FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
合格できる単熟語
2011年04月21日 (木)
英語はコツコツと毎日これ。

英文法レベル別問題集 2 改訂版 基礎編 (東進ブックス)

できないところはもちろん多々あるけど、答え合わせの時に違うとわかると
「あ、じゃあこっちか」とすぐに言い当てる。
まぁ4択なので何だけど、それでも何となくわかってるんだなぁという気はする。

やっていてストレスが少ないのは4択や並べ替えということもあるだろうけど
あとは「知っている単語が中心」ということ。

知らない単語があっても、1問のうちに2つも3つも重なることがないので
意味も推測できるし(問題によっては日本語訳が付いてる)さほど困らない。

英語の本を読んでいてもそうだけど、単語も文の並びもわからない、両方塞がりだと
そこで挫折しそうだから、文法確認ドリルで単語がわかるという点はすごく助かる。

反対に言えば、贅沢な話なんだけども
ドリルを毎日やっている割に新しい単語をほとんど覚えることがない。

これまで単語はほぼ英検の過去問、特に長文を読んで覚えてきたので
単語を増やしたければ過去問の長文を読むのが一番いい。

過去問は単語もレベルもその級に合わせてある(当たり前)からわかりやすい。
絵本や本と違って「買ってみたけど難しすぎた」ってこともないし
必要な単語や熟語がきちんと入ってる。

3級の長文あたりはエコの話だったり、科学者や歴史上の人の話だったり
小3のムスメも楽しんで読めるような話題だったなぁ。
あれはあれでいろいろ読めて楽しかった。

できればまた読みながらやっていけたらなぁと、これを買ってみた。

合格できる単熟語 英検準2級

必要な単熟語が散りばめられた例文が載ってるもの。
短い文章から会話のやり取り、メール文、ショートストーリーと
いろんなパターン・長さで作られている。

この本の巻頭説明によると、うちが3級でお世話になったような

出る順で最短合格!英検3級 単熟語

単熟語の本だと、一語につき一例文なので覚える例文もたくさんだけど
文章の中にいくつか入れることで覚えなきゃいけない例文も少なくなるし
覚えやすくなる・・・みたいな説明だった。(うちは丸覚えはしてないんだけど)

最初は過去問の長文を読んでいこうかと考えたんだけど
実際見てみると、まだきっと無理。わからない単熟語が多すぎる。
それを押してやっちゃうと多分つまらないだけだからね。

なので上の本の中の短めな例文から見ていくようにしようかと思ってるところ。

文章で単熟語を覚えようという本だと、有名な

英検 文で覚える単熟語 準2級

これみたいなものなんだけど、
英検 文で覚える単熟語 準2級」は過去問の長文を利用しているのに対し
合格できる単熟語 英検準2級」はオリジナルの文章や会話文。

「文で覚える・・」は本屋さんで中身を見たことがあったんだけど
長文からの抜粋(かな?)なのでちょっとボリューム感があるというか
一緒にやっていくのには少し使いにくそうかな・・と思って買えないでいた。

買った方の「合格できる・・」はamazonで中身が見れて(コレ大事よね~)
例文が見やすくて取っつきやすい感じがした。

「23日完成」で1日分の分量は8~10ページくらいだからうちには多いんだけど
1日分の中に6個くらいのかたまりがあるので、1日2~3個ずつ・・とか
分割しながらでもやりやすそうだと思ったのも採用理由。
(毎日20分程度しか取れないので、本の通りの1日分では多いから)

例文のすぐ下に大きく単熟語の意味や用法が書かれているのも見やすい。
なんせ今回からは私も知らない単熟語が多数なので(苦笑)
自分も一緒に覚えていかないといけないから、解説の見やすさもポイントかと。

太字で単熟語としてピックアップしてあるものでも既に知ってるものや
fight with ~ (~とケンカする)や have a party(パーティを開く)なんてのは
わざわざ意識しなくてもわかるし・・というものもあるので
実際はムスメにとってのボリュームがどれくらいになるかは未知数かな。

今の英文法の「基礎編」の次は「標準編」に進むか、こっちの単熟語に進むか。

英文法レベル別問題集 2 改訂版 基礎編 (東進ブックス) 英文法レベル別問題集 3 改訂版 標準編 (東進ブックス)

文法は一旦置いて(2冊連チャンだったし)、単熟語に行こうかなと思ってるけど
今やってる「基礎編」が終わるまでまだ日はあるのでもう少し考えよう。
スポンサーサイト