FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数のほんね
2011年07月24日 (日)
夏休み用にこれを買ったとき

 

何か新しいのが出てたようで(年に1度、この時期しかHP見ないので・笑)
ちょっと気になって買ってみた。

算数のほんねシリーズ。

 

「徹底した導入型教材で、算数的感覚をゆっくり、じっくり学ぶ」らしい。
そういえば「成長する思考力」も概念や考え方?から入るし
導入に使うのにちょうどいい教材だと思うので、さすが兄弟シリーズ。

この「割合の世界」と「単位量あたりの大きさ・速さの世界」は
対象が4年生~6年生となっているので、ムスメにちょうどよさげ。
予習シリーズでは学校でやるより早めに勉強することになるだろうから
導入ならそれよりもさらに早めにやっておいた方がいいかもと思って。

ビビってるわけじゃないけど(苦笑)
速さと割合(比)ってのはものすごく大変だとよく耳にする。
大変というのか、いろんな物に出てくるので重要(大事)ということなのか。

速さは車に乗ってる時に時速の話をしたり
それこそ台風が時速15kmで自転車並みだというニュースの時は
車の時速の話をして比べてみたり、少しずつ小出しにはしてる。

割合自体は何もやってないけど、こっちが5増えたなら相手も5増えるとか
比率は変わらないというようなことのずいぶん手前を軽く話したりはする。

5年生の予習シリーズに入る前に導入としてやれるかな?と思って
成長する思考力と一緒に買った(2万円以下ならどうせ送料かかるんだもん)

成長する思考力のように単元ごと(ってこの1冊が丸ごと1単元だけど)に
分かれてるわけじゃなくて、イラストで小刻みにやっていくのでもなくて
1ページの上部分に例題と解き方と答え、下部分に問題というつくり。
時々まとめテストみたいなのが入るかな。

文字が中心で淡々と例題・問題が並んでる。
塾教材だからなぁ、日々コツコツやる位置付けのものなのかな。

2ページずつでも半分は例題なのでささっとできそう~ということで
夏休みの毎日のものに加えた(鬼?)
一応、様子を見て「計算と一行問題集」は省いてやろうかと思ったけど
本人が何の疑いもなくどちらもやってるのでいいかと(鬼~)

それで少し馴染みがある「単位量あたりの大きさ」が入ってる
「速さの世界」の方からやることに。

1日2ページずつだと22日間で終わる予定。夏休み中に1冊できそう。
「割合の世界」も同じ量なので、これは冬休みにでもやろうかな。

ちなみにコレはコピーはせずに書き込みにした。
基本的な問題なのでコピーしておくと後から反復練習できるかもしれないけど
でも予習シリーズで出てきた時に演習もするだろうし
何となくそこまで躓くような気もしないので(今だから言える怖いモン知らず)
もし困ったら他の演習ドリルなり、また1冊買ってもいいし。

このシリーズ、「小数と分数の世界」というのもあって

  

こちらは対象が3年生~5年生ということで

【1】では
「長さやかさを等分して、その意味を考える」から
「分母が同じものどうしで、分数のたし算・ひき算ができるように」まで。

【2】では
「100分の1の位までの小数で、たし算・ひき算ができるように」から
「整数に 小数・分数をかけることの意味を考える」まで

【3】では
「小数・分数を整数でわる計算をできるように」から
「時間を小数・分数で表せるように」まで。

「計算ができるように」だけじゃなくて「意味を考える」っていうのが
入っているところがいかにもって感じ。
でもムスメは既に分数も小数もやっているし、時間を小数・分数で表すのも
予習シリーズでやったところなので、この3部作はパスした。

計算のドリルをやりながら覚えるっていうのもいいだろうけど
こうやって考えを知りながら取り込んでいくっていうのもいいと思うな。

ムスメはかけ算を「九九を覚える」から入っていなくて
2年生のはなまるリトルの算数で何人組が何組とか、3個入りが4袋とか
そういうところから入って、1つずつ元になる数が増えていくのをまず知った。

だから最初(学校で習う前)九九を言ってみたい時には

「さんごじゅうご・・・さぶろく・・・えーとさっきが15だったから
 3増えて、さぶろくじゅうはち!」

なんて1回ずつ数を足していってた。
学校で九九が始まった時、九九を言うタイムは遅いほうだったけど
理屈や意味はちゃんとわかっていたのでタイムは気にしてなかった。
毎日宿題で言わされてりゃいつかスピードも速くなるってもんだし(笑)

理屈がわかってるから、何個分だとか、かける数とかけられる数だとか
混乱することも特になかったので結果的にはよかったな~と思ってる。

だからなるべく「とにかくこう!」だとか「丸覚え!」っていうんじゃなくて
概念だとか理屈を知ってから覚えていって欲しい。

なので成長する思考力シリーズは好き(つまりそういうこと・笑)
スポンサーサイト