FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第7回
2011年04月13日 (水)
第7回は正方形と長方形(1)

正方形とは、長方形とは、ということなので確認しながら読み進めた。
新しく出たことは「対角線」くらいかな。
「正方形を対角線で半分にしたら何ができるか?」というのもスムーズ。

これまでの(特にトップクラス問題集かな)ドリルで
「この図の中に四角形は大小いくつあるでしょう」みたいな問題もやってきてたし
図を見ることには慣れててよかったな、と思った。

学校でも3年生で二等辺三角形・直角三角形・・ってのはやってたけど
あっという間に過ぎちゃったし軽く触れる程度だったから
家のドリルでいろいろやっててよかったな。

長方形のまわりの長さを出すのもここで再度確認。

ムスメは向かい合う辺同士を出して、そしてそれを足して四辺合計!ってしていて
私が「違う二辺の合計×2」だと簡単に済むよ~、と何度話しても変えず。

いや、その時は「ホントだ~」、2度目以降は「そうだった~」と言うんだけど
いざ問題になるとすぽーんと抜けて、また自分流。
それで計算が増えたり、挙げ句計算ミスしてることもあってもったいない。

予習シリーズでも出てきて「あ、ホントだ」とようやく伝わった・・・はず。
でも問題になるとまたたくさんのたし算で乗り切ろうとするのでなぁ。

それから長方形を組み合わせた図形(デコボコな形)の
まわりの長さを求める話も出てきた。

これも2年生の最レベか3年生のトップクラスか、これまでも何度か出てきてて
爪楊枝で形を作って、辺をずらして「ホラ一緒じゃん」なんて見せたっけ。
最初の頃は2年生だったし、なかなか理解できなかった。成長したなー。

ただ、ムスメは話の根本はわかってるのに、いざ問題になると
勝手に考え直したりするのでわからなくなったりする。困ったもんだ。

例題でやる時も、とーっても遠回りをして長さを出そうとする。
いやいや、さっきまわりの長さのラクな出し方を確認したばっかりじゃん。
「そっか~」って言ったばっかりなのにねぇ(不思議)

基本問題は簡単に済んだ。
最近改めて思うんだけど、基本問題は特に反復練習って感じがする。
約束事や決まりごとに完全に沿ってるので、聞いたことをそのまんまやればいい。

だから「かんたーん!」って本人は勘違いしがちだけど
言われたことをそのまんまやる、ってムスメは意外とできないので(自由人)
「とにかくこの通りにやれ」ということだ。

今までは私が言っていただけであまり説得力がなかっただろうけど
予習シリーズに書いてあるわけだから、前よりも言いやすくなった。
「今はやり方を練習してるんだからね」とも言えるし。

そして練習問題。図形なので問題数は少なめ。

でも何だか同じようなところで立ち止まる、そして悩む・・うーむ。
結局またいつもと同じようにやってた。

自己流で

はぁ・・何度言わせるんだ。
答えが合ってりゃいいでしょ、の典型になりかけてるぞ。
この基本問題&練習問題では「やり方の反復」をする目的なので
とにかくやれ、言われたことを言われたとおりにやってくれ。

それでも段々と問題が複雑になってきたら、いつか頭を抱える時は来るわけで
まだこんな段階で頭抱える必要はないと思うんだよねぇ。

前の日に約束したこと(=予習シリーズに書いてあるやり方)もやってない。

何約束したんだっけ?と聞くと、「決まりを守る」と速攻で答える。
「やってんの?」と聞き返すと、「ううん」と堂々と答える。

まぁ反抗的な態度なんだろうけど

やることやってから言え

何エラそうに答えてんだか。
「決まり?守ってませんけど何か?」みたいな態度はうちではあり得ない。

デコボコの図形のまわりの長さを出す問題、一緒に確認しながらやってみると
最後の方でパパパッとわかりそうなところまで来ても手応えがない。
何でだ?何でここまできてツラツラ~っと繋がって行かないんだろう。

心底不思議に思ってムスメに尋ねてみたら
単なる彼女のこだわりだったらしい。

・・・・知らんがな

前日に確認した事も覚えているけど、翌日になると忘れちゃう?らしい。
いや、言われたら思い出すレベルなので、本人の範疇外にあるってことか。
オットが前に言ってた「どちらでもいい」扱いになるってことか。

仕事場にもよくいたよなぁ、こういうタイプ。

職場で統一したやり方も平気で自己流でやり続けるヤツ。
ちゃんと話し合いに参加して、統一することに賛同してるからタチが悪い。
賛同してるし、その場では「わかりました」って言ってるから
てっきりやってるもんだと思ってると、後になって「1人だけ違う!」な状態に。

そこで「前にこうしようって決めたじゃん?」と聞いてみると
「はい、そうでしたね」とシレ~っと言うヤツ。
どこの職場にも1人くらいはいるんだよねぇ、こういう人。
そして次からも絶対に自己流でやり続けてる。

子供相手に・・って思わなくもないけど、同じタイプだからなぁ。
こうやって決まっていることも平気で自己流にされたらヒジョーーに脱力。
算数に限っていえば、これからも「こうしましょう」というのが続くから
やっぱりここは譲れない。やることやれ。

本当は第6回のあとに週テスト過去問aとbを入れようと思っていたのが
すっかり忘れてて、フツーに第7回へ進んでしまった。
何となくこうやってポンポンと進むペースになっているので
ひとまず上巻はこのまま第19回まで進めて、その後に週テストを入れるか。
スポンサーサイト