FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第11回
2011年04月22日 (金)
第11回は分数の性質と大きさ。

最初に軽く分数の意味、それから単位の付いた分数(mや時間)
あとは真分数・仮分数・帯分数。

ムスメは新指導要綱の移行期世代なので、3年生後半で分数は少しやった。
計算まではいかない、ちょうどこの第11回と同じ程度なので
一緒に読み合わせをして例題も確認。
時間なんて引っかかりやすそうだからなぁ。

下手に分数の計算を知ってるもんだから先に計算しようとするけど
ここでは分数の計算を知らなくてもできる問題になってるので
ひとまずそのやり方でやっておく。

真分数~帯分数は3年生のトップクラスで出てきて解説済み。
そう思うとトップクラスって結構ハードル高かったのね。

基本問題は非常にシンプルなもので、ここならムスメも大丈夫。
いろんなパターンが絡み合ってない一問一答だから(苦笑)
単位換算がここでも出てくるので、良い復習になってくれるといいんだけど。

そして練習問題。

もちろん単位換算がウジャウジャ。
分数はわかってて、計算もできる子なのに単位換算だけがビミョーなの~。

でもちょっとわかってきたようで、「あっ!これ違う!」とか
「そっかー」という自主的な声が聞こえてくる。

今の時点でコレかよ?という話もあるかもしれないけど
ハハとしてはこのブツブツひとり言が出てきたのは進歩の証だと思ってる。
自主的に出る「あっ!」というのは良いモンだ。

答え合わせの時に「そっか~、なるほど~」的な反応がないことが多くて
本人はわかってるそうだけど、反応がないと通じてるのか不明なわけで。

前にそれを話したら
「じゃあ演技して見せればいいわけ!?」
なんて逆ギレされたんだけど。

いやー、そういうわけじゃなくて、本心で「なるほど」という時は
声に出さなくても見てればわかるわけ。
そういう反応がない時はたいてい「わかった風」なだけで
次回も間違えるわけ。→つまりちゃんと理解してないってわけ。

だから「あ、そっか」と言っているのを見るのが好きなんだ。

自分がわかりやすい考え方が頭に浮かんだのかもしれないし
前に聞いたことと何かが(やっと)繋がったのかもしれないし。

しかし単位換算は毎日数問ずつでもやりたいくらいだ・・(汗)

肝心の分数の問題はほぼ大丈夫だった。

ほぼ・・っていうのは問題の読み間違いで
「2.3mのうち1/5mを使いました。残りは?」という問題の時に
1/5m=0.2m ではなく、2.3mの中の1/5を使ったと思っちゃった。

「1/5m」と出てくると突然出てきたように思うらしく
「何の1/5なんだ?」と考えて、元の数の1/5個分だと思うらしい。

いやいや、予習シリーズの読むところにちゃんと書いてありましたけど~。
1/2リットルも「何の」1/2かわからなかったらしい。

引っかかったのはこの点だけで、次回のやり直しに持ち越す分が少なくて
ムスメもホッとしていた。累積される恐ろしさがわかってきたらしい(鬼母)
スポンサーサイト