科と社会はどちらも100点満点中80点ほど。

いやいや、本番に強そうですなぁ。

でも実はちゃんとやったところや、昨日確認したようなものを間違えてて
そういうのは何かガクーッって感じ(苦笑)
やった分なだけにもったいなーいって本人よりも親が思う(汗)
しかし80点ほどあれば御の字じゃないか。(ちゃんとあればね)

しかし思った。
気合や力を入れるのと期待度って比例するんだな(苦笑)

前よりも力を入れたと思う分、結果に一喜一憂してる。
ただうちの場合、全体の中の立ち位置という結果よりも出来具合に一喜一憂。
取れてる問題を落とすのが気になる~(汗)

あまり熱くならないように自制しよう。
組分けテスト過去問ウィーク
2011年08月26日 (金)
今週は組分け過去問ウィーク。

今度の範囲は予習シリーズ上巻全てということなので
組分けテストの過去問(第5回、第10回、第15回、第19回)を1日1つずつ。
どれも前に1度やったことあるもの。※理科・社会の第19回だけは今回初めて。

算数、理科、社会の3教科。国語は著作権の関係で過去問販売なし。
うちの場合は予習シリーズを使ってない分、一番国語が欲しいんだけどなぁ(願)

算数は予習シリーズもちゃんと(って変だけど)やってるし
週テストの過去問もA・B問題両方やってるし解き直しもしてるので
何となく見慣れてるからか、忘れてるっていうより計算ミスやら勘違いの間違い。

角度も平行線と交わる線の中でどれとどれが同じ角度か、対頂角や外角の定理も
ちゃんと覚えて使っていたので成長してるなぁ。でも計算間違えて×だったり(汗)

一番最後の問題は時間切れが多かったかな。
(1)まではできたりしてても残念ながら間違えてたり(笑)
でもそれまでの、特に一行問題まではきちんと取ってもらえればいいんだけど
ちょこちょこと計算ミスや転記ミスがあるので、あーもったいない。

理科と社会は何となくスポーンと抜けてるところがちょこちょこと(汗)

というより正直、きちんと覚えてないんだと思う。
まぁ1回で覚えられるわけはないんだけど、でも学判前にもやって
間違えたところと同じ間違いをしてるところを見ると、手強さを感じる(涙)

しかし人間の記憶なんてこんなもんなんだなぁ、いくら若くとも(笑)
予習シリーズをきちんとやってないという点もあるし、算数と違って反復?演習を
していないというのも違いが大きいかもしれないな。

理科・社会はまだ週テストがないし、サブノートや要点チェックでの確認だけで
問題集的なものはやってないからなぁ。演習不足っていう感じはする。

まぁ5年生になれば演習問題集なり週テスト問題集も登場するので
やる時間があるかどうかは別として演習の機会は持てるとは思うんだけどね。

ただしくり返したところで入りがイマイチな感触もあるので
いかに効果的にしゃっきりと入れるか、それをもう少し考えてみたい。
決してラクして覚えるっていうんじゃなくてね、ムスメに合う形を(苦笑)

とりあえず4年生ではどこまでやれるのかの確認とテスト慣れ(これ大きいかも)
テスト前に復習しとくよ~っていう流れが作れるといいな。

一応記録。

<算数 200点満点>

      ムスメ  前回  平均 
        ↓     ↓    ↓
第5回   142  132  117
第10回  166  152  120
第15回  146   96  114  
第19回  154  138  118


<理科 100点満点>

       ムスメ  前回  平均 
         ↓     ↓    ↓
第5回    84   80   79
第10回   76   72   70
第15回   68   72   65  
第19回   44    -   62


<社会 100点満点>

       ムスメ  前回  平均 
         ↓     ↓    ↓
第5回    80   32   65
第10回   68   37   66
第15回   56   36   60  
第19回   40    -   64



・・・ぎょえー


理科と社会、マズし(汗)

第19回は初めてやったとはいえ、でもその範囲は一応やったはず・・・。

あー、でも他の回もその範囲は予習シリーズ・サブノート他でやったけど
過去問を初めてやった時は似たようなもんだったか。

じゃあ仕方ない・・・



・・・のか??


うーん、そう言ってのけたくないんだが。

ここからくり返しやればいいわけか。そうか、そういうもんなのか。
あまりテストテストと言いたくないと言いつつ、ある程度は。
というか、受けてて空欄ばかりってのは本人が一番つまらないしね。
知らないモンが出たらそりゃ仕方ないけど、やった分はある程度答えたいよね。

理科と社会は定着と忘却を考えつつやらないといけないんだなぁ、なるほど。

算数は問題そのものや解き方を覚えちゃうのも何だしなぁと思ってるんだけど
(まだ基本的な問題ばかりなのでね)
理科と社会ってのは同じ問題でも何でも何度もやって
やりながら覚えていけってことなんだろうか。

そうか~、しつこいくらいに毎日やってでも覚えりゃいいのか(乱暴)
でもその後も少し間をあけて確認することが大事だよな。

ってことは5年生になったら週テスト問題集もすぐに使って
問題をやりながら確認・定着を目指した方がいいってことか。
算数は「週テストはあ~と~で(ニッコリ)」のおあずけ状態だからな。
(算数はこれでいいと思ってるけど)

今回も算数はその場で間違い直しだけで特に解き直しはしてきてないけど
理科と社会は4回分の過去問で間違えたものをまとめて再度やってみた。

今日第19回をやった後なので覚えてるものもあるんだけど(笑)
それでも丸が続くと本人もホッとするみたい。
そりゃそうだ、1回目が半分くらいしかできてないからなぁ(汗)

理科と社会はこうやってくり返していくものなのかな~と少し実感。
これからの予定(国語)
2011年08月25日 (木)
国語に関しては・・・我が道をゆくのみ(笑)

四谷大塚のカリキュラムには乗らないのでテスト向けの勉強もなし。
漢字くらいはテスト範囲のものをやった方がいいかと思ったりしないでもないけど
まぁコツコツやってれば最後には帳尻が合うわけだし、気にしないことにした。

<漢字>

自作漢字プリントで6年生分まで行くつもり。
いやいや良いモノ作った~(自画自賛・笑)

3年生分を3年生が終わった春休みあたりからスタートさせたので
完了したのが4年生の7月初旬。

学校で全部習ったとはいえ、音読み訓読みを全て網羅してるわけでもないし
部首も確認しているわけでもないし、熟語も調べたりしてみると
初めて知ることもたくさんあったので、プリントで再確認できてよかった。

4年生分は今で2割程度進んでいて、終わるのは11月下旬予定。
冬休み中に漢検7級(4年生相当)の過去問をやって2月頭に受けようかと。
これで一応学年相当の分を、その学年の締めで受けるペースに持って行ける。

2月の漢検が終わったら5年生の漢字プリントをスタート。
まだ4年生なので漢字の先取りになる。

3年生で四谷大塚の「漢字の学習」を使ってみたので
学校で習う前の漢字の先取りをすることになったわけだけど
やってみたらあまり心地よく進まなかったので止めたことがあった。

だから漢字は先取りより学校で習うことに合わせてきたけど
習った字も増えてきて、「アレとコレの両方をくっつけたもの」とか
「あの部首+あのつくり」とか先取りでもいけるようになってきたみたい。

5年生の漢字プリントは5年生の5月中旬には終わりそうなので
来年の夏休みには6級(5年生相当)を受けたいところ。
それから6年生の夏休みに5級を受けるとちょうどいいなと長期予定。遅い?
(多分うちは6年生でも塾に行かないと思うので)

<ことば>

四谷大塚の「ことばの練習帳」を4年生の上下と買ってあるものの
つまりはいろんな範囲を少しずつ・・・という複合モノなので
1つずつ専門に分かれている「国語読解の特訓シリーズ」を使う予定。

1ページも1冊もボリュームが少なめなので、1日1~2ページずつ。
毎日コツコツやることで特訓になればと(笑)

「ことばの練習帳」は5年生では買わないつもりで
4年生版はせっかく買ったので(貧乏性)使ってみたいものを
ピックアップして使おうとは思ってる。

これは4年生の漢字が終わって(11月中旬)から入れ違いに。
漢字と並行して同じ日にやるのは負担が多いので入れ違いにしておく。

途中冬休みは漢検過去問で中断して、年明けにまた再開。
2月の漢検前に終わるんじゃないかと思うので、漢検後は5年生の漢字へ。

読解の特訓シリーズでやりたいものがいくつもあるので
それがどれくらいの量になるかわからないけど、
急ぐものじゃないので調整しながら日々少量ずつでもやっていくつもり。

<読解ドリル>

論理エンジン、ハイクラステスト、トップクラス・・・とやっていく予定。
トップクラスは徹底理解編と通常編と2冊使ってみようかなと。
5年生からはトップクラスがないので、5年生に食い込んでも全然気にせず
とにかくいろんな問題(というより文章)に当たりたい。

読解ドリルをやるのは週末のみ。平日はなかなか時間も取れないしねぇ。

国語は特に「やって終わり」というよりも、間違っていない問題に対しても
いろんなことを話しながら、解説も入れながらやっていきたいので。

もちろん夏休みには「成長する思考力」を使う。

***********

国語の読解に関しては特効薬っていうのがあるのかないのかわからないけど
とにかく基本は押さえつつ、いろんな問題に当たっていくつもり。

志望校の過去問を見ると、物語文と説明文が1つずつでボリュームは少なめ。
ハイクラステストのハイクラス問題に近いような印象。
トップクラス問題集の最後の方のトップクラス問題の方が試験より長いかも?

その文章の中から漢字の問題(読みや部首)、熟語など語句問題が出ていて
読解も大量な記述より抜き出しがほとんど。
「何文字以内でまとめなさい」っていうのもあまりなさそう。

なのでハイクラステストあたりをじっくりきちんとやるのが
手堅いような気もするので、国語は無理せず着実にやっていきたい。
これからの予定(理科・社会)
2011年08月24日 (水)
理科と社会も週末の組分けテストに向けた復習ウィーク。

組分けテスト4回分の過去問を1日1つずつやってる。
先月の学判テスト前にも第19回を除く3回分はやったので
初めてではないんだけど、日が空いてることもあって忘れてるなぁ(苦笑)

だからこうやって定期的にテストを受けるのはいいのかもしれない(他力本願)

マインドマップ作りは、自由研究に思ったより時間がかかったりお出かけしたりで
残念ながら「マインドマップ試し」で記録した後に理科・社会ともう1回ずつ書いただけ。

理科は「第17回 夏のころ(1)」と「第18回 夏のころ(2)」で上巻を一応終了。
社会は「第16回 盆地のくらし」と「第17回 海辺のくらし」で第18回だけ手つかず。

どちらもやったと言ってもマップを書いて要点チェックを口頭で確認しただけで
サブノートまでは手つかずなんだけど(汗)
それでもマップで作った回は頭に入って残ってることが多いな、という印象。

本当は夏休み中に上巻でも覚えの悪い回のマップはいくつか作りたかったけど
そこにこだわってても仕方ないので、とりあえずテスト向けの復習を優先。

来週からの予定は、予習シリーズ下巻に入る(当たり前か)

理科と社会の場合、問題なのはその取り組み方なんだよなぁ。
どうやってやっていくのか、まだまだ試行錯誤中ではあるけど
これからも組分けテストを受けていくし、四谷カレンダーに合わせて
下巻はマップを軸にしてやっていきたいと考え中。

ただし、マップを書くのは時間がかかるので平日は無理。

やりながら大体の時間を計ってみたところ、

★私が読みながら一緒に最後まで見る・・・10~15分
★マップを書く・・・45~50分
★要点チェックを読み合わせで確認・・・5~10分

合計で60~75分くらい。つまり1時間ちょいはかかる。
でもこれをやることで後がラクになるわけだから大事な作業。

ぶっちゃけ平日の勉強時間は1時間半~2時間足らずで
そこに入れるのは難しいので相談の結果週末にやることに。
書くのも結構労力使うので1日1つ、土曜に社会、日曜に理科。

そこから先は

月曜・・・理科サブノート(自力で埋める力試し)
火曜・・・理科要点チェック
水曜・・・社会サブノート(自力で埋める力試し)
木曜・・・社会要点チェック

という感じで予定中。金曜は予備日。

前は予習シリーズを見ながらサブノートを埋めて
別の日にサブノートを自力で埋める力試し・・と分けてたけど
今回マップをきちんと書けばサブノートは埋めれそうな気がする。

なんだけど、土曜・日曜は出かけてできないこともあるので
その時は飛ばして、翌日以降の平日のサブノート・要点チェックもお休み。
そういう週は平日がラクになるわけだ(笑)

組分けテスト前の1週間は通常パターンは中断して復習ウィーク。
範囲4回分のサブノート+組分けで月~金の5日間(算数と同じ感じ)

来週まだ夏休みの間から始めていけば、多分4年下巻はギリギリ組分けには
間に合うペースで進めていける・・・はず。最後の方は冬休みもあるしね。
算数と違って組分け前の復習が二巡目になる。

これでどれくらいやれるのか、マップ作り~要点チェックまでもそうだし
公開テストもどれくらいできるのか。

理科や社会は5年生からでも間に合うって聞くし、実際そうなんだろうけど
でも四谷大塚のウェブで5年生のテキストの紙面見本を見るとすごい大量(汗)

4年生も5年生も、下手すりゃ6年生でも勉強に充てる時間を変えずに
このままいきたいと思ってるので、後回しにせずコツコツ取り組みたいところ。



しかし欲を言えば先取りでもよかったなぁ(コラ)


・・・今までもどこにそんな余裕が。なかっただろ(そりゃそうだ)


やることはやって、でも深追いせず次に繋げるつもりで取り組もうかと。
大人の話だけど、志望校の理科と社会は国算の半分の点数で基本中心だから(ボソ)
だから熱くなりすぎず、算数と同じような力の入れ具合になりすぎず
アップアップにならない程度に押さえていきたいかな。

4年下巻が終わったら、1月下旬から5年生上巻をスタートさせる。
スタート時期は四谷カレンダーと同じだけど、総合回を飛ばすことと
途中の春休みで貯金ができるんじゃないかと予測。

ひとまずは週末のマップ作り。そこでコケたらスタートから見直しだからな(笑)
もちろんマップ作りにこだわりすぎず、無理そうだったら方向転換。
何にしても無理をしない、これが理科と社会の予定。
漢検(8級)受検
2011年08月23日 (火)
漢検(8級)を受けてきた。去年と同じ塾なので行くのも慣れたもの。
10級・9級とダブル受験してからもう1年か、早いなぁ。

過去問を1冊(12回分)を1日1つずつやってみた感じだと
大きく気になるところはないけど、書き順がビミョーだったかな。

読みは問題なし、書くのも勘違いで1つ2つ間違えるくらいで
やっぱり 「字」 そのものを間違える(あり得ない字を書く)ことはなし。
ということは熟語や同音異義語をきちんと使えるように、が今後の課題だな。

去年はダブル受験だったので一旦家に戻った覚えがあるけど
今回は40分間なので近くの本屋さんで時間を潰した。

漢検って終わったら自主的に帰って良いらしい(?)んだけど
ムスメはその判断もできないし、小心者なので昨年のダブル級の両方とも
制限時間一杯までじーっと座っていたらしい。

今回も車で迎えに行くと言ってあるから時間一杯座ってる・・というより
途中で帰ってくるわけにもいかないしね(汗)

お迎えに行ったら塾の先生がわざわざ付き添いで見送りに出てきてくれて
車に乗って走り去るまでお見送り。
ムスメさん、アナタ、何だかVIPな扱いですけど(笑)

どうも小学生はムスメだけだったようで気を遣ってくれたみたい。
小学生はあんまり受けないのかな。
それかこういう近場の準会場でやってることを知らなくて一般受検してるのかも。

ムスメ談によると書き順を1つ、書き取りで1つ間違えたらしい。
何にしても問題をよく覚えている子で(英検の二次試験でも・笑)
車に乗ってからすぐに聞いてきたのでで教えてあげて間違い判明。

でも合格点って知らない我々。前に調べたけど覚えてない(苦笑)
えーと、150点満点の80%程度だから120点くらいで合格点か。

漢検って出来具合の確認に使う感じだから(そういう人が多いはず)
だから満点を目指して・・・学校のテストみたいな感じ?

結果は40日後くらいみたいで、それこそ忘れた頃にやってくる(笑)
さて、自己採点通り2問ミスで済みますかどうか。
成長する思考力(7級)終了
2011年08月22日 (月)
今年も終わった~。

 

国語と算数、各16回ずつ。延べ16日間かけてがっちりやった。
何て言うかな、毎年ながら達成感があるなぁ。

国語についてはもう何も言うまい(ウソ)

最初の方は本当に基礎編で、4枚のイラストを説明するのがお約束だったり
文章題の問題の答えも穴埋めで用意されていたり、ヒジョーに良い感じ。

後半は気が付けばそんなイラストもなくなり、要約の要求も高い(汗)

詩も出てくるし、「どんなことを表していますか?」なんて問いの答えも
解答書を見て「こんな高度なこと書けるか~!」とツッコミたいほど。

もちろん解答例とはいえ、こんなの子供が書いてたらすごいよ・・(苦笑)
書けるお子さまがいるんだろうなぁ(憧れ)

まぁこの辺は軽く読んで終わらせた。
詩なんて読み取るのも難しいし、それを言葉に表すのも難しい。
それにムスメの志望校の過去問4年分で詩は見たことない(ココ大事?)
詩を読み取れるにこしたことはないけど、深追いしなくてもいいかと。

物語文も文章自体は読みやすい題材なのに、要約とか若干高度な気がする。
ここまでキレイにまとめられたらいいよねーと言って流す(オイ)

国語はとにかくいろんな文章に当たること、読むことに慣れること、
問題もできるできないは別としてどういうことが聞かれるのか見慣れること、
答え合わせを一緒にするわけだから答えの見本や考え方の流れを知ること、
今のところはこの辺がポイントってところだな。

算数は途中経過で書いた通り。激ムズムズする問題も経て無事に終わった(笑)

成長する思考力(算数)を使う狙いは粘り強く考えること。
できりゃいい、答えが合えばいいっていうことじゃなくてね。
答えが合えばいいっていう問題でもなくて嫌でも考えさせられるんだけど(爆)

最終回の今日は特に「論理的に考える」というテーマの回で

ウソを言っている人が1人います。

A:私は黄色い花を持っていないわ
B:Aちゃんは白い花を持っていたわ
C:みんな赤い花を持っていたよ

さて、誰がウソを言っているでしょう

※テキトーに作った問題なので答えが合うかは知らない(笑)

こんな感じの問題がズラズラと並んでる。

最初は(   )で埋めるように誘導されながら解いていって
最後は自力で最初から考えるような流れになってる。

私はこういうのが大好き(笑)
だからっていうのもおかしいけど、ムスメは多分苦手。
・・・多分というよりやっぱり苦手だった(汗)

考え方を教えるとやり始めて辿り着けるけど、まず図を書かない。
聞いてみると「頭の中で考えてる」と言うんだけど、余計混乱してそう。

こういう場合のやり方を知らないんだろうなと思って
図を書くヒントをあげてみた。それでもウーン・・と固まりがち(汗)

こうでこうで、こうだから・・・だからこう、っていうのが苦手だからな。

「3人のうち1人がウソを言っています」みたいな問題、
国語読解の特訓シリーズでやろうと思ってる中にあるんだ~。楽しみだ(笑)
やっぱりムスメにはこのあたりのトレーニングは必要だと実感。

こんなふうに日頃やらないような問題に当たれるから
いろんな発見もあるし、なるべく系統の違うものをやるのっていいなぁと思う。

このドリル、1回分4ページを1日でやろうっていうのもあるし
考えるのにも時間がかかるし、じっくり取り組んでもらいたいし
粘って自力でやってもらいたいのでやっぱり夏休み向き。

来年も予定に入れたい。今年もお世話になりました。ペコリ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。